平昌五輪はみんなで観戦!  期間中はライブサイトに集合【東京2020ライブサイト in 2018】

 平昌オリンピック・パラリンピックの期間中、全国各地でさまざまな応援イベントが行われている。なかでも「東京2020ライブサイト in 2018」は東京を軸に、全国規模で展開されているイベント。大画面で競技の生中継を見ながら、選手たちを応援しよう!


 スケート、スキー、スノーボードに、ホッケー。極寒の韓国・平昌ではいま、熱い戦いが繰り広げられている。寒さと熱さの入り混じった大会。大会を巡るさまざまな問題で盛り上がりに欠けた感は否めないが、始まってみればやはり注目せざるを得ない大会になっている。

 大会の楽しさを最大限にするイベントも話題を集めている。大会期間中、都内を中心に全国各地を巡回する形で展開される「東京2020ライブサイト in 2018」だ。都内では、都立井の頭恩賜公園(10〜12日まで)と都立シンボルプロムナード公園(22〜24日)、そして都立日比谷公園・東京ミッドタウン日比谷(3月17、18日)で開催される。

 会場では、大会の注目競技を大型ビジョンを使って生中継する(録画もあり)。フィギュア、アルペンスキー、フリースタイルスキー、スピードスケート、スノーボードなど注目の競技が目白押しで、新しい記録が生まれる瞬間や歴史が変わる時に、たくさんの人と一緒に立ち会えるかもしれない。

 そのほかにも、オリンピアン・パラリンピアンを含むアスリートたちによるトークショーが行われるほか、野球、ソフトボール、自転車競技(BMX)、パラリンピック自転車競技、5人制サッカー、車いすバスケットボールといった東京2020大会競技を体験できたり、大学や地域の学校と連携したイベント、Crystal Kay(12日)など、アーティストによるライブも行われる。日本代表の応援にぴったりなオフィシャルグッズの販売、サイトでしか味わえないフードの販売もある。生中継やイベントの時間は決まっているものの、開催日は毎日10〜17時までと長時間にわたって展開されるので参加しやすそうだ。また、入場無料なのも気軽だ。

 選手たちは、これまで積み重ねてきた技術や経験、そして圧倒的な集中力で、表彰台のより高い場所を目指して、戦っている。真剣なまなざし、出た結果に対して一喜一憂する姿は、国や言葉、文化を飛び越えて、あらゆる人の心を動かす。オリンピックは9~25日まで、パラリンピックは3月9日に開幕し18日まで続く。今大会でも記録はもちろん、記憶に残る数々の名シーン、名ドラマが生まれるのは間違いない。
※最新のスケジュールは公式サイト https://tokyo2020.org/jp/special/pyeongchang-to-tokyo/livesites/ で確認できる