米ツアー通算82勝のタイガー・ウッズが東京五輪に意欲

2019.11.09 Vol.724
 米男子ゴルフツアー大会として日本で初めて開催された「ZOZOチャンピオンシップ」(千葉県・習志野CC)の決勝が10月28日に行われ、タイガー・ウッズ(米国)がツアー史上最多に並ぶ通算82勝目を挙げた。  記録的な大雨で25日の第2ラウンドが中止になり、27日は第3ラウンド後に最終ラウンドを行う強行軍。日没までの11ホールを行い、28日に早朝から残り7ホールを行った。  出だしの12番(パー4)で第2打をグリーン手前のバンカーに入れ、ボギー。くねくねと曲がるスネークラインの芝に苦しめられ、一時は前の組の松山に2打差にまで迫られたが最終18番で4メートルのバーディーパットを沈め、最後に突き放した。「精神的にきつかった。ヒデキは手ごわかった」と試合を振り返った。  43歳とあって、ここ数年は故障との戦いもあった。古傷の左膝は、今年8月には5度目手術を受けた。そんな満身創痍での優勝で大会前は10位だった世界ランキングが6位へ浮上、五輪出場圏内に入った。「ぜひ、米国代表として出たい。来年、44歳になるので今後、何回チャンスがあるか分からない」などと東京五輪へも意欲を見せた。

復活のタイガー・ウッズが「大統領自由勲章」受章【NEWS HEADLINE】

2019.05.12 Vol.718
 男子ゴルフのマスターズ・トーナメントで14年ぶり5度目の復活優勝を果たしたタイガー・ウッズが「大統領自由勲章」を受章した。  自由勲章は政治や外交、文化などの分野で卓越した貢献をした人物に贈られるもので、米政府が民間人に授与する勲章としては最も位が高い。プロゴルファーではこれまで故アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、黒人初の米PGAツアーメンバーである故チャーリー・シフォードが受章。ウッズは4人目となる。  トランプ大統領は授与式で「真の伝説的存在で、ゴルフの世界を変えた希代の運動選手」と称賛した。  ウッズは「大変な栄誉。皆さんの支援でここまで来られた」と言葉を詰まらせながらスピーチした。

Copyrighted Image