「あな番」終えた田中圭、お父さんからご褒美のチュ?

2019.09.09 Vol.Web Original
 田中圭が9日、都内で行われたソフトバンクの新サービス記者発表会に登壇した。田中は笑顔で登壇すると「『あなたの番です』の最終回で白のタキシードを着たので、今日は黒のタキシードできました」とあいさつした。

乃木坂46白石麻衣、SNSやらないけど「SNS映えみたいな写真撮ります」SB新CM8日オンエア

2019.06.07 Vol.Web Original

 乃木坂46の白石麻衣が出演するソフトバンクの新CM、Google Pixel 3a『半額ブギウギ』篇のオンエアが8日スタートする。  CMは少しレトロテイストで、歌謡曲『東京ブギウギ』をアレンジした『半額ブギウギ』で、Google Pixel 3aを紹介。キュートなダンスも披露する。振り付けは振付稼業 air:manが担当している。  白石は「セットも衣装もすごく可愛くて、自然とハッピーな気持ちになれました! ダンスもすごく楽しく、これは作り込みすぎずに楽しもう!と思って、自然体の笑顔を出せるように意識しました」。  CMは、ソフトバンクの料金キャンペーン「半額サポート」と、夜景を綺麗に撮影できる高性能カメラなどを備えたGoogle Pixel 3aをPRするもの。「SNS映え」するような写真をよく撮るという白石だが「SNSはしていないので、載せるところは無くて(笑)。家族や友達、メンバーに見せたりします」とのこと。  CMに合わせて、WEB動画も同時配信される。

岡田准一、太鳳、白石、匠海を束ねSB新CM「世界の映画クラス!」

2019.01.11 Vol.Web Original

 ソフトバンクの新CMシリーズ 「ギガ国物語」のオンエアが12日からスタートする。出演は、岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海。 「ギガ国物語」は、慢性的なギガ不足に悩む「ギガ国」を、岡田演じるリーダーのオカダ、タオ、シライシ、タクミの 4 人の旅人と、高性能AI搭載ロボットのサトウが旅をするというストーリー。「国民は、外で動画を見ることに怯えています」といったレポートに、オカダは叫ぶ。「この国は、どうが(動画)してるぜ」。  岡田は、細部までこだわったセットを「衣装なども含めて、映画関係者がうらやむようなス ケール感ですね。世界の映画クラスだと思います」とコメント。土屋や白石の扮装についても、「めっちゃ戦えそう」と大絶賛だった。    新テレビCMは、『はじまり』篇と『Wi-Fi 難民』篇の2種がある。

【動画付き】工藤監督と現役プロ野球選手が子どもたちに一足早いクリスマスプレゼント

2018.12.02 Vol.web original
夢の課外授業郊外型スタイル 〜チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2018〜  2年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの監督・工藤公康が毎年12月に開催している野球教室「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2018」(主催:二十一世紀倶楽部、夢の課外授業実行委員会)が2日、東京・神宮室内野球練習場で開催された。

SB工藤公康監督、福岡の小学生に『夢の課外授業』

2018.01.22 Vol.Web Original

 プロ野球ソフトバンクの工藤公康監督が22日、福岡市の城原小学校で特別授業を実施し、キャッチボールやピッチングトレーニングで、児童たちと一緒に汗を流した。  監督は歓迎を受けて登壇すると、夢についてトーク。小学生の頃から続けてきた野球を辞めずに努力を続けたことが今につながっているとし、夢を実現するためには自分の夢を人に伝えるとともに、できることを行動に移すことが大切と話した。また、努力は誰かに認められたいから努力するのではなく、自分と向き合ってする事で夢や目標に近づいていけるとした。 「迷ったり悩んだりしたときは相談して自分を良くするための方法論を学んでほしい。失敗しても前に進むことが大切です。自分もずっと夢を追い続けて、自分を信じて前に進んで行くのでみなさんも頑張って」とエールを送った。  授業ではまた、今期のソフトバンクのテーマでもある『もう1頂』についても触れ、合言葉のように日常でたくさん使って欲しいとユーモアを含めて話し、児童たちの笑いを誘っていた。  授業は、子供たちが夢や目標を持つためのきっかけづくりを目指す『夢の課外授業』(主催:二十一世紀倶楽部)の一環として行われたもの。この授業では、和田毅投手も登壇している。

工藤監督率いるソフトバンクが2年連続7度目の日本一

2015.11.05 Vol.654
 プロ野球の日本シリーズはソフトバンクが4勝1敗でヤクルトを退け、2年連続7度目の日本一に輝いた。  工藤公康監督は史上10人目となる新人監督によるシリーズ制覇を成し遂げた。  シリーズが始まる前から「ソフトバンク有利」の見方が多い中、直前になって主将で4番の内川のケガが発覚。欠場となったが厚い選手層で内川の穴をカバー。福岡での1、2戦を連勝し、神宮に乗り込んできた。  しかし第3戦でヤクルトの山田に1試合3本塁打を打たれ、8-4で完敗。一瞬嫌なムードが漂ったものの、続く第4戦は内川に代わり4番に座る李大浩が3安打4打点の大活躍。前日に勢いづかせてしまった山田を完璧に抑え込み、6-4で競り勝ち王手をかける。第5戦も4回1死三塁で李が先制2ラン。左翼ポール際の際どい当たりにヤクルトの真中監督が抗議。シリーズ史上初のビデオ判定が行われたが、判定は覆らず、ヤクルトの出鼻をくじくとそのまま5-0で日本一に輝いた。  李は第1戦で3安打、第2戦は試合の均衡を破る1号2ラン、第4戦は先制打を含む4打点、そして第5戦は先制2ランと、5試合で打率5割、2本塁打、8打点の活躍でMVPに輝いた。  工藤監督は「重圧をよくはねのけてくれた。僕がみんなを胴上げしたい」と選手たちをねぎらった。

iPhone 6 発売に日本が沸いた! ソフトバンク「ビッグウェーブ乗った」

2014.09.19 Vol.627
 最新スマートフォンiPhone 6とiPhone 6 Plusが19日発売され、世界はiPhoneフィーバーに沸いた。日本においては、発売日前夜どころか数日前から各キャリアの店舗前に行列を作る人が現れ、アップルストア前では地下鉄一駅分に及ぶ行列を作って話題を集めた。  日本で、キャリアのなかでは最も早くからiPhoneシリーズを販売してきたソフトバンクは、同表参道店で発売セレモニーを開催。午前8時には200人超が行列に並び、同社の宮内謙代表取締役副社長兼COO、ゲストの女優・声優・タレントの神田沙也加、ロボットのPepperとともに、カウントダウンで発売を祝った。   一番最初に手に入れたのは、ビッグウェーブ男ことButchさん。iPhoneの行列ではおなじみの男性で、16日の昼から並んだという。iPhone 6のシルバーを手にすると、宮内副社長とハグ。「正直ドキドキして足が震えています。毎回並ばせていただいて、もう6年目。やっと1番取れました! ようやくビッグウエーブに乗れました」と、手放しで喜んだ。一番最初にしてみたいことは「電話したい。3Gの時からそうしてるんですが、喜びを伝えたい。ずっと使い続けているので、ネットワークが良くなっていることも実感しています。今後もソフトバンクのiPhoneを使わせていただきたい」と、話した。  宮内副社長は、新しいiPhoneとともに、より強くなったネットワークと、「この3カ月、立て続けにスマートフォン顧客満足度ナンバーワンをいただいています」と、顧客サービスや豊富なコンテンツなど同社の高い満足度をアピールした。

Copyrighted Image