SearchSearch

あいが格上ウィンに際どい判定勝ち【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

昨年大晦日のデビューから1年で元KOTCアトム級王者と対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われた「RIZIN提供試合」であいが元KOTCアトム級王者のアンディ・ウィンと対戦し、2-1の判定で勝利を収めた。  あいは昨年大晦日に川村虹花戦でプロデビュー。8月のRIZIN、DEEP JWELESで実績を重ね、プロ戦績は4戦4勝。RIZIN女子スーパーアトム級の急成長株だ。  1R、ウィンはプレッシャーをかけ詰めていくがあいは足を使って距離を取り、片足タックル。ウィンががぶって切るがあいはなおも組み付きケージに押し込んでいく。  あいは足を取って振ってウィンにヒザをつかせるがウィンはテイクダウンは許さない。ならばとあいはスタンドでバックに回る。しかしウィンはケージを使い巧みに正対。あいは押し込むがウィンは首相撲からヒザを打ち込んでいく。  一度は離れたあいだがもう一度組み付いてケージに押し込むとウィンはあいの下がった頭を狙いヒザを放っていく。あいは引き倒しテイクダウンに成功し上を取るがパウンドはクリーンヒットせず。

浅倉カンナ「最強のメンタル」がよりパワーアップ【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

KOTCアトム級王者ジェイミー・ヒンショーと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。 「RIZIN提供試合」でベラトールのケージに入る浅倉カンナが「対戦相手は映像があまりなかったのですが、海外のチャンピオンなのでしっかり勝ちたい」と勝利を誓った。  浅倉はアメリカの老舗MMA団体、KOTCのアトム級王者のジェイミー・ヒンショーと対戦する。  ヒンショーはチョークを武器に勝利を積み重ねてきた選手なのだが、浅倉は試合について「今回はケージなので自分の得意のレスリングが生きると思う。そういう展開にしていきたいと思っています」とグラウンドでも一歩も引かない構え。  8月には打撃を中心に試合を組み立て復活の勝利を挙げた。そしてそこからこの間は「フィジカルをパーソナルでやってもらってしっかり取り入れたのでそれが一番練習を変えたところ。打撃が前回の試合で自信になったのでトータル的に戦えればと思っています」などと話した。

アムと対戦の山本美憂「野生的で危ない試合になる」【RIZIN&Bellator】

2019.12.17 Vol.Web Original

「自分のやろうと思っていることをやっていく」

 年末に埼玉のさいたまスーパーアリーナで開催される格闘技イベントに出場するKRAZY BEEの山本美憂とあいが12月17日、都内で公開練習を行った。  あいは「BELLATOR JAPAN」(12月29日)でアンディ・ウィンと、美憂は「RIZIN.20」(12月31日)でアム・ザ・ロケットと対戦する。  この日は2人で2分間のレスリングのスパーリングを行った。  美憂は前戦ではRIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加への挑戦権をかけてハム・ソヒと対戦するも2RにレフェリーストップでTKO負け。今回は仕切り直しの一戦で、浜崎が8月に破ったアムと対戦する。  美憂は前回のハム戦については「ハム選手が上手だった。焦ってやってはいけないことを連発してしまった。そういうことがないように、今回は自分のやろうと思っていることをやっていこうと思う」と振り返った。そして今回の対戦相手のアムについては「スピードがある選手。(浜崎戦は)ムエタイの実績があるから打撃で来るのかと思ったら組みもできる選手だった。両方気を引き締めてやりたい。野生的で危ない試合になると思うが、焦らず自分のペースに持ち込めれば」と警戒した。

あいが腕十字地獄をしのぎ切り判定勝利でプロ4連勝【8・18 RIZIN.18】

2019.08.18 Vol.Web Original
1、2Rに腕十字でひやり
「RIZIN.18」(8月18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)でRIZIN2回目の参戦となったあいがアメリカのタバサ・ワトキンズを3-0の判定で破った。。  あいは昨年大晦日にRIZINでプロデビュー戦を行い川村虹花を1RTKOで下し、今年に入ってからはDEEP JEWELSで2試合を行い2戦2勝。今回の勝利でプロ戦績を4戦4勝とした。  1R、長い足から繰り出すローキックで距離を取るワトキンズに対し、あいはキックをさばいてダブルレッグからテイクダウンに成功。柔術をベースとするワトキンズは腕を抱え下から攻撃を狙う。  あいが腕を抜いてヒジを落とすがワトキンズは下から右腕を取り腕十字の体勢に。腕が伸びたようにも見えたがあいは左腕のクラッチを離さずリフトし、頭部に蹴りを放ち脱出。コーナー際でワトキンズに踏みつけを狙うが今度はワトキンズはその足を狙いに行く。  しかしあいは上を取ると腕を殺して重いパウンドを連打。離れて猪木アリ状態からなおも踏みつけを狙うが、今度もワトキンズが足を狙う。ここでもあいはワトキンズをつぶして鉄槌の連打で削っていく。

RIZIN2戦目のあいが「勝ちにこだわる試合をしたい」【8・18 RIZIN.18】

2019.08.16 Vol.Web Original
あい「だいぶ49kgで戦う体になりつつある」
「RIZIN.18」(8月18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の前々日会見が8月16日、名古屋市内のホテルで開催された。  昨年大晦日にRIZINでプロデビューした、あいがRIZIN2戦目に臨み、アメリカのタバサ・ワトキンズと対戦する。あいは今年はDEEP JEWELSで2試合を行い2戦2勝。プロ戦績を3戦3勝としている。今回は初の国際戦となる  あいは試合については「勝ちにこだわる試合をしたいと思っている。“ここで勝っておかないと”という気持ちと、年末に向けて“ここは絶対勝ちたい”という気持ちがあります」と今後のRIZINでの女子戦線に向けて、必勝態勢であることを明かした。  今回の試合に向けて「フィジカルの強化と体重を増やすことをしてきた。前回と比べると5キロくらい増えている。今回はちゃんと減量をして臨むことができた。前回は減量なしだったのでその分、力も弱かったと思う。自分のベストは20歳くらいのころ。そのころに戻す努力をしている。だいぶ49kgで戦う体になりつつある。もうちょっと足りないかなとは思っているんですが…」などと大晦日に比べてパワーアップしてきたよう。  対戦するワトキンズについて「いろいろ試合を見させていただいたが、腕十字が上手という印象」。腕十字といえば「格闘代理戦争」で古瀬美月に“見込み一本”で敗れた技とあって「それを引きずっていた部分もあるので、今回は腕十字が上手な相手に勝っていいように終われたら」などと話した。

あいがBellator参戦の強豪相手に「勝って終わらせたい」【8・18 RIZIN.18】

2019.08.06 Vol.Web Original
柔術がベースのタバサ・ワトキンズと対戦
「RIZIN.18」(8月18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)に出場するあいが8月6日、都内にある所属ジムのKRAZY BEEで公開練習を行った。  あいは昨年大晦日の「RIZIN 平成最後のやれんのか!」で川村虹花を相手にプロデビューに臨み、1RにグラウンドパンチでレフェリーストップによるTKO勝ちを収めデビューを飾った。  今年はDEEP JEWELSで國保小枝にパウンドの連打で1RTKO、山口さゆりにスリーパーホールドで2Rに一本勝ちと現在プロ3連勝。  今回はアメリカのタバサ・ワトキンズと対戦する。ワトキンズは柔術をベースとしたファイターでアマチュア時代にはRIZINにも参戦したことがあるシーナ・スターにアームバーで一本勝ちを収めている。2017年にプロデビューを果たすと3連勝。2月のBellator215では6月の「Bellator222」でRENAに一本勝ちしたリンジー・ヴァンザントと対戦し、TKOで敗れてプロ初黒星。ここまで5戦3勝2敗で2つの一本勝ちを記録するなど極めの強さが売りのファイターだ。

KIDの最後の弟子・あいが川村虹花に1RTKO勝ちでデビュー戦飾る【12・31 RIZIN】

2018.12.31 Vol.Web Original
テイクダウンからパウンドの連打で決着
「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場した「最強地下アイドル」仮面女子の川村虹花は第1試合であいと対戦。1R3分1秒、TKOで敗れた。  入場シーンではまず先に仮面女子のメンバーが花道に現れる。そして扉が開くとチェーンソーとマスクといういつものいで立ちで川村が登場し、仲間が踊る花道をゆっくり歩いて入場。特に緊張する様子もなくリングインした。  一方のあいはスローな和風の音楽の中、ゆっくり花道を進む。こちらもリラックスした表情。  試合はRIZINチャレンジルールの5分×2R。あいはレスリングシューズを履いてのファイトとなった。

川尻が「平成最後の大晦日」に激熱メッセージ【12・31 RIZIN】

2018.12.30 Vol.Web Original
「平成最後の大晦日が、平成で一番刺激的だったと、みんなの記憶に残るように」
「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の公開前日計量が12月30日、さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナで開催された。  全選手が規定体重をクリアし、全試合が成立した。  計量後にはメーンに出場する川尻達也と北岡悟がマイクを握り、「自分、明日思いっきり戦います。ファンのみなさん、よかったら思いっきり楽しんでください」(北岡)、「いよいよ明日、この日がやってきました。僕たち、ここにいる全選手が全て持っているものオールインして、リングの上で全て出し尽くして闘いたいと思います。平成最後の大晦日が、平成で一番刺激的だったと、みんなの記憶に残るように、選手やこの会場にいるみなさん一緒に盛り上がりましょう!」(川尻)とそれぞれ詰め掛けたファンに熱いメッセージを送った。

最強地下アイドル・川村虹花「とにかく勝つ」と強い決意【12・31 RIZIN】

2018.12.30 Vol.Web Original
批判的な意見には「試合で証明して行きたい」
「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月29日、東京都内で開催された。  RIZIN初参戦を果たす「最強地下アイドル」仮面女子の川村虹花は会見で勝利に対するどん欲な姿勢を見せた。  川村は第1試合で「格闘代理戦争3rd シーズン」に出場していたKRAZY BEEのあいと対戦する。  川村はRIZIN出場を目指した理由について「アイドルがRIZINに出ることはなかったことだし、総合格闘技に挑戦することで歴史を変えたいというか、アイドルでもできると世間の皆さんにも知ってほしいと思った」などと話す。この挑戦については応援してくれるファンの声もある一方で、批判的な意見もあるということを自ら認めたうえで「試合で証明して行きたい」と強い決意を語った。  第1試合は大会の盛り上がりに大きく影響する重要なポジション。どうしてもスペクタブルナ試合内容が期待される傾向がある。しかし川村は「盛り上げるために結果負けてしまうケース」と「とにかく勝つ」という究極の選択を迫られたらと問われるとちゅうちょすることなく「とにかく勝つこと」と答えるなど勝利へのあくなき姿勢を見せた。

大晦日のメーンはメイウェザーvs天心【12・31 RIZIN.14】

2018.12.23 Vol.Web Original
タイトルマッチ2試合はメイン前、RENAは第1試合からリスタート
 大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.14」と「RIZIN 平成最後のやれんのか」の試合順が12月23日、発表された。 「RIZIN.14」のメーンの第14試合はフロイド・メイウェザーvs那須川天心のスペシャルエキシビションマッチとなった。カード発表会見時の囲み取材で榊原信行RIZIN実行委員長はメーンにはしないことを示唆していたが、那須川の公開練習に海外のメディアが駆けつけるなど世界的に大きな反響を呼んでいることからメーンで行われることになったと思われる。  セミの第13試合で堀口恭司vsダリオン・コールドウェルの「RIZINバンタム級タイトルマッチ」、その前の第12試合には浅倉カンナvs浜崎朱加の「RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ」と新設される2つのタイトル戦が並んだ。  第1試合はRENAvsサマンサ・ジャン=フランソワ。これはRENAが会見でリスタートということで「第1試合でやらせてもらえれば」と希望したことから実現したもの。RENAは総合格闘技初戦となった2015年のRIZIN初の大晦日大会でも第1試合を務めている。

川村虹花「気持ちは負けていない。自分を信じて戦いたい」【12・31 RIZIN】

2018.12.14 Vol.Web Original
ライブ明けにもかかわらず3分×2Rの練習公開
「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で対戦する川村虹花とあいが12月14日、東京都内のKRAZY BEEで合同の公開練習を行った。  このカードは川村が所属するアイドルグループ「仮面女子」のライブ会場で前日夜に急きょ発表。川村もこの日の公開練習についてはライブ後に知らされるという慌ただしいものだったが、3分間のミット打ちと3分間のグラップリングのスパーを披露した。  練習後に行われた会見では、あいとの試合について「レスリング出身ということで、同じジムの村田夏南子さんにレスリングを教えてもらおうかと思っている。タックルは切りたい。テイクダウンさせないように、テイクダウンされても寝技でもいけるようにしたい」などと話した。

Copyrighted Image