SearchSearch

深海生物は冬が“旬”!? 「ゾクゾク深海生物2021」

2021.01.15 Vol.737
 深海生物に焦点を当てたイベント「ゾクゾク深海生物2021」が1月15日より池袋・サンシャイン水族館にてスタート。5回目の開催となる人気企画。今回は「見てなるほど!食べてなるほど!知ってなるほど!」をテーマに、深海生物の魅力を多彩な切り口でたっぷりと紹介する。  注目は、期間中限定設置の特設水槽。深海生物は生息水温が低いため、海水の表面水温が下がり、深海生物への影響が最も少ない冬にしか採集できない。サンシャイン水族館では、実際に飼育スタッフが採集に挑戦し、採れた生き物をこの特設水槽で展示する。オオグソクムシ、メンダコ、アカグツ、ボタンエビなどが見られる予定だ。また今回は日本近海の深海に生息するアカザエビに注目。生態解説や名前の由来、その特徴などを特設水槽で紹介する。日本全国でも飼育している水族館がサンシャイン水族館を含め2館しかないゾウギンザメの飼育記録なども公開する。

都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も

2020.05.30 Vol.Web original
 東京都内や近郊の水族館・動物園が、続々と営業再開を発表。海の生き物や動物たちに会える機会がようやくやってきた。5月30日時点で再開日を公式発表している施設を紹介する。  「マクセル アクアパーク品川」は、6月1日(月)より営業再開。営業時間は10:00~17:30(最終入場17:00)で、感染拡大予防対策として、密集が予想されるドルフィンパフォーマンスや、フィーディングタイム、ふれあいプランなどのイベント・プログラムは中止するほか、屋内・至近距離で発声の可能性があるアトラクションは運休する。  「しながわ水族館」は、 6月1日(月)より営業再開。営業時間は、10:00~17:00(最終入館16:30)で、各ショーや、フィーディングタイム、イルカにタッチ、プロジェクションマッピング、ふれあい水槽は中止する。

ちょっぴり大人♡な海の生物の“性の世界”

2019.09.23 Vol.722

 海の生き物たちの「性」に関するコンテンツを体験できる、夜のサンシャイン水族館「性いっぱい展」を開催。“生き物たちの性の多様性”をコンセプトに、館内を「歓楽街」と「ムーディーなお部屋」ゾーンに分け、普段は見ることのできない夜の世界を展開する。

ダイビング好きのこじるりも絶賛!「ペンギンが鳥だということを思い出した!」

2017.07.12 Vol.694
 池袋のサンシャイン水族館の新エリアオープニングセレモニーが12日、同館にて行われ、タレントの小島瑠璃子と人気子役の新井美羽が登場。世界初の展示方法という〈天空のペンギン〉をはじめとする新エリアを楽しんだ。  ビル群を背景にペンギンが泳ぎ回る姿を、横からも真下からも眺めることができる大型水槽〈天空のペンギン〉に、水族館好きという2人も大興奮。新井は「こんなふうにペンギンを見たのは初めて」と大喜び。小島も「まるで空を飛んでいるようですね。ペンギンが鳥だということを思い出しました。泳ぐペンギンのお腹を見たのは初めてかも」と語り「まるで自分が水中にいるみたい。ダイビングしている感覚と似てます。できるなら一緒に泳いでみたい(笑)」と、すっかり魅了された様子。    ケープペンギンの生息地での生活を再現した〈草原のペンギン〉や、モモイロペリカンを真下から見上げる〈天空パス〉などが紹介されたほか、夜にはライトアップも楽しめると聞いた小島は「デートで来れたらいいんですけどね…(笑)」。    リニューアルオープン初日のこの日は、開館と同時に多くの入場客も来場。世界初展示を含む都会の“天空のオアシス”を満喫していた。

さかなクンと井上咲楽が水族館で夏祭り「スギョ~~~イ!」

2017.07.11 Vol.694
 すみだ水族館の夏のイベント「東京金魚ワンダーランド」と「水木しげる × すみだ水族館 水の妖怪トンネル」が10日、公開された。発表会には、さかなクンと現役女子高生タレントの井上咲楽がゲストとして登場した。 「東京ワンダーランド」をいち早く体験したさかなクンは「夏が来た~! お祭りだ~!」と大喜び。飴細工の実演には「スギョ~~~イ!! クラゲみたいだった飴が本物の金魚みたいになった!」と大興奮だった。
 井上は「金魚はもちろん、水木しげるさんとコラボレートした妖怪トンネルに人魂とかもあってびっくりしたので、ぜひみてほしい」としっかりとPRしていた。 「東京金魚ワンダーランド」(~8月31日まで)は日本最大級の金魚展示。全長100メートルにおよぶ金魚の展示エリアでは、色も形もさまざまな約20品種、約1000匹の金魚が鑑賞できる。金魚ちょうちん、金魚の飴細工の展示など空間は金魚づくしで、金魚ソーダなどイベントに関連した特別メニューも登場する。 人気展示エリア「クラゲの万華鏡トンネル」を漫画家水木しげるが描いた水にまつわる妖怪たちで演出する「水の妖怪トンネル」は15日にスタート。

すみだ水族館で見下ろす花火スタート

2015.07.16 Vol.645
20150716d.JPG
 見上げるんじゃなくて、見下ろす花火? すみだ水族館で18日、ペンギンプールを利用したプロジェクションマッピング『ペンギン花火』がスタートする。

『ペンギン花火』は、ペンギンプールの底面全体に花火をイメージした映像を音楽とともに投影する約8分間のショー。青や緑、赤などの花火が浮き上がるように映し出され、すいすいと泳ぐペンギンたちとコラボする。このショーは、ペンギンたちが光を追いかけて泳いだり、もぐったり、啄んだりする姿も見られるという新しいタイプの行動展示を目指すという側面もあるという。
 
 ショー全体を見るならペンギンプールを見下ろせるスロープで、ペンギンの行動を見たい場合には水槽近くなど、いろいろな楽しみ方ができそうだ。

 スタートを控えた16日に行われたオープニングイベントには道端アンジェリカらが浴衣姿で出席。ペンギン、そして光と音楽のコラボレーションに「幻想的。映画みたい!」と、興奮していた。

 ショーは、7月18日から8月31日まで毎日、16時以降毎正時、1日5回行われる。

Copyrighted Image