ガッキーと瑛太が高校生に恋愛指南「告白は全部かんで言え」

2017.10.19 Vol.Web Original
 話題の映画『ミックス。』の公開を控え、18日、都内で「恋のミックス。大集合」イベントが行われた。都内で男子校と女子高に通う現役高校生に向けたイベントで、W主演するガッキーこと新垣結衣と瑛太が出席した。  登場するなり会場には高校生の「ガッキー!」のコールと歓声でいっぱいに。瑛太は「……瑛太っていうのが聞こえなかったですね」と拗ね気味にあいさつすると「名前だけでも覚えて帰って。照栄ではありません、瑛太です!」と強調した。  卓球をテーマにしたロマンティックコメディ映画。トークショーで自身の学生時代について聞かれたガッキーは「(異性に対して気持ちを)伝えられないって感じったかな。中学生のころは沖縄で過ごしていていて田舎のほうだったので、男女っていうよりもみんな友達、みんな仲良しって感じでした。東京に出てきてからは女子高だったので(異性には)そもそも接する機会もなく。お仕事で出会う人も仲間って感じなんで……(会場の高校生)みんないいなあ」。  男子校に通っていたという瑛太も「登下校の時に、電車のなかで遭遇する女子高生を見ていたぐらいですね。ルーズソックスか紺色のハイソックス、どっちが好きかって毎日気分で変わってました。直接話す機会はなかったです……」と、振り返った。  この日、ガッキーらは現役高校生の恋の悩み相談相手に。  男子からの好きな人にどう告白したらいいか分からないという相談に瑛太は「全部かんで言う。す、すすぅだぁすううあああ、はあい、みたいな。通じると思いますよ。興味はなかったとしても、女の子はあなたに興味を持つと思う」。相談した男子はガッキーを好きな人に見立てて瑛太からのアドバイスを受けて告白練習。ガッキーは「……かわいいな。頑張れって言いたくなる感じはあります。本当に好きな人が答えをだしますから」と、エールを送った。  そのほかにも、男子からの「女の人とうまく話せない」という悩みに、瑛太は「しゃべらなくていいですよ。僕も男3人兄弟で女の人とうまく会話とかできないし、それで高校も男子校に入っちゃったし。…うーん、女子高の前で倒れておくっていうのはいいんじゃないかな。絶対、大丈夫ですかって声をかけられるから。それか、しゃべれないなら見る。見て、見て、見て、目が合った瞬間外すっていうね。女の子が携帯を見てたら正面から何やってるの?って聞いてみたら」。ガッキーは「シャイなのはいいと思いますよ…学校の前に倒れられているよりも。近づいちゃいけないなってスルーしちゃうかも(笑)」と、微妙な表情だった。  映画は21日公開。

ガッキーがユニクロCMで新ダンス

2017.03.06 Vol.685
 新垣結衣が出演するユニクロの新CMが6日からオンエアになる。心地よさと女性らしさの両立を叶える「ドレープコレクション」のCMで、「ゆるりと着て、凛とする(ゆるりん)」のコンセプトを“ゆるりんポーズ”で表現する。  新垣は「ユニクロのゆるりんアイテムは、長い撮影の日などでも楽に過ごせるところが、すごくいいなと思っています」と、お気に入りの様子。「色も形もシンプルなので、小物によっていろいろなシーンで活用できそうです。私服ではカジュアルになりがちなので、ゆるりんアイテムの楽なのに上品に見え、大人な気分になれるところが、これから新生活を迎えるみなさんにも良いなと思いました」と、コメントをよせている。 「ドレープコレクション」は、ゆるりとした素材感やウエストにゴムを採用することなどによって、楽なのにきちんとして見えて、綺麗なシルエットを実現するコレクション。  

ガッキー、リニューアルした新「十六茶」をPR

2017.02.07 Vol.683
 ガッキーこと新垣結衣が6日、都内で行われた「2017年 十六茶ブランド戦略発表会」に出席した。これまで9年にわたり同製品のCMに出演してきたガッキーは7日に発売されるリニューアルした「十六茶」のCMでもキラキラした笑顔を振りまく。発表会でガッキーは「9年はすごく長い。ありがたいです」と話した。  商品のリニューアルに合わせて、昨年展開して好評だった「マイブレンド体験」を全国で実施する。ハトムギ、大麦、ハブ茶、エゴマの葉、ゆりねといった健康素材から好きなものを選んで自分でブレンドし、自分だけの「マイブレンド十六茶」を楽しめるというもの。  発表会では、ガッキーもマイブレンドに挑戦。「おいしさ出てこーい!」とCMのセリフとポーズでキメようとするも、照れ笑い。「元気なのはCMで見てください」と弁解した。  ドラマ、そしてCMと、精力的な活動を展開している。今後挑戦してみたいことを聞かれると、「仕事じゃなくてもいいですか? 細かい作業がわりと好きなのでアクセサリーづくりとかとか。アートクレイシルバーとか、手軽にできるものを」と、前のめりだった。

『リーガルハイ・スペシャル』堺雅人が「法廷で正論」?

2014.11.13 Vol.630
20141113b.JPG
 堺雅人と新垣結衣が主演する人気ドラマシリーズ『リーガルハイ』のスペシャル版(22日放送)の完成披露試写会が13日、都内で行われ、堺、新垣ほか、大森南朋、吉瀬美智子、剛力彩芽の主要キャストが舞台挨拶にたった。堺は、「これまでのファンの方、初めての方も楽しんでいただける作品になっていると思う」。新垣は「今までとは一味違う。古美門先生はドストレートなんですが、最後には何枚も上手ってところを見せてくれます」と、PRした。

 2度目となるスペシャルで扱うのは、医療過誤。堺は「今回は『白い巨塔』のオマージュになっていて、僕たちのふざけてる部分とふざけてない部分がうまい具合にミックスされています。『白い巨塔』のファンにも見ていただいてお叱りの言葉をたくさんいただきたい」と、作品を紹介した。

 とはいえ、やはり見どころは法廷シーン。堺&新垣演じるテコボコ弁護士コンビが、大森南朋演ずる"たかり"専門の弁護士と正面から対決する。

 同シリーズでの堺の演技や法廷でのセリフ回しやスピードを見て、「リーガルハイの話が来ても絶対受けない」と思っていたという大森は、「(法廷シーンは)小劇場というか、演劇の本番をやるような感じで大変な緊張感でしたけど、楽しくやらせていただきました。堺君のすごい芝居も見せていただいて、この人は前走ってるなって思いましたね」と、絶賛。

 それを受けて堺は、「法廷で初めて正論を吐いたと思います。久しぶりにまともなセリフを言った気がしますね」としたうえで、「掛け合いががあって、(相手から)もらったパワーでやってます。南朋さんの芝居がすごく良かった」と、振り返った。


 フジテレビ系にて、22日午後9時放送。他出演は、古谷一行、東出昌大ら。

Copyrighted Image