【今月の一言】枝野幸男代表、安倍晋三前首相、吉村洋文知事

8月28日、辞意を表明した安倍晋三首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
 立憲民主党の枝野幸男代表が、新型コロナウイルス対策としての予備費約3700億円の大半を「Go Toキャンペーン」の継続にあてる政府の方針について「医療関係の支援に回るのかと思ったら、この局面でその話か(12月8日の党会合で)
→今に始まったことじゃない。


 大阪府の吉村洋文知事が新型コロナウイルス感染が拡大する中での年末年始の帰省について「できるだけ分散し、できれば帰省を控えてもらいたい」(12月8日、府庁で記者団に)
→できれば住民投票も控えてもらいたかった。


 安倍晋三前首相が「桜を見る会」前夜祭問題について「まさに今、捜査が行われておりまして、その結論が出る前に、今、申し上げるのは適切ではないと思いますので、お答えを差し控えさせていただきたい」(12月4日、国会内で記者団に)
→捜査には何の支障もないですけどね。

フェアリージャパン主将の杉本早裕吏がIOCのワクチン優先接種発表に「私たちはどうすることもできない」
厳戒態勢の中バイデン大統領が演説
飛び込み界のホープ、14歳の玉井陸斗が東京五輪の出場枠獲得
緊急事態宣言延長も「人流の減少という初期の目的は達成できた」と菅首相
小池都知事「現場監督として務めていきたい」緊急事態宣言延長受け
コロナ後遺症、3ヶ月以上が4割。小池知事「甘く見ないで」