東京カウントダウン! 渋谷駅前で、代々木で、銀座で「あけおめ」/12月31日(日)の東京イベント

『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2017-2018』他カウントダウン情報
渋谷駅前のスクランブル交差点などが歩行者に開放されるカウントダウンイベントを開催
 今日、大晦日12月31日は東京の各地でカウントダウンイベントが行われる。渋谷駅周辺では『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2017-2018』と題し、渋谷駅前のスクランブル交差点や道玄坂、文化村通りなどを交通規制して、ストリートを歩行者に開放。日本コカ・コーラのサポートにより、SHIBUYA109のイベントステージでのカウントダウンコールや、オリジナルハットやサイリウムブレスレット、「コカ・コーラ」製品の無料配布が実施される予定。これは盛り上がること間違いなし。
『青の洞窟』ではストリートパーティー
 代々木公園ケヤキ並木で期間限定で開催中のイルミネーション『青の洞窟』でもカウントダウンイベントを開催。12月25日の時点で210万人が来場している大人気スポットとなった『青の洞窟』。好評に応え、大晦日のオールナイト点灯を実施する。さらに、年越しのカウントダウンを盛り上げるため、日本一早いストリートパーティー『青の洞窟 SHIBUYA NEW YEAR PARTY』を開催。幻想的な青の空間で特別な瞬間を迎えてみては。
『空飛ぶ金魚at代々木体育館』は21~25時までの数時間を予定!
 国立代々木競技場第一体育館では『空飛ぶ金魚at代々木体育館』と題したデジタルアートを31日の21時から一般公開。
 デジタルアーティスト長谷川章氏の総合演出により、日本の伝統文化の象徴であり、平和の象徴でもある「金魚」をプロジェクションマッピングで投影。代々木第一体育館を舞台にデジタルアートとして日本の美意識を体感できる。一般公開は25時までなのでお見逃しなく!
和光の時計塔が鳴らす鐘の音で新年を迎えよう
 銀座交差点前では和光本館の“新年の鐘”を今年も実施。1983年のスタートから今年で36回目となる。新年を迎える45秒前、和光の時計塔のウエストミンスター式チャイムがスタート。チャイムが鳴り終わると、その余韻の後に12打の午前0時の鐘が続く。その第1打が鳴り響く瞬間が、まさに新年、2018年の幕開けとなる。 鐘とともに和光の時計塔と建物全体もライトアップ(24時20分まで)。交差点に面した 交差点に面した和光のショーウインドウのシャッターが開き、新しい年の幕開けを祝う。
『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2017-2018』
【場所】渋谷駅周辺
【交通規制】渋谷駅前のスクランブル交差点や道玄坂、文化村通り、井の頭通り、公園通り、周辺小道など。渋谷駅周辺が歩行者用道路になる。
【車両通行禁止規制時間】12月31日(日)21時~1月1日(月・祝)2時予定
【歩行者への道路開放時間】12月31日(日)22時30分~1月1日(月・祝) 1時(予定)

『青の洞窟 SHIBUYA NEW YEAR PARTY』
【点灯時間】2017年12月31日(日)17時~2018年1月1日(月)5時
※音楽演出は24~26時まで(MC兼音楽演出:アフロマンス)
※通常時の点灯時間は17時から22時
【実施エリア】渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約800m
【URL】http://shibuya-aonodokutsu.jp

『空飛ぶ金魚at代々木体育館』
【日時】2017年12月31日(日)21~25時(予定)
【場所】国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区神南2-1-1)

「新年の鐘」と和光本館のライトアップ
【時間】12月31日(日)24時前後 ライトアップは24~24時20分を予定
【場所】銀座・和光 本館