K-1-70㎏トーナメントでグレゴリアンが優勝

「K-1 WORLD GP2015 IN JAPAN~-70㎏初代王座決定トーナメント~」が4日、東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた。

 日本から4選手、海外から4選手の計8名で争われたトーナメントを制したのはヨーロッパのトップファイターであるアルメニアのマラット・グレゴリアン。

 日本人選手はKrush-67kg王者の牧平圭太が1回戦でディラン・サルバドールを破ったものの、山崎陽一、中島弘貴、渡部太基はいずれもKOで敗れ、改めてこの階級での世界の壁の高さを感じさせた。

 グレゴリアンは1回戦では山崎を2R左ハイキックでKO。準決勝では牧平を2R、左フックで粉砕。決勝は5月の「Krush.54」で佐藤嘉洋を破り今トーナメントの出場権を奪い取ったジョーダン・ピケオーを1R、パンチの連打でKO。3試合連続KOと圧倒的な強さを見せた。


 今大会のスーパーファイトにはゲーオ・フェアテックス、卜部功也、武尊というこれまで行われた3回級のトーナメントの王者がそろい踏みした。

 武尊はハキム・ハメッシュと対戦。ハメッシュはムエタイルールを主戦に戦っている選手で、39戦35勝(17KO)4敗の戦績を誇る強豪だったが、武尊は強烈なボディーブロー、膝蹴りで追い込み、2Rには右フックでダウンを奪い、3-0の判定で勝利を収めた。

 王座奪取後のスーパーファイトで木村“フィリップ”ミノルに敗退。野杁正明との試合を怪我で欠場と失態が続いていたゲーオはトーナメント決勝の相手だった左右田泰臣と対戦。“65kg日本人最強決定戦”ともいわれた久保優太との一戦に勝利し勢いに乗る左右田だったが、ゲーオは左ハイキックを中心とした多彩な蹴りと左フックで左右田を追い込むと2Rには右からの左フックを打ち抜きダウンを奪う。以降もほぼ一方的に攻め込むゲーに対し、左右田はダウンこそ許さなかったものの、有効打を放つことはできず、ジャッジ3人が30-26の判定でゲーオが勝利。王者としての威厳を取り戻した。