SearchSearch

戸澤陽が忍者に化けたRトゥルースを見破れずに24/7王座陥落【WWE】

2020.08.11 Vol.Web Original

Rトゥルースが忍者軍団にこっそり忍び込む

 WWE「ロウ」(日本時間8月11日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で“忍者”戸澤陽が忍者軍団に扮したRトゥルースに丸め込まれて24/7王座から陥落した。  戸澤はこの日、忍者軍団と共にリコシェ&アレキサンダー&バイキング・レイダースを相手に8人タッグ戦で激突するも、次々と忍者軍団が蹴散らされてしまう。さらに戸澤が攻撃指示を出すも残った忍者が逆らうと、バイキング・レイダースがバイキング・エクスペリエンスで忍者メンバーを沈めて3カウント。戸澤は戦うことなく8人タッグ戦に完敗した。  試合後にはバックステージに向かう戸澤の前に突如レフェリーが現れると、戸澤は忍者メンバーの裏切りのピンフォールで24/7王座から陥落。最後は忍者の覆面を取って正体を明かしたRトゥルースが24/7王座ベルトを掲げた。

“忍者”戸澤陽が三つ巴王座戦を制して24/7王座返り咲き【WWE】

2020.08.04 Vol.Web Original

忍者軍団がかく乱する隙に3カウント奪取

 WWE「ロウ」(日本時間8月4日配信、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンター)で“忍者”戸澤陽がRトゥルース、シェルトン・ベンジャミンとの24/7王座戦に挑んだ。  戸澤はベンジャミンを丸め込みからの忍者ポーズで「タァー!」と威圧すれば、パワーに勝るベンジャミンもパワーボムで反撃。さらにベンジャミンが必殺のペイ・ダートでRトゥルースを沈めると、戸澤の忍者軍団が現れてリングをかく乱。ベンジャミンとセコンドのボビー・ラシュリーが忍者軍団を相手にしている隙に戸澤がダイビング・セントーンをRトゥルースに叩き込んで3カウントを奪取。戸澤が王座戦を制して24/7王座返り咲きを果たした。

戸澤陽が24/7王座を獲得もまさかの強敵が現れ…【WWE ロウ】

2019.12.25 Vol.Web Original

まずは王者Rトゥルースを丸め込み王座奪取

 米国現地時間12月23日に放送されたWWE「ロウ」(アイオワ州デモイン/ウェルズ・ ファーゴ・アリーナ)で“スタミナモンスター”戸澤陽が24/7王座を獲得した。  同王座は今年5月にミック・フォーリーが発表する形で誕生。ルールは24時間365日挑戦可能で、リングの上での戦いが義務付けられているわけではない。バックステージで王座が移動したこともあり、1日のうちに何人もの選手の間をベルトが行き来することもしょっちゅうで、初代王者のタイタス・オニールから目まぐるしく王者が交代している。  この日は24/7王者Rトゥルースが日本語の招待状を持ってニューヨークのロックフェラープラザに来ると、待ち伏せしていた戸澤が背後からRトゥルースを丸め込んで見事24/7王座を奪取した。

24/7王座が目まぐるしく移動も最後はRトゥルースが返り咲き【5・28 WWE】

2019.05.29 Vol.Web Original
まずはトゥルースからアライアスへ
 WWE「スマックダウン」(現地時間5月28日、オクラホマ州タルサ/BOK・センター)で新設された24/7王座が目まぐるしく入れ替わった。  この日、シェイン・マクマホンがアライアス&ドリュー・マッキンタイアを引き連れてリングに登場すると、「レインズにはうんざりしている。よく聞け! スーパー・ショーダウンではお前を倒して“敬意”というものを教えてやる」と「スーパー・ショーダウン」(6月7日、サウジアラビア/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ)で対戦するローマン・レインズを挑発した。  続けてアライアスがシェインを称賛する曲を披露していると、そこへ突然24/7王者のRトゥルースがドレイク・マーヴェリックに追われて乱入。邪魔されたシェインらがトゥルースに襲い掛かり、マッキンタイアのクレイモアで沈んだトゥルースからアライアスが3カウントを奪い、なんとアライアスが新24/7王者となってしまう。

いつでもどこでも王座に挑戦できる「24/7王座」新設【WWE】

2019.05.21 Vol.Web Original
ミック・フォーリーが発表「1日24時間、週7日」王座戦が可能に
 WWE「ロウ」(米国現地時間5月20日、ニューヨーク州オールバニ/タイムズ・ユニオン・センター)にミック・フォーリーが登場し、新王座を発表した。  フォーリーは「新しいタイトルは24/7王座だ! いつでもどこでもレフェリーがいればどのブランドのスーパースターでも王座挑戦ができる」と新設の王座について説明した。この「24/7」というのは「1日24時間、週7日」という意味で文字通り「いつでも」王座戦が可能。  するとバックステージからルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン、EC3、セドリック・アレクサンダーらスーパースターたちが走り込んできて24/7王座戦がスタートし、ベルトを奪い合ったが、最後はタイタス・オニールが王座を獲得した。

Copyrighted Image