【インタビュー】小澤雄太が最新主演舞台で壬申の乱「前提、覆したい」

 小澤雄太(劇団EXILE)の最新舞台『暁の帝~壬申の乱編~』が27日、幕開けする。古代最大の内乱とされる「壬申の乱」を描く古代エンターテインメントで、小澤が演じるのは大海人皇子(おおあまのおうじ)。古代ならではの少し混乱した人間関係のなかで内乱を起こすという役どころだ。小澤は「前提を覆す作品にしていきたい」と、意気込んでいる。
撮影・上岸卓史/ヘアメイク・遠藤一明、菊地弥生(ともに、ひつじ)/衣装協力・CALEE INC.
時代がどう作られてきたのかというところを表現したい

――最初にこの舞台の話があったとき、一番最初に感じたことはどんなことでしたか?

まずは光栄だという気持ちです。そして、ちょっと悩みました(笑)。歴史の話って難しかったり堅苦しさもあって、自分がこの役を全うできるのかなって思ったんです。でも、何かの瞬間に初心に返ったんですよ。自分はなぜ悩んでるんだ、何ビビってるんだって。20代のころを振り返ると何も考えずに「やらせていただきます!」って即答できていただろうに、今は……。これって何なのと。ぜひやらせていただきたいと次の日にはお返事しました。

――歴史は好き…でしたか?

……学生の時から全然好きじゃなかったです(笑)。だから、壬申の乱については、お話をいただいてから勉強させていただいています。映像だったり漫画、難しい本(笑)。薦めていただいたものを見たり読んだりしています。万葉集も拝見しました。歴史上の出来事は、いろいろな角度からの見方や解釈があるので、インターネットで違った説に触れてみたりもしています。倭国というのが日本になる瞬間を、時代がどうやって作られてきたのかというところを表現できたらと思います。

――新しい作品や役に臨むとき、まず資料にあたって勉強されると思うのですが、そこで得た知識は、演じるにあたって、どのくらい生かされるものでしょうか。

それは作品だったり役によると思うんですけど、こうした勉強が役に直接つながるというよりも、人物を知るための手助けというかヒントになります。時代が変わっても人は人、人間そのものってそんなに変わってないと思うんですよ。この作品ならば、壬申の乱が起こってしまうような時代に生きている人間に、この時代に生きている自分という人間が、どこまで向き合えるか。そうやって向き合うための勉強だと思っています。

――歴史物や時代物というと、戦国時代であるとか幕末のイメージが強くなりがち。そのなかでこの舞台はさらに前の古代の話ですね。

そういった時代と比べてしまうと……こういってはなんですけど、ピンと来ない時代だって思っている人が多いんじゃないでしょうか。知ってる人は知ってるし、好きな人は好きだしっていう。だけどこれはチャンスだと思っています。向かっていくところ、どこを見せたいかというのをみんなと話しあい、みんなと一緒に走っていきたいと思っています。


30代になって初めての主演。30なりの務め方をしたい

ーーこの舞台では座長。みんなを引っ張っていくという役割もありますね。

自分のことだけを考えているわけにはいかないですよね、責任を問われることもありますし。周りの人は感じていないのかもしれないですけど、自分はそう思ってしまうんです。「主演」という文字は本当に重い。僕自身は出演しているみんなが主演だと思っているんですが、でも「主演」と「出演」があって舞台ができている意味を理解しないと務まらないと思っています。30代になって初めての主演なので、30なりの務め方をしたい。あの人が主演で良かったと思ってもらえるような務め方を心がけていきたいです。年齢的にも……僕が一番上じゃないかな。兄役の(八神)蓮君と頑張ります。兄だし、面倒なところは蓮君に任せようかな(笑)。

ーー30代になったという「変化」を感じますか?

いろいろ考えてしまうようになったというのは感じますね。最初にお話したこのお話をいただいて少し迷ったっていうのもそうなんですけど、シンプルにじゃんけんができなくなりましたね。このじゃんけんしたら、何を出すかで、自分の5年先がきまってしまうかもって、動や勢いよりも頭が先に行ってしまうようになったなとは思います。

ーー演技においても30代になった「変化」はありますか?

芝居する時には決めて出るので影響はないと思っています。ただ、作り上げていく段階ではあるかなあ……素直な芝居ができなくなっているんじゃないかと感じる時はあります。「こうしたら分かってもらえる」というようなやり方を体が覚えていて、それがふっと出てしまった時に大人たちにバレるのがすごく嫌ですね。「抑えのピッチャー入れてきたな」みたいに思われてるんじゃないかなって。20代の時には感じなかったプレッシャーです。だからこそ忠実に、ちゃんと向き合っていかなければいけないと感じる時だと思っています。30代って年齢的には中堅。上の人たちが言うことを理解して、10代20代の人たちの意見も受け入れながら、自分たちがどう変われるかで、この先の歴史が変わっていくんだろうなって思います。それが僕たちが生きていく証だし、それを間違えると下も間違っていくと思うので、しっかりとした一歩を踏み出していきたいです。

ーー稽古も始まって、初日までカウントダウンですね。

前提を覆す作品にしていきたいです。壬申の乱という時代を覆すものがあって、その後もいろんな前提を覆す出来事があって、その延長線上に今の日本がある。そう考えていくと、当たり前だと思っていたことが当たり前じゃないかもしれない、自分だけがこうだと思っていたことだって追求していくことで正解が見つかるかもしれない、そんな作品になればいいなと思います。凝り固まったところをとっていく、そういうメッセージがこの作品にはあると思っています。

(本紙・酒井紫野)
シアターグリーン50周年記念公演『暁の帝~壬申の乱編~』

【日時】6月27日(水)~7月1日(日)開演は27日が19時、28日が19時、29日が14時と19時、30日が13時/18時、7月1日が12時と17時。
【会場】池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
【料金】S席7000円、A席6000円、B席5500円
【公式サイト】『暁の帝~壬申の乱編~』