チンチン電車の止まる駅にあるスナック「パレット」で、ゴッドマザーに癒される(若林編)

“スナック”。この郷愁を誘う響きに、甘酸っぱい気持ちになる人も多いのでは? そこは疲れた人々を癒し、時に励ましてくれる場所。最近では夜の街から姿を消しつつあるというスナックだが、一度その魅力にハマったら、通わずにはいられなくなるはず。そんな街角の小さなスナックと、ママの人生をご紹介! いきつけのスナックをひとつ持つだけで、人生が豊かなものに。寂しがりやのあなたと、素敵なスナックとの出会いを応援します。

◆ひっそりとしたたたずまい

 その店は、住宅街に突然ポツンと現れました。一見普通の民家、しかし表に灯る看板によってスナックだということが確認できます。

 最寄り駅は世田谷線若林駅。三軒茶屋と下高井戸を結ぶチンチン電車の三軒茶屋から2つ目の駅です。自動車道路の信号で止まる2両編成の可愛らしい電車は、そのレトロな雰囲気もあり、いわゆる鉄オタにも愛される存在です。そんな電車が止まる小さな駅にある、スナックパレットも、愛され続けるお店なのです。


■すべてを達観した菩薩ママ

 店はママの酒井美子(さかい・よしこ)さんが一人で切り盛りしています。美子ちゃん(あえてちゃん付けで呼ばせていただきます)は、御年73歳。この地で40年店を続けています。長続きのコツを聞くと「お酒が飲めるから」と菩薩のようなほほ笑みで答えてくれました。

 実は遊びに行ったこの日、女性1人の先客がいたのですが、機嫌を損ねいきなり帰ってしまうということがありました。「お客さん、帰っちゃったけど大丈夫ですか?」と聞くと「酔うと面倒な人だから、放っておけばいいの」と言います。面倒な客に、怒るわけでも、説教するわけでも、無視するわけでもなく、淡々とした姿勢で対応する美子ちゃんに、この道40年の貫禄を感じました。

■飲んだ体にうれしい〆のおにぎりも

 メニューは
お通し 500円
ビール 500円
アルコール 500円
ソフトドリンク 300円

の他ボトルキープ(1カ月)は
きんみや、JUN 2500円
黒きり 3000円
サントリー角 4500円

おつまみは
レーズンバター 500円
チーズ 500円
本日の煮込み 500円
奴っこ 200円
おしんこ 200円
おにぎり(シャケ、タラコ、オカカ、梅干し、コブ) 各200円

など、激安明朗会計です。

■キュウリをあげるとぬか漬けになって返ってくる

 ちなみに、このメニューもお客様が書いてくれたそうで「書き直そうと思ったけど、まあいいかって」とこだわりはないよう。

 また、おしんこは「池尻大橋でスナックをやっているお友達がくれたの」というキュウリと大根のぬか漬けです。「ぬか床を分けてくれるって言われたんだけど、自分でつけるの面倒だから、キュウリをあげるからつけたものを頂戴って、作ってもらったの」と屈託なく笑います。

 ありがたく人に頼る美子ちゃんは、とても自然体で素敵です。少女のような雰囲気を持つ美子ちゃんに、みな何かやってあげたくなっちゃうのかも知れません。

■可憐な雰囲気に騙されがちだが…

 ちなみに美子ちゃん、カウンターの中にいるとわかりませんが、外に出てくると意外と大きく、びっくりしてしまいました。73歳というお年で167㎝あるのですから「昔は大女って言われたのよ」というのも納得です。

 そんな美子ちゃんは、ほぼ無休で店をやっているそう。「家が上だから、日曜日も店に風を通そうと思って開けているとお客さんが入ってきちゃう。だったら、ついでにオープンしちゃえって」と、その理由を教えてくれました。

 ちなみに店名の「パレット」は、以前ここを貸していた人がやっていたお店の名前をそのまま受け継いだそうです。「だって、可愛いじゃない? フフフ」いたずらっ子のように笑う美子ちゃんに、思わずキュンとしてしまいました。



(後編へつづく)
スナック「パレット」
住所:東京都世田谷区若林5-8-5
電話番号:03-3412-4227
営業時間:18~24時
定休日:不定休
価格帯:1000円~