フレディになりきれる「ボヘミアン・ラプソディ」顔ハメ映像も!銀座で『クイーンと遊ぼう』展

 銀座のGinza Sony Parkにて、英ロックバンド〈QUEEN〉(クイーン)の音楽を体感できる『#013 QUEEN IN THE PARK 〜クイーンと遊ぼう〜』が行われている。ボーカリスト、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的大ヒットも記憶に新しいが、約3年4カ月ぶりの来日ツアーを目前にして、世界中を魅了するクイーンの音楽を聴くだけでなく観る、奏でる、曲の世界に入り込むなど、ソニーの技術を活用してアクティビティに落とし込んだイベントだ。

 メディア先行内覧会に登場したソニー企業の永野大輔代表取締役社長は「園内全体を通したイベントをこれまでに12回行って、だいたい準備期間は半年くらいのスパンでやってきたんですが、『QUEEN IN THE PARK』についてはこれまでで一番長い約10カ月間の準備期間を要して企画を進めてきました。単にクイーンの楽曲を聴くだけではなく、音を触るといいますか、そんな体感ができる場所もあります。この場所でしかできない遊び場ができたんじゃないかと思っています」と自信を覗かせる。
「ズン・ズン・チャ」のステップが意外に難しい「WE WILL ROCK YOU/Melody Step」
 早速各フロアのアクティビティを見てみると、PARK GL(地上1F)からの大階段に現れるのが「WE WILL ROCK YOU/Melody Step」。ソニービル時代に親しまれた「ドレミ階段」がQUEEN仕様にアップデート! 一段ごとにイントロの「ズン・ズン・チャ」のビートが鳴り、見事にリズムを刻むとフレディが高らかに歌い出す。
ソニーの歴代ラジオから「RADIO GAGA」……ダジャレのような「RADIO GAGA/Radio Installation」
 PARK B1には70台並んだ歴代ソニー製ラジオから「RADIO GAGA」が流れるインスタレーション「RADIO GAGA/Radio Installation」。一番古いもので1961年製のTR-720という懐かしのモデルがあり、ガジェット好きも一見の価値あり。
1 2 3>>>
パラ卓球のアート展が渋谷で開幕。パラスポーツ×アーティストのコラボで新たな魅力届ける
【開催延期】クラファンで製作された巨大ゾッド像も登場! 初の単独大規模作品展「大ベルセルク展」
深海生物は冬が“旬”!? 「ゾクゾク深海生物2021」
凛々しくも可憐「クリスマスローズ」の魅力伝える国内最大規模の本格展覧会
TOKYO MX『5時に夢中!』と東京タワーがコラボ! 初の謎解きイベントに編集部が挑戦
今年は無観客!静かだけれど熱かった「年末ジャンボ抽せん会」当せん番号決定