男性「2度も告白して振られた女友達に再度アプローチするなら、どれぐらいの期間をかければ良いでしょう」【黒田勇樹のHP人生相談 128人目】

こんにちは、黒田勇樹です。
 多くは語りませんが、なんか、いろいろ考えさせられることの多い今日この頃です。
 とりあえずは目の前にあるミッションに一つずつ取り組んでいこうと思います。
 5月14日にいしだ壱成君と『あの頃のドラマについて語る会』というトークライブをやります。楽しい話ができるといいな〜。
 では今週も始めましょう。

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

27歳男性のお悩み
それとも綺麗さっぱり忘れて別の女性を探すべきでしょうか

黒田勇樹様

 こんにちは。コラムを見て、私も黒田さんに相談させていただければと思い相談しました。
 私は27歳社会人。一人暮らしです。都内在住です。

 片思いの女性がいます。
 その子は23歳で埼玉県に住んでおり、私が前の彼女と付き合っていた頃からずっと相談に乗ってくれたり、一緒に食事たりするほどの仲です。

 そして今年の1月頃に、私は彼女と別れることとなり、ずっと相談に乗ってくれていた女友達に告白しましたところ、「少し考えさせてほしい」と言われて、「じゃあまた今度改めて思いを伝えるからその時に返事をしてくれても大丈夫だよ」ということで、また次回二人で会う約束して、それから約3ヶ月ほどの期間が開きました。

 来る約束の日を翌日に控えていた前日に、「大事な話があるから会ってほしい」と言われて急遽会うことになりました。
 そこでその子の口から放たれたのが、その子が鉄欠乏性貧血やその他の神経系の病を患っていて、ここ最近悪化してきているとのことでした。その子自身、病気がここまで悪化するとは思っておらず、とてもじゃないけど異性とお付き合いをする余裕が無いとのことでした。

 もし病気が無かったのなら、普通に付き合うことが出来ていた。告白もあまりされたことがないからそうやって真っ直ぐ思いを伝えてくれたのは本当に嬉しかったし、グッときた。とまで言ってくれていました。

 振られた云々よりも、そうやって真剣に返事を色々と考えてくれて言ってくれたその子の姿勢に感動しまして。とはいえ、振られたのは振られたので、若干ショックは受けました。

 その子のそういう事情を踏まえた上で元々会う予定となっていた次の日に約束通り会って、一日中映画を観て楽しんだらしていましたけど、昨日の今日ということもあったので心の整理がつかないままあっという間に夜になって、その帰り際にちょっと話したいことがあるからと隅に寄って実質昨日の続きを話すことになりました。

 元々この日に改めて思いを伝えるつもりでいましたので、その子のそういうやんごとなき事情を受け入れた上でそれでも交際を申し込んで手作りチョコを渡そうとしたのですが案の定「ごめんなさい」とのことでした。

「ありがとう、言ってくれて。でもごめんね」
「そうか、やっぱり無理か……昨日答えをいただいたのにまた告白するのはさすがにしつこいよね……ごめんね」
「いや、そんなことないんじゃない?笑」
「そう? まあ今は無理だけど、来年とかはどうかな?」
「その時になってみないとわかんないよー。てかメンタル強っ笑」

 かれこれ2度も告白して振られるという何とも言えない結末となりましたが、やっぱり私の中ではまだあの子に対する好きという感情が冷めず、これで諦めて終わるのもなんだかなーという感じで中々煮え切らないといいますか。一応友達関係は継続してくれるとのことで、そこだけは唯一の救いですかね。

 再度アプローチするならするで、どれぐらいの期間をかければ良いのか。それとも綺麗さっぱりあの子のことを忘れて別の女性を探すべきか。

 これからどうするべきなのか、良いアドバイスがありましたら教えて頂きますと幸いです。

 長文失礼致しました。
 よろしくお願い致します。

次ページは黒田勇樹氏からの回答▶▶▶▶▶▶

1 2 3>>>
おまそれいう!? 素晴らしい才能の開花を見逃すな!前田敦子監督『理解される体力』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
まだまだ終わらない!ショートフィルムの祭典SSFF&アジア2022閉会式に参加してきた!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
あの黒木瞳さんが監督!女性を見つめる視線に圧倒される短編映画『線香花火』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
シリアの青年が見上げる戦争のある日常を切り取った映画『空のない街 A city without sky』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
アナタはどの角度から見る?プリズムの様な面白さ『シン・ウルトラマン』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
『SSFF & ASIA 2022』で観れる!15分弱の鮫映画『shark』が、スゲぇ!!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】