秋めく銀座で愉しむ「中町氷菓店」のかき氷/9月8日(日)の東京イベント

2019.09.08 Vol.Web Original

 秋の気配を感じるけれど、まだまだ夏の余韻も残っている。そんな時期にぴったりの「天然氷のかき氷 中町氷菓店」ポップアップストアが現在、銀座ロフト1Fの「ロフトフードラボ」にて行われている。 「天然氷のかき氷 中町氷菓店」は、長野県松本市の「NAKAMACHI CAFE」の夏季限定店舗。南アルプス八ヶ岳の氷室である「蔵元八義(くらもとやつよし)」の天然氷を使用し、プロの削り手によりふわふわに削られたかき氷が特長。休日には行列ができて1日に350杯ものかき氷を販売する人気店の期間限定ストアとなる。

銀座ロフトがグランドオープン!

2019.05.11 Vol.718

 次世代型店舗として2017年にオープンした銀座ロフトが増床に伴いリニューアル。4月26日にグランドオープンし、銀座の新たな注目スポットとなっている。  新生「銀座ロフト」は、1〜2階を増床し、地上6階、4585.14平方メートルで展開。取り扱い商品数は約7000種類となる。  関東初出店のグリーンショップ「ブランハンナ by 竹中庭園緑化」などが手掛けるグリーンに彩られた1階フロアでは、ロフト初の試みとして、エコロジー、オーガニック、フェアトレード、サステナブルなど時代のキーワードを軸に、商品開発を行うメーカーやブランド、ショップなどとのコラボを展開し、銀座ロフトならではの視点で多彩なアイテムを提案。ロフト初のカフェ「ロフトフードラボ」では、厳選素材を使い最先端テクノロジーで作ったナチュラルなアイス「スーパーアイスクレマリー」や、東京初出店となる京都発のサワー専門店「サワー」といったショップに加え、こだわりのペストリーやスイーツを提供。

“ありがとう平成!”がキーワード【銀座ロフト】

2019.01.01 Vol.WEB
 お正月のお楽しみといえば「福袋」。今年は“平成最後”とあって、どの店もかなり気合の入った福袋を用意。平成を振り返るもの、新たな年号に思いをはせるものなど、その中身をちょっとだけ拝見!

“手帳派”は必見! 本日は糸井重里トークも実施/9月4日(火)の東京イベント

2018.09.04 Vol.Web Original
 銀座ロフトでは。14年連続でロフトの手帳売上No1を記録するほぼ日手帳の2019年版発売を記念し『書く!』展を開催中。期間中、会場では荒井良二(絵本作家)、飯島奈美(フードスタイリスト)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、みうらじゅん(イラストレーター)など10名の著名人による「書く」ことにまつわる展示を行うほか、ほぼ日手帳2019や書籍など関連商品約180種類をはじめ、2017年にほぼ日ストア上のみで抽選販売を行っていたアンリークイールの手帳カバーを銀座ロフト限定で販売する。

なぜだ! ベルトコンベアでバレンタインスイーツが回る/1月16日(火)の東京イベント

2018.01.16 Vol.Web Original
 銀座ロフト選りすぐりのスイーツが集結するバレンタインイベント『SWEETY LOFT』がスタート。  会期中、フロアには全長15メートルのベルトコンベアが出現。回転寿司ならぬ回転スイーツ方式で、銀座ロフト選りすぐりの限定・オリジナルスイーツを販売する。

Copyrighted Image