東京の夏の風物詩が常設に! 日本橋で3万超の金魚たちがお出迎えするアートアクアリウム美術館

「金魚の杜」は1階からも2階からも見られる
 これまでの日本橋会場と比べると広さは約3倍と過去最大となる展示空間からなる美術館では、3万超の金魚がさまざまなアプローチで出迎える。その数は、アートアクアリウム史上最大。

 息をのむような幻想的な作品が並ぶ。館内は「水端(みずはな)」「浮世」「神秘」「老松」「愉悦」「土産」の6のエリアからなり、基本コンセプトである江戸の花街を象徴するエリア、所蔵作品から過去の人気作品を選んで展示する企画エリア、さらには圧倒的なスケールかつ神秘的で幻想的な空間演出で不思議な感覚が得られるエリアなどさまざま。いずれのエリアも一歩足を踏み入れたとたんに、その世界のなかに自分自身も溶けていくような感覚を覚える。


今年のおうちハロウィンが可愛すぎる!密を避けたプライベート空間で安心
オレンジバックパッカーズ×丸山珈琲 山で飲みたいコーヒーで初コラボ!
新型コロナは私たちと「住まい」への価値観をどう変えたのか『SUUMO』編集長に聞く
「黒霧島」は炭酸割りもウマイ!「黒ッキリボール」特設サイトがオープン
音楽の秋にぴったり!ヤマハ銀座ビルに見て聞いて遊べる「ブランド体験エリア」登場
秋のいち押しは、和栗といちじくの旬コンビ!フルーツ専門店で新コースが登場