【今月の一言】枝野幸男代表、安倍晋三前首相、吉村洋文知事

8月28日、辞意を表明した安倍晋三首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
 立憲民主党の枝野幸男代表が、新型コロナウイルス対策としての予備費約3700億円の大半を「Go Toキャンペーン」の継続にあてる政府の方針について「医療関係の支援に回るのかと思ったら、この局面でその話か(12月8日の党会合で)
→今に始まったことじゃない。


 大阪府の吉村洋文知事が新型コロナウイルス感染が拡大する中での年末年始の帰省について「できるだけ分散し、できれば帰省を控えてもらいたい」(12月8日、府庁で記者団に)
→できれば住民投票も控えてもらいたかった。


 安倍晋三前首相が「桜を見る会」前夜祭問題について「まさに今、捜査が行われておりまして、その結論が出る前に、今、申し上げるのは適切ではないと思いますので、お答えを差し控えさせていただきたい」(12月4日、国会内で記者団に)
→捜査には何の支障もないですけどね。

田中みな実の「元気」と「美」の秘訣は「健康」
箱根の山下り・花崎悠紀【アフロスポーツ プロの瞬撮】
話のネタになるかも?レトロな「オリンピックヘリテージコレクション」が発売開始
パラ卓球のアート展が渋谷で開幕。パラスポーツ×アーティストのコラボで新たな魅力届ける
緊急通販や単行本、パン販売も…コロナ禍で奮闘する『ビッグイシュー日本版』佐野未来【インタビュー】
東京都、新たに2001人の感染者。秋葉原など歩行者天国中止