SearchSearch

アジア最大級のグローバル通販サイト「Pinkoi」、設立10周年でNoritakeとコラボ!

2021.07.21 Vol.743

 台湾発、アジア最大級のグローバル通販サイト「Pinkoi(ピンコイ)」。「『Design the way you are.』をコンセプトに、デザインに特化した世界中のアイテムをご紹介しています。審査制を設け、クオリティーやオリジナリティーを重要視しています。日本でのサイトオープンは2014年で、文房具、アクセサリー、インテリアが人気です」と、PRマネージャーの安部めぐみさん。

 今回の「Pinkoi」10周年記念プロジェクトとは?

「台湾での設立とサイトオープン10周年を記念して、第1弾のひとつが『Pinkoi × Noritakeコレクション』です。PinkoiとイラストレーターのNoritakeさんがコラボレーションし、『In The City』をテーマに東京・台北・香港の3つの都市をイメージしたイラストを描き下ろしていただきました。東京は招き猫、台北は小籠包、香港は質屋の看板と、その街のワクワクするポイントを捉えていますよね。実はNoritakeさんは台湾と香港でも絶大な人気で、10周年を記念したPinkoiネイビーとPinkoiサーモンピンクのイラストには特別感があります」

 これらのイラストはどんなアイテムに?

「東京はジョッキ、台北はパイントグラス、香港はピルスナーグラスのビールグラス3種セット、筒型のパッケージに入ったPVCビニールバッグ、マンデリン風味のコーヒーバッグがランダムに10個入ったドリップコーヒー、クリアファイル/マスクケース、iPhone12スマートフォンケースの5アイテム、全13種類です。25日まで予約販売期間で、クーポンコードを入力すると20%OFFになります。

 もうひとつはパントン・カラー研究所に、コーポレートブランドカラーであるPinkoiネイビーとPinkoiサーモンピンクを定義していただきました。同研究所とPinkoiのトップ対談が実現し、サイト内のPinkoi zineで公開しています」

 10周年を迎えた「Pinkoi」から目が離せない!

おいしさのヒミツは独自開発のタレと専用パウチ【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2021.03.14 Vol.739

 以前にもこのシリーズで登場してくれた小出さん。今回は新たなスグレモノを紹介してくれるとのこと。それが〈キッコーマン うちのごはん 肉おかずの素〉シリーズ。「タレが入っている専用パウチにお肉を入れてレンチンするだけで誰でも失敗なく“ふっくらジューシー”な肉料理を作ることができるんです」。でもレンチン肉料理って意外と難しいですよね? 「私自身も、お肉がパサついていたり、切ってみると生だったりという経験をしていまして、なんとか失敗なくおいしくできないかと、チームと一緒に試作を重ねてできたのがこの新商品なんです。キッコーマンで独自開発したタレと特殊なパウチのダブルの効果で、これまでは難しかった“ふっくらジューシー”な肉料理を簡単に作れる商品となっています」。

 メニューは「香味ねぎだれふっくらチキン」と「にんにく味噌のふっくらチキン」。鶏モモ1枚を4等分して袋に入れて軽くもみ、レンチンするだけ。ガッツリ感のあるメインおかずにも、おつまみにもピッタリ。「これがあると、レンチンしている間にサラダや付け合わせを作れるので忙しいときなど私も助けられています。肉の仕上がりだけでなくタレも好評で、野菜を敷いた上にタレごと乗せて野菜と一緒に食べるのもおいしいという声を頂いています。肉にもしっかりこのタレがしみ込むので、お弁当のおかずにもおすすめですよ」。パッケージが薄くて常備もしやすそう。実際に作ってみたところ、ふっくら柔らかな食感に、肉汁あふれるジューシー感に感動。“2人前”とあるのに、おいしくて1人で食べきってしまいました…。

 

キッコーマン食品株式会社 プロダクト・マネジャー室
小出彩さん

「私もバタバタしている平日の夜はこれに頼ることが多いです(笑)」と開発担当者自らも愛用する“うちのごはん”新シリーズ。「サイトでご紹介しているアレンジレシピもオススメです!」

サンマリノ初!日本人サッカー選手・田島翔さん【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2021.02.17 Vol.738

 現在、日本人として初めてサンマリノ共和国の1部リーグ「SSペンナロッサ」に所属するサッカー選手の田島翔さん。これまでの経歴は?

「北海道の函館出身で、高校卒業後にJリーグを目指して沖縄のFC琉球へ。その後クロアチア、スペイン、ロアッソ熊本、ニュージーランド、アメリカ、韓国を経てサンマリノに移籍しました」

 移籍先は自ら探したそうですが、なぜサンマリノ?

「ヨーロッパで、その国のトップリーグでプレーしたかったんです。UEFAチャンピオンズリーグに出場できる可能性があるチームを調べ、サンマリノ共和国を見つけました。イタリアの中の都市だと思っていたら、独立国家でリーグがあることを知って。12月9日に渡航して2週間隔離され、24日からロックダウン。1月21日からやっと練習に参加できました」

毎日1杯タダ飲みができるアプリ!?[腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!]

2019.04.11 Vol.717

 2月にリリースされた飲食店マッチングサービスアプリ「nomocca」。“お得でシンプル!”にこだわったというその内容とは…。リリース元のTRIBE代表取締役・高橋さんに話を聞いた。

「内容は非常にシンプルで、月額500円で、ユーザーさんが毎日1杯ドリンクを無料で飲めるアプリです。お酒が好きな人なら、毎日飲んでも500円、そんなに飲みに行かない人でも月1回アプリを使えば元がとれるので、すごくお得です。また、飲食店さんは掲載料が無料で、登録料や月額費用などもかかりません。ただ、アプリの乾杯チケットを見せたお客様に最初の1杯をご提供いただくだけ。お酒の種類や銘柄を指定する事もできますので、原価をかけずにお客様に来ていただけるきっかけになります。1杯タダなのでまた行こうと思っていただき、常連さんになってくれる可能性も高いと思います」

 どのくらいのお店が登録しているんですか?

「現段階では約180店舗ですが、250店舗までは契約していて、順次掲載していく予定です。また、チェーン店含め、いろいろな会社と提携を進めていて、夏前までは500から700店舗が掲載されると思います」

 定額制のアプリは個人情報の登録が面倒だし、使用する時にクーポンを出すまでが手間という意見も…。
「そこです! シンプルにこだわったというのは、内容もですが、使い勝手についても同様。アプリで店を選んだら、そのページにある無料ドリンクをタップし、表示された乾杯チケットを見せるだけ。IDを打ったりする手間や面倒な会員登録、個人情報を打ち込む必要もありません。とにかく使いやすさ、シンプルさを重視しました。現在、リリース記念として、初月無料キャンペーンも実施中。GW明けまで実施しているので、一度お試しいただき、お得さと便利さを実感していただければと思います」

株式会社TRIBE 代表取締役
高橋史弥さん

サイバーエージェントなどで、カリスママーケターだった高橋さん。「飲食が大好きで、ほぼ毎晩外食なので、こんなサービスがあったら…と思ったのもこのアプリを開発したきっかけのひとつです」

チンするだけで“かんたん”調理『リードプチ圧力調理バッグ』

2018.05.01 Vol.705

 材料と調味料をバッグに入れて電子レンジで加熱するだけで、おかずが簡単に作れる『リードプチ圧力調理バッグ』が新発売。忙しい主婦を中心に人気が広がっている。

 その仕組みはというと…。

「電子レンジ加熱により、食材から出る蒸気でバッグが膨らみ、1.1気圧のプチ圧力がかかります。その蒸気は蒸気口で調節され加圧、バッグの中で蒸気を対流させることで加熱ムラを防ぎます。蒸気によるプチ圧力効果で、味が短時間にしみ込むので、とてもおいしく仕上がります」

 このバッグが料理をしてくれるんですね。

「これまでもリードブランドでは、クッキングペーパーや冷凍冷蔵保存バッグを活用した作り置きで、日常の献立作りを楽にしようという提案をしてきました。その中でもっと簡単に、手づくり感のあるものを作れるものをと考え、この商品を開発・発売しました」

 働く女性にとって、こんなに簡単に“もう一品”ができるのはうれしいですね。

「仕事をしている女性にとって家に帰ってからのごはん作りはとても大変です。献立を考えるのもおっくうになることも。そんな女性の時短を助け、ストレスを解消していただきたい。そんな思いもありました」

 ほかにもいろいろな場面で活躍しそうですね。

「もうひとつ商品の特徴として、冷蔵・冷凍保存ができるというのがあります。週末にまとめて作っておけば、家に帰ってすぐに冷蔵庫や冷凍庫から取り出し、レンジで加熱するだけで、5分から15分ぐらいでおかずが一品完成します。働く主婦のお助けアイテムとして、遅く帰る家族の時間差ごはんに、小腹がすいた時のもう一品に、そして単身赴任のパパや高齢の両親、一人暮らしを始めた子どもへのお届けごはんと幅広く活用していただけます」

インナーは肌基準で選ぶ時代【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2018.02.22 Vol.703

 グンゼの大人気ブランド「KIREILABO(キレイラボ)」誕生はお客様の声から。

「40代以上の、いわゆるエイジング世代のお客様から、それまで販売していた商品の着心地が変わったような気がするというお声をいただいたんです。しかし、特に変えたところもなかったので、原因を探ってみると、お客様の肌自体に変化があることが分かりました。いわゆる更年期などの影響でそれまで感じなかったかゆみやチクチクを感じやすくなっていたんです。それが“肌がよろこぶスキンウェア”KIREILABO誕生のきっかけになりました」

 エイジング世代以外の女性にも好評。

「実際に商品を出してみたら、10代から70代、80代の方まで肌の悩みを持っている方がとても多いことが分かりました。さらに肌基準で開発を進め、完全無縫製インナーが生まれました」

 具体的には?

「縫い目のない完全無縫製が大きな特長です。カーブがあって難しい袖付けのところまで無縫製で仕上げています。また、洗濯タグをなくし、転写プリントを採用する事で、チクチクやかゆみの原因を軽減しています」

 この冬は同シリーズの「完全無縫製 ウォーマー」も大好評。

「インナーは素材と技術の進歩でどんどん進化しています。KIREILABOは、まず肌の快適さという発想が基本にあり、その上で冬の防寒対策ができるところがご好評いただけたんだと思います。私が初めて完全無縫製インナーを着た時は、肌あたりが少ないやさしい着心地にびっくりしました。また縫い目がないので、アウターにひびきにくい特長があります。インナーを変える事で気分が変わる事もあるので、一度肌基準でインナーを選んでみて下さい」

【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】衣替えの時期に防虫対策を

2017.04.24 Vol.689

“ニオイがつかないムシューダ”のキャッチフレーズでおなじみのエステーから、衣替えに便利な収納&防虫アイテムが新発売。

「昔は畳んでしまう収納が一般的でしたが、今はクローゼットやウォークインクローゼットのように吊るす収納が増えています。そのため、収納に関する悩みも変わってきている。“ムシューダ まとめて防虫カバー”は、洋服を5?7着まとめて入れられる仕様の吊り下げ式のカバー。防虫のほか、ホコリよけ、防カビ、UVカット機能があるので、長期保管にもデイリーにも使えます。また“ムシューダ圧縮パック 衣類用”は、セーターなら約20着収納でき、圧縮することで1/2にコンパクトになりつつ、しっかり防虫するアイテム。こちらは収納スペースが少ない、また子どもの成長とともに収納場所が狭くなったという主婦の方に好評です」

 そもそも衣類を食べる虫って多いの?

「カツオブシムシムシ系と蛾系の中に各2種類、計4種類が代表的なものです。これらの虫は幼虫の時に衣類を食べるのですが、カツオブシムシは1年のうち10カ月が幼虫の期間なので、ほぼ1年中虫食いの危険性があるといえます。また、栄養価が高く、繊維が柔らかなウールやカシミヤなど高価なものほど、虫の大好物なんです」

 大切な衣類ほど、虫食いの危険があるとは…。防虫効果を高める衣替えのコツを教えて下さい!

「まずは、防虫剤を使用する前に洗濯、クリーニングをしっかりしてから収納する事が重要。また、収納場所には衣類は詰め込まず、大体8割ぐらいがおススメ。特に引き出しタイプの防虫剤は、底でも真ん中でもなく、一番上に置いて下さい。また、使用する場所、個数、使用方法など、必ず裏面の説明書きをよく読んで、その通りにお使い下さい。防虫効果が効率よく発揮されるためのものなのでぜひご一読をお願いします!」

ゆかたを着て東京湾をクルージング【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2016.07.24 Vol.671

 東京湾をクルージングしながら、夜景とフード&ドリンクが楽しめる東京湾納涼船が毎日運航中。

「夕方東京に戻り、夜遅くに伊豆諸島に出航する、定期客船“さるびあ丸”が停泊している時間を利用し、66年前に運行を開始しました」と内山さん。

 以後、毎年乗船人員が増えているというが、その理由のひとつが“ゆかた割”。

「2001年から始めたサービスで、ゆかたを着たお客様の料金が割引になります。現在は平日のみ乗船券と飲み放題で2600円のところ、1000円引きの1600円。荷物になる、ゆかたを着られないというお客様には手ぶらで来てゆかたが楽しめる“納涼船ゆかたショップ”でゆかたのレンタルや着付けサービスも行っています。1800人が乗船できるこれだけの大型船でクルージングしようと思ったら、絶対この価格で、しかも飲み放題ではご提供できないと思います。しかし、定期航路の空き時間を利用していることで、この価格を実現できました」

 ところで、どんな景色が見られるの?

「1時間45分のクルージングでは、左右がお台場と大井のコンテナ埠頭に挟まれ、東京湾の夜景が一望できます。出発前は東京スカイツリーと東京タワーが臨め、出航後15分でレインボーブリッジを通過、羽田沖の美しい工場夜景を眺めながら、5分に1回離発着する飛行機を頭上に見ることも。さらに東京ゲートブリッジも眺められるなど、見どころが満載。9月中旬までは満席の日も多いですが、それ以降は予約も取りやすいし、気候もちょうどいいのでおススメです。その時期にゆかたを着て街を歩くのはちょっと…という方こそ、ゆかたのレンタルを利用し、東京湾のクルージングをお楽しみ下さい!」

あの人も訪れた!? 日本橋 長崎館オープン【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2016.06.27 Vol.669

 地方の魅力あふれる食や特産物が楽しめると人気のアンテナショップ。3月には「日本橋 長崎館」がオープン、連日にぎわっている。

「当館は物販ゾーン、イベントゾーン、軽飲食ゾーン、観光案内ゾーンの4つで構成されいます。物販ゾーンでは、長崎カステラやちゃんぽん、かまぼこ、甘めの醤油などの定番商品から、ここでしか買えないものまで取りそろえました。軽飲食ゾーンの人気は焼酎や生産量日本一を誇るビワを使った“びわソフトクリーム”。ビワの甘みと酸味がすっきりとしたソフトクリームになっています。また、イベントゾーンでは、旬の食材フェアや試食・試飲会、特産品の即売会のほか、ミニライブなどで長崎の魅力をPRしていきます」

 ズバリ、長崎の魅力は。

「自然が豊かなところですね。土地土地で特色があり、名産品も豊富。当館の干物やかまぼこはすべて長崎県産です。ちなみにかまぼこって関東の方がイメージする板についたものではなく、魚のすり身を揚げたさつま揚げのようなもの。長崎ではメインのおかずや手軽なおやつとして食べられています」

 黒川さんおススメのものは?

「すべておススメですが(笑)、長崎名物の五島うどんを、同じく名物のアゴだしで食べると、その味わいの深さに感動してしまいます。うどんもアゴだしも当館で販売しておりますので、ぜひお試しください。また、オープンを記念し、読者5名様に、本格的な長崎ちゃんぽんが食べられる“ばってんちゃんぽん”をプレゼントします。ぜひ一度味わってみて下さい!」※係名は「長崎館」。

 

腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ! あなたの毎日をトキメかせます!

2016.05.23 Vol.667

 CS放送やケーブルテレビなどを利用して、地上波では見られないチャンネルを楽しんでいる人は多いはず。中でも女性たちに人気が高いのが〈女性チャンネル♪LaLa TV〉。「女性チャンネル、とついている通り、女性に向けた多彩なコンテンツを揃えるチャンネルになっています」とプロモーション担当の渡辺さん。「ドラマ、ライブ、シネマ、ライフスタイルの4ジャンルを柱に、いろいろな番組をお届けしています」。映画やドラマだけじゃないんですね!「映画やドラマを扱うチャンネルは多いですが、LaLa TVは音楽ライブや舞台の放送も充実しています。他にも、人気の韓流歌番組の独占放送や、オリジナルの人気料理番組やバラエティー番組もあるので、幅広い層の女性たち、もちろん男性たちにも楽しんでいただけるチャンネルになっているんです」。現在、視聴世帯数はなんと650万を突破。「視聴率をはじめ、いろいろなデータをもとに番組編成を行っています。どんなジャンルがよく見られているか、どの番組が人気があるかはっきり数字が出るので、かなりシビアな世界です(笑)」。それもすべては女性たちの毎日をときめかせたい、という思いゆえ。…お互い、もっとトキメキましょうね!!

腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ! さぬき讃フルーツ大使 川島友李亜さん・福井彩花さん

2014.08.03 Vol.623

 暑い夏、アイスやジュースもいいけれど瑞々しい旬な果物も味わいたい!ということで、東京で行われた香川県のPRイベントで、さぬき讃フルーツ大使を直撃! 今年、さぬき讃フルーツ大使に選ばれた2人に大使に応募したきっかけを尋ねたところ、川島さんは大学院で果物の研究を、福井さんは大学で栄養学を学んでいると教えてくれた。つまり、香川県産フルーツの魅力を知っているお二人はまさに適役。「研究のなかで生産者のお話を伺う機会も多く、そんな生産者の方々の熱い思いを消費者の皆さんに直接届けたいと思い、さぬき讃フルーツ大使に応募したんです」と川島さん。福井さんも「香川県のフルーツは、成分だけでなく香りや甘味、歯ごたえなども優れている果物がたくさんあるんですよ。ぜひ皆さんに食べて頂きたいです」と香川のフルーツに太鼓判。これからの季節、お勧めの“さぬき讃フルーツ”は?「まずは〈シャインマスカット〉ですね。皮ごと食べることができるマスカットで、粒も大きく高級感もあって贈り物にも最適です」。一粒頂いてみると…甘くて爽やかでジューシー。スイーツを食べたような気分!「日本一赤いといわれる色鮮やかな温州みかん〈小原紅早生〉もお勧めです。他にも、甘くてジューシーな梨など、夏場の栄養補給にぴったりです」。ちなみに、これらのフルーツを東京でも食べることはできるでしょうか?「〈小原紅早生〉はクイーンズ伊勢丹さんなどで、〈シャインマスカット〉は千疋屋総本店(日本橋本店)さんなどで販売されています。ぜひ一度香川にもお出でいただいて、新鮮なフルーツを味わってください!」。

【公式サイト】http://www.pref.kagawa.lg.jp/seiryu/sanukisanfruit/

Copyrighted Image