女性20歳「どっちの男性を選ぶべきか迷っています」【黒田勇樹のHP人生相談 120人目の2】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 出演させていただいていた舞台『メカベス』が終了し、現在、7月23日から上演される三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.9『首領(ドン)ちゃん騒ぎ』の稽古中です。

 新型コロナウイルスによる自粛期間が明けてから立て続けにさまざまな作品に関わっております。ありがたいことです。

 巷ではいろいろありますが、万全の態勢で皆様をお迎えするよう、スタッフ・出演者一同努力しておりますので、ご興味のある方はぜひ。

 あと、脚本・語り部を担当したボイスドラマ妖ばなし第八話『茄子婆』が7月12日から配信中です。また巣ごもりに入ってしまった方はまずはこちらからお楽しみください。

 今週は人生相談です。

moon(女性20歳)のお悩み
このままGさんのペースにのるのか、Fさんにアタックするかで迷ってます


前回の相談は… https://www.tokyoheadline.com/501633/

 返信遅れてすいません、、、

 自分が恋愛において求めているのは、「誰かを大切にしたいっていう気持ちと、ちゃんと人と向き合う能力を養う」っていうのが大きいと思います。

 自分は黒田さんが言ったように、自分は変な人を寄せ付けるオーラが多分あり、それは恋人に限らず友人関係でも当てはまってます。黒田さんが文章からしてダメ男寄せ付けオーラがあるとおっしゃった時、自分、友達に関しても変なやつ寄せ付けてますし、なんならその変なやつのせいで全く関係ないトラブルに巻き込まれたり(この際その”変なやつ”は関係ないことになってたりする)。

 中学の時は、普通に授業出席して学校も目立った遅刻や欠席、髪の染色、パーマをかけたりスカートの丈を短くしたり学校指定のベストを着ていないと先輩から目をつけられるというのは、地元の中学あるあるだったのですが、自分はどれにも当てはまっていないにも関わらず、全く知らない先輩から匿名電話で「きもいんだよ!死ねば?お前moonだろ?」みたいな暴言を吐かれたことがあり、たいしたことではなかったのですが、地元で縦の人間関係ができるような地域のスポーツクラブにも入っていなかったので、なんで?自分がこんなことに?となりました。先輩から目つけられた同級生は何人かいたのですが、上記に当てはまる子しかおらず、私だけどれにも当てはまりませんでした。

 家の都合で転校し、転校先でも自分が中立になってるのにもかかわらずトラブルに巻き込まれることがちょこちょこあり、学校生活で友達付き合いはできたものの「もうこりごりだ」と思い、高校と大学では交際範囲をせばめ、友人関係のトラブルは一気になくなりました。ただ本格的に誰かと付き合う年齢になりAくんとかB先生みたいな恋愛トラブルは多発してしまいました。笑(黒田さんに言ったのが全部ですw)

 あともう一個の質問の方なのですが

 恋愛したい理由っていうのは特になく、縁があったらしようっていうスタンスです。

 恋愛したい!!!!!ってなって出会いを求めたことはマジで人生で一度もないのですが、ただFさんと出会ってからは恋愛いいなーと思ったのですが、彼とは進展がなく、ラインしても壁を張られてる感じがひしひしと伝わってきてさらには彼女がいる匂わせ?をSNSにあげて自分は脈ないなと思い、Fさんのことばっか考えてメンヘラみたいになるのが嫌だったのでFさんをわすれるためにマッチングアプリをはじめました。(今回が初)

 そこで知り合った男性Gさんと出逢い、話していくうちに、同じ小学校出身だということがわかりました。

 電話したり、散歩したのですが終わった後に「やっぱり一緒にいて楽しいわー!」とか「一緒にいて楽だわー!また会お!」という連絡をしてきて、何もしなくても次の予定が決まってしまいます。(次も会う約束してる)

 Gさんは色気っていう色気がなく、自分の好みではなく、ドキッとさせられるような本能的に触れたくなるような人ではありません。ただ、一緒にいて楽で、会話のリズムがそこそこ合うのはGさんでそれに対してFさんは自分のすっごいタイプでそこそこな色気があって、ドキッとさせられるような本能的に触れたくなるようなオーラがあるのですが、上記の通り進展がみえません。

 このままGさんのペースにのるのか、Fさんにアタックするかで迷ってます。

 黒田さんだったらどうしますか?もういろんな人に相談してるんですよ😭😭


黒田勇樹のアンサーは次ページ!
1 2>>>
感染症と生きなければいけないこの時代に、相性最悪の“生”の演劇をするということ【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記番外編】
あの「映画泥棒」がリニューアル!劇場へ急げ!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記番外編】
「三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜」にみる“言葉”のチカラ【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
「ソニック・ザ・ムービー」にみる“底抜けの陽の気”の美しさ!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
ピンチはチャンス!映画館で観るジブリの名作「風の谷のナウシカ」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
新感覚ゾンビ映画「デッド・ドント・ダイ」にみる“ジャンルの限界”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】