【最新号 4.13 発行】新型コロナウイルス関連記事他、エンタメ記事満載!

安倍首相が緊急事態宣言を発令した様子は新宿・歌舞伎町でも流された(写真:ロイター/アフロ)
安倍首相が4月7日に東京、大阪ら7都府県に緊急事態宣言

「接触機会8割減」訴える



 新型コロナウイルスの感染蔓延の収束が見えない中、安倍晋三首相は4月7日、首相官邸で政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態を宣言した。

 対象地域は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、期間は大型連休最終日の5月6日まで。特措法に基づく緊急事態宣言は初めて。

 首相は7日夜、官邸で記者会見し、宣言について「医療提供体制がひっ迫している地域が生じていることを踏まえれば、もはや時間の猶予はないとの結論に至った」と説明した。そして「人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者を減少に転じさせることができる」と訴え、感染拡大阻止に向けた協力を求めた。また「海外で見られるような都市封鎖(ロックダウン)を行うものでは全くない。今後も電車やバスなどの公共交通機関は運行される」とも説明。対象の7都府県の住民に向けては、生活の維持に必要な場合を除き外出を自粛するように要請した。

 この緊急事態宣言により、自治体による外出などの自粛要請に法的根拠が加わることになるが、外出しても罰則はない。協力する努力義務は生じるが果たしてどこまで効果があるかは未知数。

 それは外出を抑制するためにも必要と思われる飲食店等の中小零細事業者への支援策が不十分なため。

 7日には緊急事態宣言と併せて、営業自粛で損失を受ける中小零細事業者への給付金や、無利子融資を盛り込んだ緊急経済対策を打ち出したのだが、自粛に伴う損失を直接補償することについては慎重な姿勢のまま。

 緊急対策の規定では100万円の給付金を受けるのに事業収入が前年同月比で半減する必要があるなどハードルは高い。

 また一般の家庭への現金給付については「一定の所得水準以下で収入が急減した世帯に一律30万円」となった。全国民への一律給付がなされないことについては「国会議員も公務員も収入には影響を受けていない。そこに果たして5万円とか10万円の給付をすることはどうなのだという点も考えなければならない」などと説明している。
公益社団法人東京都医師会副会長の角田徹さん

STOP新型コロナ!東京都医師会「ここから2週間が本当に勝負」


 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。東京都では3日、新たな感染者数を89人と発表、感染経路が分かっていない人は55人、都内で感染が確認されたのは3日現在であわせて773人となった。今週末も不要不急の外出自粛が呼びかけられる中、改めて新型コロナウイルス対策について、公益社団法人東京都医師会副会長の角田徹さんに話を聞いた。


https://www.tokyoheadline.com/492140/
(写真提供:イザワオフィス)

志村けんさん追悼で往年のドリフ映画4本を放送


 コメディアンの志村けん(しむら・けん、本名・康徳=やすのり)さんが3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した。享年70歳。

 25日には一部スポーツ紙が志村さんの入院を報じ、日本列島に激震が走った。

 同日、所属事務所のイザワオフィスが志村さんの容体を発表。

 それによると志村さんは17日に倦怠感があり自宅で静養していたが、発熱などの症状が出たため、20日に病院に搬送され重度の肺炎と診断された。その後に行われたPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性と判明。21日から集中治療室で処置を受け、人工呼吸器などを着けたが、意識は戻らなかったという。

 国内で著名芸能人が感染を公表後、死亡したのは志村さんが初めてだった。

 志村さんは3月に入ってからもテレビ番組の撮影に参加するなど入院する直前まで第一線で活躍しており、志村さんの訃報は、新型コロナウイルスが身近な恐怖であることを感じさせた。

 志村さんは昭和25年、現在の東京都東村山市の生まれ。ドリフターズの付き人を経て49年に正式メンバーとなった。TBS系のコント番組「8時だョ!全員集合」でコミカルな「東村山音頭」を披露し人気者に。童謡「七つの子」の替え歌「カラスの勝手でしょ」、加藤茶さん(77)との「ヒゲダンス」など、小さな子供にも分かるギャグで番組を支えた。

 同番組終了後も、フジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ」や、顔を白く塗った「志村けんのバカ殿様」など多くのレギュラー番組を抱えた。
 30日以降、各局で追悼番組が放送されたのだが、WOWOWでは4月19日と26日に「松竹ドリフ映画」4作品を追悼特集として放送する。

続きは… https://www.tokyoheadline.com/?p=492952 (4月13日記事公開予定)

竹財輝之助 ドラマ『東京男子図鑑』で
“勘違い男”から大人の“東京男子”へ成長する主人公を好演


 男性と恋に落ちる主人公を演じたドラマ『ポルノグラファー ~インディゴの気分~』や、ヒロインのイケメンの恋人を演じた『今夜はコの字で』など話題作への出演が続き、人気急上昇中の竹財輝之助。そんな彼の最新主演作は、東京を舞台にした注目のドラマ『東京男子図鑑』。

続きは… https://www.tokyoheadline.com/?p=492908 (4月27日記事公開予定)

延期は残念だけど…劇場再開をお楽しみに!
4月・5月の公開延期作品をチェック


 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、政府の緊急事態宣言を受け、これまで土日のみ休業していた映画館も次々と全面自粛を決定。これにより4月以降の公開を予定していた劇場作品のほとんどが公開延期となっている。すでに前売り券を購入た作品があれば、各劇場の公式ホームページなどで、対応を確認しよう。

続きは…
【4月公開を予定していた劇場作品】 https://www.tokyoheadline.com/?p=493134 (4月16日公開予定)
【5月公開を予定していた劇場作品】 https://www.tokyoheadline.com/?p=493131 (5月1日公開予定)

and more…
※EXILE TETSUYAの「DANCEの道」はお休みします。
今こそ行きたい秋キャンプ!東京駅から2時間の離島リゾートがすごい
ビジネスアイディアピッチコンテスト
【TOKYO HEADLINE 最新号】米大統領選・やっぱりマスクは必要なんじゃない!?
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
【最新号配布開始】欅坂46インタビュー・SSFF2020特集・小池都知事インタビュー他