東京マラソン・東京大マラソン祭り2011

2011.03.07Vol.500格闘技
 先月27日、「東京がひとつになる日。」――東京マラソン、東京大マラソン祭りが開催され、コース沿道を中心に150万人以上がこの日を楽しんだ。  今大会で、開催以前から注目を集めていたのがチャリティーランナーだ。2月25日までの集計で、寄付総額は7184万5000円、694人が出走した。当日スタート前には、チャリティーランナーの代表30名へ、寄付金支援先団体と都知事からお礼と激励の言葉を贈るセレモニーを実施。石原都知事はお礼の言葉とともに「日本にはチャリティーの文化がないが、これを突破口にして広まってくれれば」と話した(写真)。  マラソンレースでは、日本人1位に輝いた市民ランナー、川内優輝選手(埼玉陸協)が話題をさらったが、沿道で繰り広げられる「東京大マラソン祭り」では、例年通り28会場の応援イベントのほか、いくつかの新しい取り組みが実施されていた。  ひとつは屋形船による応援者の無料搬送だ(主催:屋形船東京都協同組合)。午前中から浅草橋駅周辺で無料搬送のチラシを配布。およそ1時間間隔で8便が浅草橋からビッグサイトへと渡る。船内では、リバーガイドボランティアのスタッフが船内のテレビでマラソンの展開を見ながら川やコースの見所などを解説。無料でソフトドリンクもふるまわれたほか、お弁当の販売などもあり、大人も子どもも大満足の船旅だった。  もうひとつは、フィニッシュ近くの防災公園で開催されたスポーツ体験イベントだ。同公園は、親子で走る「ファミリーラン」のスタート地点にもなった。そのファミリーランスタートの前に同イベントを開催。これは、パドルテニス、ローラースポーツ(ブレイブボード、ローラースケート)、グラウンドゴルフ、サッカー、ティーボールの5種を無料で体験できるというもの。各エリアには、各スポーツを担当する団体の指導員が付き、初体験する子どもたちに基本から優しく指導。団体側としては「競技を知ってもらう良い機会」(団体関係者)。一方の参加者にとっても「子どもと楽しめるいい機会だし、子どもが興味を持てば新しく何かを始めるきっかけにもなる。あれもこれもやりたくて楽しい」と好評だった。参加者からは「もっといろいろな競技を」「都内で分散開催してほしい」「もっと積極的に案内を」と熱心な要望の声が上がっていた。 「東京がひとつになる日。」。この日は、東京マラソン・東京大マラソン祭りをきっかけに、東京を舞台に“積極的に何かをする日”へと成熟しようとしているのかもしれない。来年は一体どんな1日になるのか。それを作り上げるのは東京にいるあなた自身だ。 AKB48・秋元才加、完走果たす!  AKB48の秋元才加が東京マラソンに初挑戦。6時間50分6秒のタイムで見事完走を果たし、コメントを寄せてくれた。「長いようで振り返れば短かった。たくさんのみなさんに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。東京マラソンは、街が一丸となって励ましあい支えあう、すごく温かい、素晴らしい行事でした!」。コーチを務めたセカンドウィンドACの尾形朱美選手も「腕振りが力強く、決してあきらめずに前を見て走り続ける強い気持ちに心打たれました」と称賛の声を送った 沿道は例年に負けない盛況ぶりを見せていた。左から防衛庁前、日比谷公園、日本橋、有明イーストプロムナード・メーンステージ 屋形船の応援者無料搬送は、浅草橋駅前でチラシゲットから(写真左)。風は冷たくても船旅は快適(写真中)。コースを間近で見られるのは2〜3か所だが、船中でガイドを聞きながら食事を楽しめる 防災公園でのスポーツ体験イベント。ファミリーラン参加者が、スタート前に楽しむ姿が多かった。ローラースケートの指導の様子(写真左端)。指導員は10名ほどで、ローラースケートのほかブレイブボードも。子どもだけでなく大人が楽しむ姿も。パドルテニス、ティーバッティング、グラウンドゴルフ、サッカーの様子(写真左から2番目から順に)。どれも簡単に楽しめるスポーツだ

『SP 革命篇』

2011.03.07Vol.500エンタメ
『SP』シリーズが衝撃の最終章!  昨年公開され大ヒットを記録した『野望篇』に続く、待望の『革命篇』が公開。テレビシリーズ、ドラマスペシャル、そして映画で展開してきた“SPプロジェクト”がついにファイナルを迎え。先週末には、本作と同時並行で撮影が行われたドラマ「革命前日」が放送され、盛り上がりは最高潮。  テレビシリーズ時代から描かれてきたあらゆる伏線が1つにつながり、秘められ続けた謎が次々と明らかにされていく。岡田准一演じる主人公・井上薫と、堤真一演じる尾形総一郎、2人の対決はどんな決着を迎えるのか。そしてラストに待つ驚がくの真相とは。  怒涛のクライマックスへ向けて急加速するストーリーと、頂点を極めたスタイリッシュアクションが観客の心をわしづかみ。終幕にふさわしいエンターテインメント超大作だ。 STORY:官房長官を狙ったテロ事件を無事解決し、警視庁警護課第四係の面々は通常任務をこなしていた。しかしシンクロの能力を持つ井上だけは、上司の尾形が何らかの思惑を抱いていることを感じとり、不信感を募らせ苦しんでいた。ある日、井上は尾形から国会での警備を任じられる。麻田内閣不信任案の採決が行われようとしたそのとき、尾形が動きだし、国会議事堂に銃声が鳴り響いた…! 監督:波多野貴文 出演:岡田准一、香川照之、真木よう子、堤真一他/2時間8分/東宝配給/3月12日よりTOHOシネマズ スカラ座他にて公開 http://sp-movie.com

10周年を迎えるEXILEが建てた『願いの塔』

2011.03.07Vol.500コラム
COVER SPECIAL INTERVIEW EXILEの躍進が止まらない。歌とダンスを組み合わせたパフォーマンスを武器にセンセーショナルなデビューを飾ると、着実にキャリアと実績を重ね、今では誰もが認める国民的グループに成長、確固たる地位を築いている。そんな彼らが今年、10周年イヤーを迎えた。今年元旦に発表した5大プロジェクトのなかで、トップに掲げたニューアルバム『願いの塔』のリリースが9日に迫った。この作品について、今回特別にATSUSHIにアルバムに込める想いをきいてみた。 写真上段左から・HIRO、MATSU、USA、MAKIDAI、ATSUSHI、AKIRA、TAKAHIRO写真下段左から・KENCHI、KEIJI、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHI、NAOTO、NAOKI 『願いの塔』は、9月にデビュー10周年を迎えるEXILEの8枚目のオリジナルアルバム。日本語タイトルのアルバムは『愛すべき未来へ』に続き2枚目だ。14人になってからのEXILEは、“わかりやすくメッセージを伝える”を重視しているということでもあるのかもしれない。“願い”をテーマにしたニューアルバムも、軽やかで爽やかな印象と共に何か使命感のようなものを感じさせる。 「『forever love』を作曲したアーノ・ルーカスのデモテープを聴いて一気に『願い』の歌詞が出てきたり、少しでもハイチ大地震の復興を支援したい、とみんなで話したあとに、家でピアノを弾いていたら『One Wish』が生まれてきたり、ということが最初にあって。その後、秋元康さんが書いてくださった『掌の砂』の歌詞の中に“僕の願いの砂”というフレーズを見つけた時に、“これは偶然じゃないよね”と。そのころから“願い”が僕らにとって大事なテーマになるかもしれない、と意識し始めました」  14曲中新曲は3曲。うち2曲がATSUSHIの作詞だ。R&Bテイストが濃厚な艶っぽいラブソング『Orion』と“もし未来に虹がかかるなら今は雨が降っているのだろう”というフレーズが心に残る『Miracle』。 「『Miracle』は飛行機に乗っていて感じたことがもとになっています。きれいに見えている空も、上空では気流が激しかったりして、遠くから眺めている時と実際にそこに身を置いた時とでは、違うことが見えたり感じられたりするんだな、と思ったんです。それから、夢や将来への希望を持てずに苦しんでいる人たちがこの曲を聴いて、毎日の生活の中に一瞬でいいから素晴らしい瞬間を見つけてほしい、そして何かを変えるチャンスをつかんでほしいという願いも、この曲には込めました」  初回限定盤には11曲入りのカバー集も。『Choo Choo TRAIN』などライブを盛り上げる定番曲の他に、各自思い入れのある曲をソロでカバー。ATSUSHIは、昨年秋のソロライブから2曲収録し、小田和正の『言葉にできない』を新録している。 「初めて聴いた時に“こんなに美しい曲があったんだ!”と衝撃を受けて以来、機会があれば必ず歌っていた曲です。HIROさんもすごく気に入っていて、“もっとたくさんの人に聴いてもらえるといいよね”と言ってくれてたんですよ。それがソロを始めるきっかけにもなった。本当に思い入れの強い曲です」  さらにNESMITHと、久保田利伸の名曲『LA・LA・LA LOVE SONG』をカバー。ATSUSHIとNESMITHが2人で歌うのは、“ASAYAN”以来。NESMITHがソロのカバーにこの曲を選んだと知った時に、ATSUSHIにはひらめくものがあったと言う。 「2人がライブでこの曲を歌っていて、お客さんがすごく盛り上がっている画が浮かんだんです。以前からHIROさんが“2人が一緒に歌っている姿を見たら、感動する人がたくさんいると思うよ”と言ってくれていたので、“これだ!”って。それで僕から提案しました。前回は『Missing』でしたけど、約10年ぶりにまた一緒に久保田さんの歌をうたえたことは、とても感慨深かったですね」  年末には2年ぶりのドームツアーも予定しているEXILE。“デビュ―10周年”をスプリングボードに、さらに大きく飛躍しようとしている。 「EXILEは今、ひとつの大きなブランドになりつつあって、一歩間違うと“音楽”ではなく“流行”を提供することになりかねない。そういう立場に自分たちがいることを、常に肝に銘じていきたいと思います」  この冷静な感覚が、彼らの真摯な活動を支えているのだと思う。 (取材・文/木村由理江) New Release 『願いの塔』 rhythm zoneより3月9日(水)発売。豪華初回限定盤[2CD 2DVD] 5980円。[CD DVD]盤3990円、CDのみ3059円。DVDにはシングルのビデオクリップとメイキング映像を収録。豪華初回限定盤は、ATSUSHI、TAKAHIRO、SHOKICHI、NESMITHがそれぞれがセレクトした楽曲をソロ、デュオ、トリオで歌ったCD「EXILE COVER」と、ドキュメント映画『EXILE PRIDE』のDVD付き。詳細は公式ウェブサイト(http://exile.jp/)で。

石田純一「20回のうち2回は勝ちました」

2011.03.07Vol.500【ひめくりワンダホー】
 こだわりの旅を提供しているクオリタ銀座店で開かれた「QUALITA × 25ans ハワイスペシャル企画」スペシャルトークショーに、俳優の石田純一と、25ans編集長の十河ひろ美氏が登場。石田は25ansの取材で、1月に夫婦でハワイに行ったばかり。もちろん、ゴルフにも夫婦で出かけ、「ハワイのゴルフ場は、日差しがほどよい感じで、風もすばらしいですね。ドライバーは僕のほうが飛びますけど、もちろん理子の方がうまいですよ。20回ぐらいやった中で2回ぐらいしか勝ってませんから」と、ちょっと負けず嫌いな面を見せた。 「QUALITA × 25ans ハワイスペシャル企画」では、ハワイの高級リゾート「ザ・ワイキキ・エディション」の宿泊プランを提供中。おもてなしの旅が体感できる。

東京タワーに”江”登場 柴田・大地が本心漏らす

2011.03.07Vol.500コラム
 東京タワーで「江」展が2月26日にスタートした。江戸時代の大奥の世界を展示などで楽しめるイベントで、現在放送中のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の最新情報も分かる内容。25日のテープカットセレモニーには、ドラマに出演中の大地康雄と鈴木砂羽が出席、現場のエピソードを紹介した。柴田勝家を演じる大地康雄は、江を演じる上野樹里をはじめ、鈴木保奈美、宮沢りえ、水川あさみらとのシーンが多いことについて「美女に囲まれ演技をするのは俳優になって初めて。最初は舞い上がってしまいました」と苦笑い。入場は一部有料アトラクションを除き、無料。12月25日まで。

沢尻エリカが悪女宣言!? 「これが私」

ジョニデ「キスシーンのことは家族に言ってない」

KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2011

2011.03.07Vol.500【ひめくりワンダホー】
 3月5日から22日まで、新宿のコニカミノルタプラザ(ギャラリーB・C)で「KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2011」の作品展が開催される。同アワードは「アートの視点で環境活動(エコ)を促進すること」をテーマに、「ビジュアルアーツ部門」「プロダクト&コミュニケーション部門」の2部門で募集。200件を超す応募作品から選ばれた40点を展示。21日(月・祝)には最終審査でグランプリも決定する。 「KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2011」作品展 【日時】3月5日(土)〜22日(火) 10時30分〜19時※最終日は15時まで 【会場】コニカミノルタプラザ ギャラリーB・C 【料金】無料 【URL】http://www.konicaminolta.jp/plaza/

KEYWORDでみるニュース

12万6720人

 新年恒例の一般参賀が1月2日、皇居で行われ、天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻をはじめとする成年皇族方が宮殿「長和殿」のベランダに計5回立ち、手を振って応えられた。宮内庁によると、平成で最多だった6年(計8回で11万1700人)を上回る12万6720人の参賀者が訪れた。天皇陛下の譲位日が31年4月30日と決まってから初めての新年一般参賀で、国民の関心の高まりが要因とみられる。

39.4%

 平成29年の大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の第2部(午後9時から11時間45分)の関東地区平均視聴率が39.4%にとどまった。前年と比べて0.8ポイント減。二部制になった平成元年以降では3番目に低い数字。テレビ東京の「第50回!大晦日恒例 年忘れにっぽんの歌」が8.4%と大健闘。民放では日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル!」が17.3%でトップ。

2万2764円

 平成29年最後の取引となる大納会を迎えた12月29日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は2万2764円94銭と、年末の終値としては3年末(2万2983円77銭)以来26年ぶりの高値水準となった。前年末の終値(1万9114円37戦)を3650円57戦(19.1%)上回っており、年間ベースでは6年連続の上昇。昭和53年~平成元年に12年連続で上昇して以来の長さで、バブル経済が崩壊して以降では最長となった。

口座維持手数料

 銀行口座の維持にかかる費用。海外の商業銀行はほぼ全て導入しており、「無料」は日本のみ。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、日銀のマイナス金利政策で利益を出しにくくなったことから、この口座維持手数料を預金者から徴収できるか検討を始めた。平成30年度中にも結論を出すもよう。三井住友銀行子会社のSMBC信託銀行は、米国系シティバンク銀行が日本で手掛けていた個人向け事業を買収したのに伴い、27年から残高が一定額を下回ると、月2000円の口座維持手数料を徴収している。

世田谷一家殺害事件

 東京都世田谷区の住宅で平成12年12月、会社員、宮沢みきおさん=当時(44)=ら一家4人が殺害された事件の発生から昨年の12月30日で丸17年となった。事件は12年12月30日深夜に発生。宮沢さんと妻の泰子さん=当時(41)、長女のにいなちゃん=同(8)、長男の礼君=同(6)=の4人が自宅で殺害された。現場からは多くの遺留品が見つかり、犯人の指紋やDNA型も判明している。殺人事件の時効が廃止されたことから事件の捜査は継続中。情報提供は成城署捜査本部(TEL:03-3482-0110)まで。

日本で一番長く愛されているジャムブランド

2011.03.07Vol.500格闘技
 明治屋の『マイジャム』誕生100年を記念し『「あの朝から、100年。」キャンペーン』が実施される。クイズに応えて応募すると抽選で「マイジャム果実実感ジャム詰め合わせ(4個)」&「特製マイジャムスパチュラ」が当たる。『マイジャム』は1911年に誕生し、日本の朝食時のパン食文化を牽引してきた歴史あるジャムブランド。キャンペーンを記念し、マイジャム果実実感ジャム詰め合わせ(3個)を読者10名にプレゼント(係名:「マイジャム」)。 『「あの朝から、100年。」キャンペーン』 【応募期間】3月15日(火)〜5月31日(火) 【問い合わせ】明治屋お客様相談室 TEL:0120-565-580 【URL】http://www.meidi-ya.co.jp/

レイトン教授と奇跡の仮面

2011.03.07Vol.500格闘技
すべてが新しくなったナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー  ニンテンドー3DSの発売にあわせて、「レイトン教授」シリーズ第5弾「レイトン教授と奇跡の仮面」が登場した。3Dに対応し、実際にレイトンの世界に入ったように、視点を動かして、隅々まで調査できるようになったのだ。  3Dで作られたキャラクターたちがリアルな動きでストーリーの進行を盛り上げたり、映画並みの質を持った立体視アニメーションが楽しめたりと、すべてが新しくなっている。さらに3Dを生かしたナゾを収録するほか、「日刊ナゾ通信」として発売から1年間、365日毎日ナゾを配信するのだ。  ストーリーでは、現代のレイトンと、過去の高校生時代のレイトンの2つの時間軸が平行して進むぞ。最大級のボリュームとなったレイトンを楽しもう。 ニンテンドー3DS レベルファイブ 発売中 5980円(税込) ©LEVEL-5 Inc.

岩松了プロデュース「カスケード~やがて時がくれば~」

2011.03.07Vol.500格闘技
岩松了が若手俳優たちとワークショップから作り上げる  作・演出家・岩松了が今年早くも2作目の新作書き下ろし。  1〜2月にかけ上演した『国民傘』ではオーディションで選ばれた俳優たちと「戦争」をテーマとするオムニバス形式の実験的な作品を作り上げた岩松。今回は昨今、舞台や映像で頭角を現しつつある若手俳優たちとのワークショップを経て、ひとつの作品に取り組むという。  物語は「かもめ」の上演を控えた若い役者たちを中心に繰り広げられる。とある出来事をきっかけに彼らのバランスがくずれはじめ、さまざまな問題が浮き彫りになる。彼らを翻弄するのはチェーホフ? 世間の大人たち? それとも演出家? 涙を笑いで洗う青春群像劇。  葛川思潮社の『浮標』での好演も記憶に新しい安藤聖、昨年の『シダの群れ』で岩松作品を経験済みの�「ジョンミョンら、これから気になる若手俳優たちがしのぎを削る舞台となる。 【日時】3月16日(水)〜27日(日)(開演は火〜金19時、土14時/19時、日月14時。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】駅前劇場(下北沢) 【料金】前売 指定席3800円、自由席3500円/当日 指定席4000円、自由席3700円 【問い合わせ】(有)鈍牛倶楽部(TEL:03-3400-2131 〔HP〕http://www.dongyu.co.jp/) 【作・演出】岩松了 【出演】安藤聖、青山ハル、今村沙緒里、尾上寛之、小林竜樹、駒木根隆介、清水優、滝沢恵、田中慎吾、永岡佑、橋本一郎、 ジョンミョン、松本ちさ、吉牟田眞奈

杉戸洋 − 青木淳 展

2011.03.07Vol.500格闘技
小山登美夫ギャラリー東京 開催中〜4月9日(土)  美術家・杉戸洋と建築家・青木淳。アーティストと建築家のコラボが生み出す、表現の広がりを楽しめる展覧会。その青森県立美術館で4月23日から開催される開館5周年記念展「はっぱとはらっぱ 青木淳×杉戸洋展」の、さきがけとして行われる。  建築も美術も完結することのない“テストピース”だと言う2人。本展では、日常で誰もが目にするものを使って、ギャラリーを“スタディー空間”にする、ユニークなインスタレーションを披露する。作品は完成すればおしまい、ではなく、使う人や見る人によって、常に少しずつ生まれるもの…そんな作り手の思いを共感できるはず。 【時間】12〜19時 【休】日月祝 【料金】入場無料 【問い合わせ】03-3642-4090 【交通】地下鉄 清澄白河駅より徒歩7分 小山登美夫ギャラリー東京 7F  【URL】http://www.tomiokoyamagallery.com
今週のひとこと One-Word-Header 一覧へ
日本相撲協会評議員会の池坊保子議長が理事を解任した貴乃花について「上司であり先輩でもある八角理事長が何度も携帯に電話してもまったく応答なく折り返しの電話をしなかった。著しく礼を欠いていたのではないか」(1月4日、臨時評議員会後の記者会見で)
→横綱の格は貴乃花のほうが北勝海より断然上だったけどな。

杉戸洋 − 青木淳 展

2011.03.07Vol.500格闘技
小山登美夫ギャラリー東京 開催中〜4月9日(土)  美術家・杉戸洋と建築家・青木淳。アーティストと建築家のコラボが生み出す、表現の広がりを楽しめる展覧会。その青森県立美術館で4月23日から開催される開館5周年記念展「はっぱとはらっぱ 青木淳×杉戸洋展」の、さきがけとして行われる。  建築も美術も完結することのない“テストピース”だと言う2人。本展では、日常で誰もが目にするものを使って、ギャラリーを“スタディー空間”にする、ユニークなインスタレーションを披露する。作品は完成すればおしまい、ではなく、使う人や見る人によって、常に少しずつ生まれるもの…そんな作り手の思いを共感できるはず。 【時間】12〜19時 【休】日月祝 【料金】入場無料 【問い合わせ】03-3642-4090 【交通】地下鉄 清澄白河駅より徒歩7分 小山登美夫ギャラリー東京 7F  【URL】http://www.tomiokoyamagallery.com

バンドやろうよ!Vol.2

2011.03.07Vol.500格闘技
 元気いっぱいの女子バンドの存在が定着するなかで、もっと多くの人にバンドの楽しさやスゴさを伝えるイベントが多数行われている。そのなかでも、近年デビューした女子バンドのなかで目覚しい成長を遂げているSCANDALの所属事務所が主催する「バンドやろうよ!」は、注目のイベントだ。2回目の開催となる11日は、SCANDALに加え、ボーカルに頼らないという新しいスタイルのガールバンドByeByeBoy feat.cossami、コピバンコンテスト・グランプリに輝いたHi-Lab、さらにステレオポニーも招いて、オムニバス形式で展開。第一回がshibuya eggmanだったことを考えると、SHIBUYA-AXという会場も大きくなったが、イベント内容そのものもバラエティーに富んで成長した感がある。 【日時】3月11日(金)17時30分開場/18時30分開演 【会場】SHIBUYA-AX 【料金】1F立見3500円 ※ドリンク代別 【問い合わせ】ホットスタッフプロモーション 03-5720-9999

エクスペンダブルズ

2011.03.07Vol.500格闘技
 シルベスタ・スタローン、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ロークら磨き上げられた肉体を持つ俳優たちが集合した戦争アクション映画。エクスペンダブルズ(消耗品)と名乗る傭兵部隊は南米の島国の軍事独裁政権を倒すために現地に乗り込む。監督と脚本はスタローン自身が担当。 発売元 松竹株式会社 映像商品部 3月9日(水)発売 3465円(税込) ©2010 Alta Vista Productions,Inc All Rights Reserved.

ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX

『TOKYO HEADLINE』500号記念 Part.2

2011.03.07Vol.500格闘技
お世話になったみなさまからコメントをいただきました 別所哲也 東京の今がギッシリと詰まったTOKYOヘッドライン。カラフルで明るい紙面からいつも刺激を受けます。国際都市・東京がどんな色彩変化で息づいているのか?をハンドメイドの優しさで届けてくれる稀有な東京メディアだと思います。しかも情報のブレンド感は絶妙!美味しいコーヒーのようにこれからも薫り高く、前頭葉と脳幹を刺激する情報を発信し続けてください。そして僕たちの日常を彩るカラフルニュースペーパーであり続けてください。500号達成おめでとうございます!!! 4月からは、開場100周年を迎える帝国劇場にて、ミュージカル「レ・ミゼラブル」にジャン・バルジャン役で主演。99年より主宰する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」が6月に開催予定。今年で13年目を迎える。これまでの映画祭への取り組みから、観光庁「VISIT JAPAN大使」に任命され、文化庁からは文化発信部門長官表彰を受けた。2010年より、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務める。 サイン入り著書を1名にプレゼント  秋元才加「私も出させていただけたことは光栄です。これからも続けていってください」。梅田彩佳「東京タワーの連載でお世話になっています。私が落ち着ける場所ですので、これからもよろしくお願いします」。奥真奈美「すごくいろんな情報が載っているので、みなさんぜひ見てください」。小林香菜「楽屋の待ち時間などに、芸能面を読んで勉強しています。私も出させてください」。増田有華「東京食道楽で取材させてもらいましたが、ためになることがギュッと詰まっているので、次は1000号目指してください」。宮澤佐江「ニュースや芸能の勉強ができるので、これからも楽しいフリーペーパーをよろしくお願いします」 秋元才加(写真上段左)、梅田彩佳(写真上段右)、奥真奈美(写真中央左)、小林香菜(写真中央右)、増田有華(写真下段左)、宮澤佐江(写真下段左) ©HIROSHI NOMURA リリー・フランキー TOKYO HEADLINEはいつもなにかを探しているし、いつもなにかを変えようとしている。だから、500号に達してもいつも存在が端々しい。 1963年福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。イラストのほか、文筆、写真、デザイン、俳優など幅広い分野で活動。初の長編小説「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」は06年本屋大賞を受賞、220万部を超すベストセラーとなった。また絵本「おでんくん」は老若男女問わず熱烈な支持を集めている。最新刊は「エコラム」。 石田純一 500号おめでとうございます! TOKYO HEADLINEとはフードアクションニッポンからのお付き合いで、毎回仕事を越えた新しい出会いをもたらしてくれます。これからもよろしくお願いします! 小山薫堂 これだけの情報を毎週無料で提供し続けてきたなんて、現代の奇跡だと思います。しかもHPはさらに充実しているし! これからも東京のいちばんオイシイネタを発信し続けてください。 著書「恋する日本語」(幻冬舎文庫)がドラマ化され現在毎週木曜深夜0:15〜NHK総合にてOA中。深夜のひととき、心のビタミンになるハートウォーミングドラマ。放送内にて紹介された「恋する日本語」を携帯サイトにて限定公開中。http://wv.nhk.or.jp/koisuru/ ICONIQ TOKYO HEADLINE様500号、おめでとうございます。ICONIQのデビュータイミングで表誌を飾らせて頂いたこともあり、私にとってもとても思い入れがあるフリーペーパーです。今後も1000号・2000号とずっと末永く皆様に愛されるTOKYO HEADLINEであることを心より願っております。今後ともICONIQよろしくお願いいたします。 ICONIQグッズを2名にプレゼント 500号プレイバック <ヘッドライン的インタビュー>  メジャーから知る人ぞ知る的なアーティストまで、多彩なインタビューがHEADLINEのウリなんです。 取材から見えた報道と現実のギャップ  福田康夫氏が突然の総理辞任。小池百合子氏のインタビューは、自民党総裁選で忙しい時期に行った。事務所では、ニュース番組が流れていたが、報道と現実に多少のギャップがあるのを察することができたのが印象的だった。2008年9月15日号 これ以上ロマンチックな取材はない  さまざまな取材エピソードが飛び交うGACKT。本紙でもキャンドルの炎を眺めながらの取材がありました。ロマンチックなディナーをキャンドルディナーっていいますが、まさかキャンドルインタビューとは!2007年12月17日号 福田沙紀の笑顔に参った東京食道楽  東京食道楽に登場してくれた福田沙紀は当時16歳で、出されたワッフルをほっくほくの表情で食べる姿がかわいらしい。明るくて、元気がよくて、分け隔てのない態度。「子どもが生まれるなら、こんな娘に育ってほしい」と嘆息した取材だった。2006年9月4日号 マサイ族のイケメン戦士から逆取材!?  映画『マサイ』で主演したマサイ族の若き戦士、マイナとパルカシオへのインタビューで"日本について質問は?"と尋ねると「日本では結婚相手は自分で選ぶ?」「夫を選ぶ基準は?」と"恋バナ"状態に。ちなみにマサイでは"牛"(=資産)が大事だとか。2005年12月19日号 めったに取材することのない人 「日本におけるドイツ年」だった2006年。ルネ・ポレシュというドイツ人演出家が来日した。彼はドイツに限らず、ヨーロッパでも著名な演出家。めったに来日することのない外国人にインタビューする機会がもらえることのありがたさを感じた。2006年3月29日号 品性を感じた春風亭昇太さん  こちらがオススメの店で食事をしながらのインタビュー。最初に箸をつけた牛タン定食をキレイに召し上がったので、ほかの珍しいメニューもお勧めすると「お箸つけていませんから、スタッフの方で食べて下さい」と。素顔もとっても素敵な方でした。2010年8月23日号 Part.1 >> Part.3 >>

Copyrighted Image