SearchSearch

本田が復活弾も逆転負け

2014.06.20 Vol.620

 日本は14日(同15日)、コートジボワールと対戦し、1−2で敗れた。日本は前半16分、左サイドの長友からのパスをペナルティエリア内で受けた本田が左足で豪快に決め先制。しかし雨と湿気にスタミナを奪われたか、動きが落ちた日本。一方コートジボワールは後半17分にドログバを投入するや動きが一変。後半19分にボニー、21分にジェルビーニョがネットを揺らし逆転した。

 日本は後半9分に遠藤、逆転された後の22分に大久保を投入したが流れを変えることはできなかった。2失点は同じような形で左サイドを崩されてのもの。課題が残る敗戦だった。

ザックジャパンはどこまで勝ち進めるのか!?

2014.06.06 Vol.619

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会が6月12日(日本時間6月13日)に開幕する。アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表はどんな戦いを見せてくれるのか? 開催国のブラジルは1950年に自国開催で優勝を逃した「マラカナンの悲劇」の悪夢を払しょくすることができるのか? ニュースターの誕生は? 7月13日(同14日)の決勝まで32日間の熱い戦いが繰り広げられる。

強化試合で内田、香川、柿谷がゴール決める

2014.06.06 Vol.619

 サッカー日本代表はワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、27日に埼玉スタジアムでキプロス代表と対戦。1−0で壮行試合を飾った。

 日本は直前までの国内合宿の疲労があり、前半はやや動きが悪かったが前半43分、ゴール前の混戦から詰めたDF内田篤人(シャルケ)がこぼれ球を決め先制。2月のリーグ戦でケガをして以来の実戦だったが、順調な回復ぶりを見せた。日本は後半開始から長谷部誠(ニュルンベルク)、後半13分に大久保嘉人(川崎)がピッチに入ると動きが一変。追加点こそあげられなかったが、何度もチャンスを作り出した。

 日本代表は29日に事前合宿地の米フロリダ州タンパに移動。2日にはコスタリカ代表と強化試合を行い3−1で逆転勝ちした。日本は前半31分に先制点を奪われたが、後半15分に遠藤保仁(G大阪)の得点で追い付き、35分に香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)が決めて勝ち越し、終了間際に柿谷曜一朗(C大阪)が追加点を挙げた。

 ザッケローニ監督は「前半からボールを動かした結果、相手(の運動量)が落ちた」と前半終了後に下げた大久保、青山らの働きも認め、「アイデンティティーを貫くのはすごく大切。力のある国に1点取られても仕方がないというメンタリティーで臨むことも必要」と、攻撃的姿勢を終始失わなかった選手たちを高く評価した。しかし翌日には「チャンスが多かったのに決めきれず、ミス絡みで失点した。W杯では命取りになる。マークをしっかりしよう」と浮き彫りとなった課題も指摘した。

 今シーズンは監督が代わったこともあって出場機会に恵まれず、リーグ戦では無得点に終わった香川と、Jリーグで1得点といまいち調子に乗り切れていない柿谷がゴールを決めたのはチームにとっては朗報。しかしこの2試合を通じて、エース本田の調子が上がってこないのは気がかり。15日のコートジボワール戦まで残された時間は少ない。

美嘉とミリヤがサッカー日本代表に強力エール

2014.06.06 Vol.619

 ソニーによる、2014 FIFAワールドカップ スペシャル・イベント「ONE STADIUM at Sony Building」のオープニングセレモニーが3日、同所で行われ、中島美嘉と加藤ミリヤが出席した。2人は、2014 FIFA ワールドカップの公式アルバムに日本代表としてタッグを組んで参加している。中島は「悔いのないようにパワーを出しきってほしい。精いっぱい応援したい」。加藤は「ワールドカップ開催をすごく楽しみにしていたので、一生懸命応援したい」とサッカー日本代表にエールを送った。

 同イベントは、日本とブラジル、お互いの想いや情熱、感動などを共有することで、W杯をリアルに感じられるイベント。ブラジルで活躍する選手たちにメッセージを書き込んだり、セルジオ越後や世界のサッカーファンによる現地リポートなどにふれられる。また、4Kシアターでは大会のダイジェスト映像も上映。さまざまな角度から、大会を楽しめるような企画になっている。

 7月13日まで開催。

神宮前にサッカー日本代表応援拠点

2014.06.06 Vol.618
20140606a.JPG
 サッカー日本代表を応援する拠点「nakata.net.Cafe@Audi forum Tokyo」が、ワールドカップ開催期間中の6月12~25日の期間限定でオープンする。サポーターが集える場所を提供するのに加えて、ブラジルの家庭料理やスイーツ、ドリンクなどを提供する。

 同カフェは、同時期に伝統文化や食を通してジャパンスタイルを提案することを目的にブラジル・サンパウロで展開する「nakata.net.Cafe@サンパウロ」とAudi forum Tokyo内のカフェ「Audi Cafe produced by CITABRIA」がコラボレーションするもの。ブラジルの国民食である豆を使った「フェイジョンカレー」や、ソーセージ「リングイッサ」などブラジルの味を楽しめるほか、サンパウロで提供される日本酒や焼酎も販売。ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」を日本酒や焼酎でアレンジした「SAKEカイピリーニャ」も提供する予定だという。

 詳細は、nakata.net(http://nakata.net/)で。

「リカちゃん」がサッカー日本代表を応援

2014.05.21 Vol.617
20140521b.JPG
 人気の着せ替え人形「リカちゃん」がサッカー日本代表チームを応援する。

「リカちゃん」を販売する株式会社タカラトミーは20日、「サッカー日本代表チームモデル リカちゃん 2014」を、6月12日に発売することを発表した。8000体の限定で、全国の玩具専門店や百貨店、量販店などで販売される。

「リカちゃん」のウェアは、現在のサッカー日本代表チームが着用するユニフォーム柄をモチーフとしたもの。左胸に日本国旗とサッカー日本代表チームのエンブレムがついていて、背番号は12。さらに、ジャパン・ブルーのシュシュで髪を結んでいる。3600円+税。

Copyrighted Image