【いまライブで聴くべきバンド】新宿「MARZ」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月伺ったのは、新宿のライブハウス「MARZ」。アイドルイベントやラッパーオンリーパーティーなども行っている新宿らしからぬライブハウスだ。サワヤカな店長に、サワヤカでおしゃれなバンドを紹介してもらった。

2020年型グルーブとポップ、RAPとバンドの最新系 踊Foot Works(オドフットワークス)



 MARZに出演してくれるたびにどんどん進化していて、今すごく勢いを感じるバンドの一つです。耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストからも注目を集めています。

 最近のアルバムにはフューチャリングに、OKAMOTO`Sのドラム・オカモトレイジやAAAMYYYが参加していてバンドの規模感もデカくなってきてますし、HipHopなんですけどキャッチーでPOPさもあって、でもどこかDOPE。シンプルに曲が良いです。KREVAやRIP SLYMEが好きだった世代の人にはストライクしていけるんじゃないかな。
 今後ますます大きなステージへと登って行き、今のメジャーシーンにも切り込んでいけるバンドだと思います。聴きやすいサウンドだけど、ギターとベースはしっかり生音なので、ライブでも聴き応えがあります。Drがいない、ba,gt,cho(track),rapの4人組なんですが音源の良さとはまた違ったスケール感や熱さがあるので、ぜひまずはライブを見てほしいです。

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025882.html
https://twitter.com/oddfootworks


でんぱ組.incへも楽曲提供した!スーパー女子高生、諭吉佳作/men(ユキチカサクメン)





 名前からしてもう目を惹いちゃいますけど、何がヤバイってまだ16歳なんですよ。静岡在住で、東京を行き来してライブ活動も展開しています。

 友人伝いに知ったのですが(その時はまだ中学生だった……)、最初は「あ、良いな」ってシンプルに思いました。
そして、何曲か聴いたあと年齢を知ってびっくりしました、本気でクオリティが高かった。音楽に年齢は関係ないと思うんですけど、彼女の音楽にはすごく興味を惹かれています。

 MARZのイベントにも出演してもらってるのですが、ステージ上の立ち振る舞いも独特で、アーティストとしてもオーラを放ってて、魅力が溢れてるんですよね。純粋に歌上手いし、でもどこか艶やかで個性的でリズム感も良いし、実際会ってみても落ち着いてて大人っぽいんですよ。でもTwitterとか見るとやっぱり女子高生なんですよね。「チーズ食べたい」とか「結婚したい」とか、まあまああな頻度で呟いてて。

 そんな彼女がでんぱ組.incへの楽曲提供が発表された時は全然関係ない自分でもなんかうれしかったですね。今後も注目したいアーティストですが、若い故に世間の期待値が上がりすぎないかなとか、そういうプレッシャーでストレス抱えてないかなとか心配してしまうくらい好きです。

 ライブのアーティストな一面とネットのかわいらしい一面とのギャップが魅力的で、HPやYouTubeもなくあるのはTwitterとブログのみ。音源はサウンドクラウドなどで今の所すべて無料で聞けるのですがブログの文章からも彼女独特の魅力に溢れています。情報も少ない分、いざ生で彼女を見れるライブはきっと心に残るものになると思います、僕がそうであったように。

 今後いろいろな人に発見されて、どこまでも行ってほしいですね。静岡在住なのと高校生なので、ライブを見る機会もまだレアです。思い立った時にライブがあったら本当にすぐ見てほしい。

打ち込みと生楽器の踊れるサウンド!all about paradise (オールアバウトパラダイス)



 2017年1月に結成して、6月よりライブ活動を開始した、まだまだ新しいバンドなのですが、同年9月にはりんご音楽祭2017 に出演して、2018年3月の『りんご音楽祭主催 ゴーゴーアワード』 ではグランプリを獲得していて、成長の足の早いバンドです。

 打ち込みと生楽器が絶妙にゆるい、でも踊れるサウンドを作り出しています。メンバーのキャラも年齢もバラバラなのですが、多分それがすごく音楽的な幅を作っていて、他のバンドにはない個性的な雰囲気をもっているバンドです。特にドラムとギターのおじさんがすごく良い味を出しているんです(笑)。
 彼らのライブでは、邦ロックのバンドとかアイドルとかのライブにある”一体感!コールアンドレスポンス!”って雰囲気は全く無くて、とにかく自由に楽しめると思います。何も強制してこないんですよね。ただ音に身を委ねてるだけで気持ちよくなってくる感じ。

 打ち込みサウンドってノリはいいけどゆるさはないっていうか、「テンション上げていこ!」っていうのが曲から伝わってきて少ししんどくなるものも多いんですけど、やっぱり彼らは打ち込みに生音も組み合わせるから、音にちゃんと隙間があって、それが多分気持ち良さの正体でどこかリラックスさせてくれるんですけど、高揚感もちゃんとあって。気分の上がらない通勤中に聴きたい、ゆるやかにテンションをあげてくれるバンドです。

http://allaboutparadise.jp/
https://twitter.com/aap_jpn?lang=ja

無料イベントも定期的に開催!まずは遊びに行ってみて



 新宿MARZは新宿・歌舞伎町のはずれにある。ホールレンタルではアイドルイベントなどもよく行われる。ライブハウスブッキングのイベントでは、SuchmosやYogee New Wavesイズムのある、肩が抜けるおしゃれサウンドなバンドもよく出演している。

 おすすめのイベントは店長の川端さん主導で定期開催される『YOAKE』というイベント。なんとこのイベント、2ドリンク1200円のドリンク代のみでライブを見ることができる入場無料ライブイベントなのだ!

『YOAKE』では店長も注目する、ネクストバズなアーティストを集めています。

 次回の『YOAKE vol.4』は8月6日開催予定。今店長が注目する、新鋭ソロラッパー、aco maretsを始めとした、現場の流行最先端のバンドが集結!チケットの予約さえすれば入場無料で見られて、当日(500円+2D)でも入れるので予定のない人はぜひふらりと遊びに行ってみて。

YOAKE vol.4
【日時】8月6日(火) 18時30分開場、19時開演
【会場】新宿MARZ
【料金】前売0円 (+2 drink 1200円)、当日500円 (+2 drink 1200円)
【出演】shin sakiura、HOPI、maco marets、Opus Inn
【チケット予約】LivePocket

▼公式ウェブサイト:http://www.marz.jp

森山未來と黒木華「ハっとさせたい」12日ライブ配信でシアターコクーン再始動!
【ART】リアルでも、オンラインでも「PARALLEL ARCHEOLOGY」
井上小百合「100%朗読劇にむかない作品で悩んだ」進化形朗読劇『銀ちゃんが逝く』
関ジャニ∞村上信五の1人舞台が復活 スポーツの日に一夜限りの生配信
『LIVE×ONLINE』THE RAMPAGEが締めくくる!「ランペありがとう!」SNSも盛り上がる
三代目JSB「離れていてもここでつながってる」ファンファーストな配信ライブ、浴衣、モノマネ…リクエストに応え