SearchSearch

iScream、EXILE TRIBEとコラボした『つつみ込むように…』MVが再生回数100万超 公開から3日

2022.05.09 Vol.Web Original


 LDHの3人組ガールズユニット、iScreamの最新ミュージックビデオ『  “つつみ込むように…” (Music Video) -TRIBE WITH THE RHYTHM Ver.-』が8日、YouTubeでの公開からわずか3日で100万回再生を突破した。

 iScreamは、「公開から3日という短い期間で沢山の方にご覧いただくことができたのは、コラボで出演してくださったEXILE TRIBEの先輩方のおかげです。改めて、こんなにも豪華なMVを作らせていただけたこと、iScreamとして皆さんにお届けできていることに感謝の気持ちでいっぱいです。まだまだこの勢いを止めず、さらに多くの方に楽曲が届けられるよう、頑張っていきます!そして、MISIAさんへの尊敬、感謝の気持ちを込めながら、iScreamらしい『つつみ込むように…』を磨き上げていけるように、これからも大切にパフォーマンスさせていただきます」とコメントを寄せている。

 iScreamが1月にリリースしたMISIAの名曲『つつみ込むように…』をカバーしたシングルとしては第2弾となるミュージックビデオで、EXILE世界、GENERATIONS中務裕太をはじめ、THE RAMPAGE陣、神谷健太、与那嶺瑠唯、山本彰吾、岩谷翔吾、浦川翔平、武知海青、後藤拓磨の総勢10名のEXILE TRIBEパフォーマーが、ダンサーとして出演。また、日本の音楽シーンにクラブカルチャーを根付かせ、ダンスをメインストリームへと押し上げたパイオニア的存在と知られるMISIAや、MISIAの所属事務所「リズメディア」へのリスペクトを込めた作品になっている。

 6日には、RUIとYUNAがEXILE MAKIDAIらとラジオ「MISIAのオールナイトニッポンGOLD」にゲスト出演。MISIAと初対面し、90年代のダンスシーンやそれぞれの音楽論などについてトークを繰り広げた。

LDHのガールズユニット・iScream、ラジオでMISIAと激熱トーク 「つつみ込むように…」のカバーで注目

2022.05.08 Vol.Web Original


 LDHの3人組ガールズユニットiScreamのRUIとYUNAが、5日放送のラジオ「MISIAのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送、毎週金曜22時~)に緊急出演した。

 iScreamは、今年1月にMISIAデビュー曲であり代表曲のひとつ「つつみ込むように…」のカバーシングルをリリース。また4日には、この曲で2作品目となるミュージックビデオを、EXILE世界、GENERATIONSの中務裕太、THE RAMPAGEの陣、神谷健太、与那嶺瑠唯、山本彰吾、岩谷翔吾、浦川翔平、武知海青、後藤拓磨の総勢10名のEXILE TRIBEのパフォーマーとコラボレーションして制作し公開。番組への出演はそのミュージックビデオがきっかけとなって実現した。

 番組では、MISIAが自分自身の「つつみ込むように…」について語ったり、ミュージックビデオの制作秘話も。また、iScreamのカバーについて感想を伝えたり、iScreamがカバーをすることになったらメンバーから手紙をもらったというエピソード。さらに、90年代当時のクラブミュージックシーンやダンスシーンの話、さらにはMISIA本人がこの曲を歌う時に確認するリズムについても話題なった。

 最後は、MISIAからiScreamのふたりに対し「『つつみ込むように…』は歌えば歌うほど色々なリズムが見えてくるから頑張ってね」と激励の言葉で締めくくった。

 番組には、1998年にリリースされたMISIA の「つつみ込むように…」のミュージックビデオに当時バックダンサーとして出演していたEXILE MAKIDAIと、MISIAとは以前から親交があり、今回の出演のきっかけになったミュージックビデオのPerformance Directorを担当したBOBBY (J.S.B. Underground)も出演し、盛り上がった。

 番組は「radiko」のタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴ける。

 

iScream、MISIAの「つつみ込むように…」カバーシングルで新MV 世界、中務裕太、THE RAMPAGEら EXILE TRIBEが出演

2022.05.05 Vol.Web Original

 3人組ガールズユニットのiScreamが5日、MISIAの「つつみ込むように…」をカバーしたシングル(1月発売)の新しいミュージックビデオを公開した。ダンスシーンをメインに構成したミュージックビデオ(MV)で、EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBEの世界をはじめ、GENERATIONS from EXILE TRIBEの中務裕太、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの陣、神谷健太、与那嶺瑠唯、山本彰吾、岩谷翔吾、浦川翔平、武知海青、後藤拓磨の総勢10名のEXILE TRIBEパフォーマーが、ダンサーとして出演している。

 MISIAの「つつみ込むように…」のMVにバックダンサーとして出演していたEXILE MAKIDAIが出演して話題を集めたリリース時に発表されたMVに続く、第二弾。

 ステージ上を360度回る円形カメラワークやワンカット撮影で躍動感あるシーンを演出するなど、現代ならではの撮影手法を取り入れながらも、随所にMISIAのオリジナル作品へのリスペクトが感じられる内容。世界が振り付けを担当したサビのシーンでは、オリジナルのMVで踊っていた振りを取り入れている。

 世界は「普段活動しているグループでは見ない演出や、ここでしか見られない組み合わせでのダンスセッションなど、見応えのある作品になったと思いますし、パートごとに各メンバーが振り付けを担当したので、様々なジャンルのダンスを楽しめると思います。僕が振り付けを担当したサビのパートでは当時のMVの振り付けをリバイバルっぽく入れるなど、随所にオリジナル作品へのリスペクトを込めました」と、説明。また、FANTASTICSの澤本夏輝や堀夏喜もコレオグラフで参加していると明かし、「LDH全体の想いが乗ったMVになっていますので、多くの方に見ていただけたらうれしい」とコメントを寄せている。 

iScreamの『つつみ込むように…』ミュージックビデオが100万回再生を突破

2022.01.28 Vol.Web Original

 LDHの3人組ガールズユニットのiScreamの新曲『つつみ込むように…』のミュージックビデオが28日、100万回再生を突破した。ミュージックビデオは17日に公開。公開から11日で、iScreamとして初のミュージックビデオ100万回再生の大台に達した。

 ミュージックビデオの100万回再生達成はデビュー時から掲げていた目標のひとつ。メンバーは「目標を叶えられて、本当に本当にうれしいです! 同時に、100万回以上もiScreamの『つつみ込むように…』が皆さんに届いていると想像すると不思議な気持ちにもなりますが、“幅広い世代に届いてほしい”という想いが届けられていると思うと、この楽曲の偉大さを更に感じる事ができました」と、コメント。

 ミュージックビデオのコメントには、「歌唱力、ダンス間違いない世界レベル!」「期待を遥かに超えて来た」「出だしのホイッスルボイスでド肝を抜かれた!」といった絶賛のコメントや、「テレビで歌唱してほしいです!」「いつかLIVEで聴いて観れる日が楽しみ」と今後の活動に期待する声も。

 3人は「(コメントの)一つひとつが本当にうれしくて、私たちの心に強く届きました」。さらに、「このうれしさを糧に、もっともっと多くの方にiScreamを知っていただけるよう、そしてファンの皆さんとともに更に多くの夢を叶えていけるように頑張ります!!」と意気込んでいる。

『つつみ込むように…』は、iScreamにとって3作目のデジタルシングル。MISIAのデビュー曲で大ヒット曲のカバーソング。26日公開(集計期間:1月17日〜1月23日)のBillboard JAPAN「Radio Songs」週間チャートで1位獲得をはじめ、急上昇中の新人アーティストを抽出した総合チャートBillboard JAPAN「Heatseekers Songs」で2位にランクインするなど、注目を集めている。

iScream、MISIAのヒット曲をカバーした最新シングル『つつみ込むように…』のMVを公開

2022.01.17 Vol.Web Original


 LDH発の次世代ガールズユニット、iScream(アイスクリーム)のサードデジタルシングル『つつみ込むように…』のミュージックビデオがユニットの公式YouTubeチャンネルで公開された。同曲は、1998年に発売されたMISIAのデビュー曲のカバー。

 ミュージックビデオでは「A Girl」をテーマに、iScreamの3人がアーティストとして光輝く姿と、10代の女の子として等身大の日常を過ごす姿の異なる面を描く。ステージシーンでは歌唱はもちろん、1万人のオーディションから選ばれた確かなダンススキルでパフォーマンスも披露。一方、彼女たちの日常を描いたシーンでは、レコードショップやランドリー、カフェを舞台に、プライベート感あふれる愛らしい表情を見せている。

 iScreamは、「3人のシーンでは、それぞれの”ONとOFF”の姿が描かれており、ステージでパフォーマンスをするONと、等身大のOFFの私たちのシーンのギャップが見どころとなっています! 想いを込めて、歌とダンスを届けるシーンではまた新たな『つつみ込むように…』の世界観が届けられるのではないかなと思います。映像とともに、楽曲を楽しんでいただけたらうれしいです」と、アピール。

<インタビュー>LDHの新ガールズユニット iScreamが限界に挑戦! MISIAの『つつみ込むように…』をカバー

2022.01.14 Vol.Web Original

 LDHの新しいガールズユニット、iScream(アイスクリーム)がニューシングル『つつみ込むように…』を14日に配信リリースする。MISIAが歌って一世を風靡した楽曲をリスペクトしつつ、iScreamが新たな形で届ける。昨年、情報番組でアカペラ歌唱を披露して視聴者をくぎ付けにした彼女たち。エネルギーと優しさにあふれた楽曲とともに、新しい年をスタートする。RUI、YUNA 、HINATAにインタビューした。

 

――ニューデジタルシングルの『つつみ込むように…』は、圧倒的な歌唱力を誇るアーティストのMISIAさんのデビュー曲。この楽曲のカバーがシングルになることを聞いたときのことを教えてください。

RUI:前作の『himawari』をリリース後に、次の曲はどうなるんだろうって気になりすぎて、スタッフさんに「決まってるんですか?」って前のめりに聞いちゃったんです(笑)。その時に「カバーになるかもしれない」と聞いて、3人で驚いたのを覚えています。

YUNA:「カバーを歌わせてもらえるんだ!」と驚きでした。

HINATA:デビューして半年も経っていない新人グループの私たちが!って(笑)。

RUI:少し後になって、MISIAさんの『つつみ込むように…』と聞きました。私たちにチャレンジしてみてはどうか?とHIROさんからご提案をいただきました。MISIAさんのデビュー曲を歌わせていただくなんて……驚きました。

HINATA:HIROさんの想いはもちろん、MISIAさんの想いもたくさん込められている曲なので、挑戦でもあり、歌わせていただけるという、うれしい気持ちもありました。良いプレッシャーも感じながら、MISIAさんをリスペクトした iScreamらしい『つつみ込むように…』を届けられるようにと挑みました。

YUNA:……私としては異世界に放り込まれたような気持ちでした。今まで歌って来た曲とは違うものですし、『つつみ込むように…』は挑戦の曲です。レコーディングをするまで、先生やプロデュースしてくださる方と一緒に練習したり、自分たちでも何度も聴いたり練習して、自分たちのレベルアップもできたように感じています。自分たちがここまで挑戦できるんだということも分かりました。

――挑戦について詳しく教えてください。

YUNA:すごく変な言い方になってしまうんですが……この曲が、こんなにも難しい曲だと最初は思わなかったんです。

――それはきっとあれですね、MISIAさんがいつ見ても気持ちよさそうで、楽々と歌っているように……

YUNA:見えるから! そうなんです(笑)。

現役高校生のガールズユニット iScreamがMISIAの名曲『つつみ込むように…』をカバー!来年1月14日に配信リリース決定

2021.12.24 Vol.Web original

 今年6月にデビューしたLDH発の次世代ガールズユニット「iScream」が24日、3作目となるデジタルシングル『つつみ込むように…』を、来年1月14日に発売することを発表した。『つつみ込むように…』は1998年にリリースされ大ヒットを記録したMISIAのデビュー曲で、今作はそのカバーソングとなる。

 原曲が発売された1998年は現役高校生でもあるiScreamのメンバーが生まれる前だが、彼女たちがR&BやHIP HOPカルチャーの歴史や文化を学ぶ中で、日本のR&B黎明期である90年代に『つつみ込むように…』がリリースされた際に巻き起こした衝撃に感銘を受け、2020年代にもう一度当時の衝撃を表現したいという思いから、今回のカバーに至ったという。

 稀代の実力派として名を馳せるトラックメイカー・Dirty Orangeの手によって、現代のサウンド・プロダクションでリビルドされたトラックには、随所に当時へのオマージュが感じられ、そのグルーヴに乗って歌うiScreamもオリジナル楽曲に対するリスペクトを込めつつ、今の世代ならではハイブリッドなアプローチによる歌唱で、彼女たちのボーカリストとしての魅力を存分に感じさせる作品に仕上がっている。

 ジャケットデザインは前作に続き、日本を代表するイラストレーター・山口はるみ氏が担当。山口氏の描いた女性像が、iScreamの透明感ある歌声と楽曲の世界観をアーティスティックに表現する。

フジロック、MISHIAら最終出演ラインアップとタイムテーブルを発表 アトミックカフェに小泉今日子、ウーマンラッシュアワー村本も

2021.07.17 Vol.Web Original

 人気夏フェスのフジロックフェスティバルは16日、最終の出演ラインアップとタイムテーブルを発表した。新たに発表されたのは、最終日22日にグリーンステージに出演するMISIAのほか、ライブやトークショーも行われるGypsy Avalon、キャンプサイト内のステージPYRAMID GARDEN、苗場食堂、ROOKIE A GO-GO、Day Dreamingのメンバー。Day Dreamingには、PKCZも出演する。これによって、全9ステージ、146組のアーティストが出揃った。

 フジロックフェスティバルは、全ステージ収容可能人数の半分以下で入場を制限。Gypsy Avalon、苗場食堂ステージは昼はROOKIE A GO-GOステージ、夜は苗場食堂ステージの二部制とし、いずれも例年よりも広い場所に移設して開催する。 

 8月20~22日の3日間、新潟県湯沢町苗場スキー場で開催される。詳細は公式サイトで見られる。

 

日本の音楽シーンを牽引する歌手「MISIA」特典が盛りだくさんの公式ファンクラブ

2020.12.25 Vol.736

 1998年、デビュー曲「つつみ込むように…」を皮切りに圧倒的な歌唱力で日本の音楽シーンを牽引し、2000年にバラード「Everything」のヒットで国民的人気歌手の地位を不動のものにしたMISIA。今年もベスト盤『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』やライヴ映像作品『MISIA SOUL JAZZ BIG BAND ORCHESTRA SWEET & TENDER』を発表、自身初のクリスマス・チャリティ・アルバム『So Special Christmas』をリリースするなど、精力的に活動を続けている。

 いつも音楽でファンを勇気づけてきたMISIAの公式ファンクラブ「MISIA Official Supporters Club MSA」では、新規会員の入会受付、継続受付を行っている。入手困難なチケットの先行予約や会報誌「MISIA MAG」の発行、会員限定サイト「MEMBERS LOUNGE」の閲覧など、ファンにとってはたまらない特典が盛りだくさんだ。

 音楽活動と並行してさまざまな社会貢献活動にも力を入れているMISIA。そんな彼女をより身近に感じられるファンクラブで応援しよう!

MISIA「クリスマスは大好きな人たちが笑顔だといいな」丸ビルのクリスマスツリーを点灯

2020.11.05 Vol.Web Originaⅼ

 MISIAが5日、千代田区の丸ビル・マルキューブでスタートしたクリスマスイベント「Marunouchi Bright Christmas 2020~LOVE &WISHES~」 のクリスマスツリー点灯式に出席した。カウントダウンして、高さ約10メートルの巨大なメインツリー「『Love Earth』地球を愛する」を点灯。キラキラと輝きだした地球への感謝の思 いが込めらているツリーにを見上げ、MISIAは「かわいいですね。外のイルミネーションも綺麗です」。

ユーミンやMISIAら出演のライブ映像が無料公開。音楽でコロナに立ち向かう

2020.04.24 Vol.Web original

 松任谷由実やMISIAら豪華アーティストが出演したLGBTQ支援の音楽イベント『コカ・コーラ presents LIVE PRIDE 〜愛をつなぎ、社会を変える。〜』のライブ映像が、公式YouTubeチャンネルにて、4月26日に無料公開される。

 本イベントは、2019年12月6日に東京国際フォーラムで開催された音楽イベントで、LGBTQが自分らしく夢を描ける社会のために、松任谷由実やMISIA、清水ミチコ、中村 中、清貴ら豪華アーティストが出演し、参加者と共に、迫力の音楽と多様性のメッセージを届けた。

 今回の無料公開は、現在、新型コロナウィルスと向き合う医療従事者や、不安な思いを抱える全ての人に、未来への希望を届けようと企画。4月25日から5月6日まで行われるオンラインイベント『東京レインボープライド2020オンライン“#おうちでプライド”』の一環として、26日の映像プレミア公開後は、5月6日まで、プライドハウス東京の公式YouTubeチャンネルにて、期間限定公開を予定している。

Copyrighted Image