【九州エリア前篇】内幸町に九州&下町横丁がオープン!話題の「日ゞ小路」に行ってみた

【九州エリア前篇】
 内幸町駅に直結する日比谷国際ビルに20日、九州と下町に特化した食べ歩き・はしご酒スポット「日ゞ小路(ひびこうじ)」がオープンした。富国生命ビルと日本プレスセンターに挟まれたオフィスビルの地下街に広がる同施設は、九州料理や焼酎、地酒を集めた「九州エリア」7店舗と個性豊かなお酒に合うおつまみが楽しめる「下町エリア」3店舗の2つのゾーンに分かれており、全10店舗中9店舗が東京初出店だという。新しい飲食店に目がない編集部が、実際に食べて飲んだ6店舗をレポートする。

【東京初出店】パーラー じゃりンこ



 広報スタッフおすすめの4番地「パーラー じゃりンこ」は、鹿児島・鹿屋で人気の海鮮居酒屋「魚菜丸(さかなまる)」が東京初出店を果たした。自社で漁船を持つほど鮮魚にこだわる同店で、まず食べてもらいたいのが名物「じゃりンこ盛り」。仕入れによって内容は変わるが常時5種類の刺身盛り合わせがなんと500円(税別)で食べられる。この日はサバ・鯛・マグロ・ハマチ・イカの盛り合わせで、どれも新鮮で口の中でとろけていくようだ。
写真左より「ハマグリのつかみ取り」880円(税別)と「白ポン酢サワー」350円(税別)、「ヨーグルッペサワー」550円(税別)
 片手でつかめた分だけハマグリを酒蒸ししてくれる、ユニークな「ハマグリのつかみ取り」も。男性で平均8個程度はつかめるそうで、手が大きい人や握力自慢はぜひ挑戦してみよう。東京では珍しい九州のご当地ドリンク「ヨーグルッペ」と橙の果汁を使った「白ポン酢」のサワーは、爽やかな味わいでグイグイ進むので飲み過ぎに注意。


4番地「パーラー じゃりンこ」
【営業時間】平日:11時30分〜22時30分、土:11時30分〜19時30分
【定休日】日・祝日

1 2>>>
音楽の秋にぴったり!ヤマハ銀座ビルに見て聞いて遊べる「ブランド体験エリア」登場
秋のいち押しは、和栗といちじくの旬コンビ!フルーツ専門店で新コースが登場
菅野のなさんの人気レシピが新版に
“畑の伝道師”FARM AKIRA(銀座)【今日も食べすぎ東京グルメ探偵】
かっぱ寿司が「麺や KAPPA」に!?「海鮮マヨすぱ」「煮干しとんこつ醤油ラーメン」登場
話題のたらこスパ専門店に出汁スープで食べる「めんたい鯖」スパゲティ登場!