もし江戸時代に猫カフェがあったら…こんな感じ!?/6月18日(月)の東京イベント

『江戸ねこ茶屋』8月31日まで両国にて期間限定開催中
 浮世絵世界で本物の猫と触れ合うことができる“江戸版”猫カフェ『江戸ねこ茶屋』が両国駅前に期間限定でオープンした。

 両国は江戸にまつわる史跡も多く「猫の恩返し(回向院の猫塚)」など、猫とも縁の深い街。そんな両国に「住民が皆、猫という江戸長屋があり、全国から旅人が訪れる」というコンセプトで、生まれたのがこのユニークな猫カフェだ。
 建物の中は、江戸の街並みをイメージしたデザイン。「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ広場」などのゾーンを設け、それぞれのシーンに合った浮世絵を使って、猫が暮らす不思議な江戸世界を表現。

 そこに猫用の出入り口や通り道、階段などを配置し、まるで江戸世界で生活する猫たちを眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ることができる新感覚の猫カフェとなっている。
 また、ここで暮らす猫たちの多くが保護猫。同カフェの収益金の一部は保護猫問題へ取り組む活動支援金として寄付される。

 本物の猫たちとのふれあいはもちろん、猫が擬人化された浮世絵の数々を通して、江戸時代のユーモアや猫愛を楽しむことができるのもポイント。それぞれ浮世絵にまつわる解説も展示されているので、江戸から続く人と猫との深い関係も感じてみては。
『江戸ねこ茶屋』
【期間】2018年6月15日(金)~8月31日(金)
【時間】11~20時(最終入場19時)
【会場】JR両国駅前「両国駅広小路」
【料金】時間制60分。一般1500円 中高生1200
【URL】https://edonekochaya.com/https://edonekochaya.com/