ライオンズが「SDGs」をテーマに2年ぶりのフェス開催決定

彩虹ユニフォームを身にまとった源田壮亮選手、森友哉選手、平良海馬投手、次長課長・河本準一(左から)

 西武ライオンズは4日、メットライフドームで開催したオリックス・バファローズとの試合終了後に、2年ぶりに開催する夏恒例の大型シリーズ企画「ライオンズフェスティバルズ2021」(7月13日〜8月29日)の期間中、計17試合で監督・コーチ・選手が着用する限定ユニフォーム「彩虹(さいこう)ユニフォーム」の発表会を行い、選手の源田壮亮、森友哉、平良海馬と次長課長・河本準一が同ユニフォーム姿を披露した。

 同ユニフォームは今年のライオンズフェスティバルズのテーマ「SDGs」に合わせ、ライオンのたてがみに「SDGs」カラーをあしらったデザイン。イベント期間中は吉本興業とタッグを組みSDGs啓発イベントなども実施する。

 イベント初日の7月13日千葉ロッテマリーンズ戦では、彩虹ユニフォーム(非売品)を来場者(ビジター外野除く)に配布する。

綾瀬はるか「小さな積み重ねが大切」 地球に優しい選択を呼びかけ
麦ちゃんもしっかり分別!ゴミ箱じゃない!自販機の横にあるボックスの名前は?
ローラ「サステナブルは愛だと思うの」YSLボーテのサステナビリティアンバサダーに就任
貝印、世界初の「紙カミソリ」発売 脱プラスチックでSDGsに配慮
吉沢亮、リサイクル「自分にできることから」自然体で新CM
東播磨の2市2町とサントリーが「ボトルtoボトルリサイクル事業」に関する協定を締結