浅倉カンナvs RENA正式決定。RENAは7月にMMA2連戦【7・29 RIZIN】

対戦が決まった浅倉カンナ(左)とRENA
浅倉カンナ「RENAさんにはタップしてもらおうと思う」

 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが5月29日、都内で「RIZIN.11」(7月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の対戦カード発表会見を行った。

 昨年、大晦日に行われた「RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント」の決勝で対戦した浅倉カンナとRENAの再戦が実現する。

 この2人の対戦は5月のRIZIN福岡大会で勝利後の浅倉にRENAがダイレクトリマッチをアピール。浅倉はRENAが大晦日後に総合格闘技(MMA)の試合を行っていないことからやんわりと拒否するという経緯があった。

 この日はシュートボクシング(SB)の「Girls S- cup 48kg世界トーナメント2018」(7月6日、東京・東京ドームシティホール)との合同会見だったのだが、RENAは同大会のセミファイナルでMMAの試合を行うことが合わせて発表された。これによりRENAは7月にMMAの試合を2試合行うことになる。

 RENAは「いろいろな声があるとは思うが、やはり熱は冷めては意味がないと思う。リング上であんな大失恋をしたことはないんですが、受けていただいたカンナ選手には感謝しています。前回、年末のトーナメントの決勝ではリング上で切り替えがなかなかできなくて、私の中で“カンナ選手”ではなくて“カンナちゃん”だった。今考えるとそこが全然ダメだったと思う。5月にリングに上がった時から倒すべき相手として気持ちは切り替えているので、7月は2連戦で大変なことになるとは思うが、しっかり勝って、中心の座を取り戻したい」と宣戦布告。

 浅倉は「RIZINで女子格闘技を盛り上げてきたのはRENAさん。トーナメントが開催できたのもRENAさんの活躍のお陰だと思う。1回勝ったからといって自分がRENAさんを越えたとは思っていない。でもMMAファイターとして、チャンピオンとして、次の試合はもっと実力を見せて、RENAさんにはタップしてもらおうと思っています。RENAさんは7月に2戦で大変だとは思うが、お互いにベストコンディションで面白い試合ができれば」と話した。
ママさん対決となった山本美憂(左)と石岡沙織
石岡沙織vs山本美憂がママさん対決

 また同じ49.0kgで石岡沙織vs山本美憂の対戦も発表された。

 山本は昨年行われた「女子スーパーアトム級トーナメント」の1回戦でアイリーン・リベラに敗れて以来、約9カ月ぶりの参戦。石岡は昨年8月に行われた同トーナメントの出場権をかけた浅倉との対戦で敗れて以来の復帰戦。

 層が厚くなった女子スーパーアトム級戦線に割って入るべく戦いである半面、壮絶なサバイバルマッチの側面もあるシビアなマッチメイクとなった。

 山本は「昨年10月に負けて、しばらく間が空いたが、今はいい環境で毎日強くなることだけを考えて頑張っている。7月の試合、楽しみにしていてください」、石岡は「ママファイター同士の対戦ということで大変うれしく思っている。私たちにしかできない試合をして、世のママさんたちに勇気を与えられるような試合をしたい」とそれぞれ話した。

 石岡はかつてRENAにSBルールで敗れ、その後再戦を熱望、浅倉にはトーナメント出場決定戦で敗北とさまざまな因縁を持つ。ここでの勝利は先へつながるものとなるが「この一戦はすごく大きな一戦だが、その先はどこにどうつながっているかは分からない。でも可能性をたくさん秘めている試合だと思うので、この一戦にしっかり集中したい」と話した。
RIZINとシュートボクシングの合同記者会見とあって、SBの「Girls S- cup」出場のMIO(右端)も会見に姿を見せた
ミルコがケガで7月大会を欠場。大晦日の復帰目指す

 またこの日は男子の93.0kgでイリー・プロハースカvsブルーノ・カッペローザの一戦も発表された。

 当初、プロハースカはミルコ・クロコップとの対戦が予定されていたのだが、ミルコが5月18日に左足の前十字靭帯を断裂したことから7月大会を欠場となり、カッペローザと対戦することとなった。

 ミルコは8月から練習を再開し、大晦日の復帰を目指すという。
〈この日、発表されたカード〉
◇RIZIN女子MMAルール(49.0kg)5分3R/ヒジあり
浅倉カンナvs RENA

◇RIZIN女子MMAルール(49.0kg)5分3R
石岡沙織vs山本美憂

◇RIZIN NNAルール(93.0kg)1R10分、2R5分/ヒジあり
イリー・プロハースカvsブルーノ・カッペローザ