【インタビュー】EXILEの帰還、新たなスタート

SPECIAL INTERVIEW with AKIRA、NESMITH & 世界
 EXILEがついに動きだした。5月末のEXILE THE SECONDのツアーファイナルのステージでパフォーマンスを披露し、ファンの前で復活を高らかに宣言。この25日には待望のニューアルバム『STAR OF WISH』をリリースし、9月からは全国ドームツアーに出る。AKIRA、NESMITH、そして世界は「今はワクワクしかない」と前のめりだ。
左からNESMITH、世界、AKIRA。撮影・蔦野裕/ヘアメイク・MAKOTO(AKIRA)、大木利保(NESMITH・世界)/大木利保/スタイリング・葛西“JUMBO”克哉
「EXILEって、特別だなあって思いました。集合体のパワーというのかな、盛り上がり方がまた違うんです。客席にいる一人ひとりがEXILEというチームを支えてくれている。そんな感じが客席から伝わってくるんです」

 EXILEは、5月24日、千葉・幕張メッセで行われたEXILE THE SECONDの全国アリーナツアーのファイナルにサプライズ出演し、 約2年半ぶりにステージに復活した。あのステージはスペシャルだったと、AKIRAは言う。

 ボーカルのATSUSHIが留学を発表したのが2016年8月31日のこと。それを機に、ずっと走り続けてきたEXILEは活動をいったん停止した。その他のメンバーはそれぞれ、EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothers、GENERATIONS、FANTASTICSと別のグループでの活動や個人での取り組みに力を入れてきた。

 猛スピードで走り続けてきたグループを止めることは、グループが経験してきた数々の変化のなかでも、とりわけ大きな出来事だった。

AKIRA「EXILEがデビューして、僕が入って、次にNESMITHが入って、さらに人数が増えて……。オリジナルメンバーがパフォーマーを勇退して。EXILEは、時代とタイミングに合わせたアプローチをしてきたと思っていますが、活動を止めるというのはEXILE史上、初めてのことでした。これもまた時代とタイミングってことだと思っていますが、こればかりはオリジナルメンバーも経験してないことですし、僕らだけが感じるプレッシャー。いい経験になったと思っています」

 それぞれが自分自身に磨きをかけて、EXILEに戻ってきた。メンバー全員で膝をつき合わて意見を交換し、これからのEXILEについて考え、新しく届ける作品も仕上がった。EXILEへの想いを語りながら、NESMITHも世界も、そしてAKIRAも「ワクワクします」と、口を揃える。

AKIRA「こうやってお話するのは、グループをやっていくうえで、意外と大事なことだと改めて感じています。もちろんメンバーで集まってEXILEについて話すことはありますよ、会議とか。でもそこで話すのは具体的なことで、それぞれの考えだとか、改まってグループに対しての想いを聞くことって意外にないんです。だからこういう場はチャンス。このタイミングでは特にそうですね」

NESMITH「見ている方向や“For EXILE”という想いは全員が共通して持っているんですけど、みんな分かってることだからと、ちゃんと言葉にしてこなかったことや気持ちを言葉にしていくことで、“分かる分かる”とか“そうそう”って、改めて共有するような感覚です」

AKIRA「それによって、チームワークがより強まる感じもします」

世界「僕は一緒にお話させていただくことで……安堵感があります。この約2年半、自分がやってたことは間違ってなかった、そう思わせてくれます。僕はEXILEとしての場数や経験値が圧倒的に少ないので、経験値をどうあげていったらいいのか分からなかったんですけど、考えながらFANTASTICSとして活動をして、その答え合わせのような……FANTASTICSがなかったら、今のEXILEとしての僕は多分もっともっと未熟だったと思います」

AKIRA「世界たち、新メンバーに“EXILE”という場をなかなか与えられなかったことには、歯がゆさを感じてましたね。僕自身が、EXILEのメンバーと一緒に時間を共有しながら、パフォーマンス力を向上させてきたと感じていますし、絆も強くなったと思っています。変な意味じゃなく、自分たちに自信を持てる瞬間もあって、それをみんなにも味わってほしかった。だけど、その場所がなかった。それに、オリジナルメンバーがいなくなって、EXILEをどう動かしていったらいいのかっていう時期でもありましたし、自分自身もNEW EXILEを起動させていくうえでのアプローチをなかなか見せることができなかった。NESMITHたちTHE SECONDのメンバーがEXILEの軸になっていくためにも新メンバーにいい背中を見せられる場が必要だったと思いますが、なかった。そういうことから、僕自身がTHE SECONDに加入するという決断もあったわけですけど……。この2年半は、EXILEが成長するための時間だったんだと思います。2018年以降という未来を目指して、それぞれがそれぞれの道に行き、戻ってきた。15人全員があの時と比べて、輝きを増してる。今はもうワクワクしかないですよ」

15人のエネルギーや輝きがすごい。
自分たちで言うのもどうかと思うけど、まぶしいぐらい輝いている。


 最新アルバム『STAR OF WISH』には、15人それぞれが積み重ねた2年半が詰まっている。アルバムも、彼ら同様、輝きを感じる作品だ。シングル曲、年明けから毎月1曲ずつ配信でリリースしてきた楽曲、日清「カップヌードル」のCM曲としておなじみの「Heads or Tails」など全14曲を収録している。

 これまでEXILEの音楽面はボーカルのATSUSHIがそのほとんどを担っていたが、今作品はEXILE全員で作っているという印象が強い。

AKIRA「ATSUSHI君以外のメンバーが作る楽曲、今までもそういう曲はありますけど、曲を書けるメンバーが自分たち発信でクリエイティブしていく曲が増えました」

NESMITH「SHOKICHIが制作した曲だったりね」

AKIRA「これまで音楽面はATSUSHI君が引っ張ってくださってましたが、ヒップホップやロック調はSHOKICHI、TAKAHIROだったらこういう曲って、ATSUSHI君が振り分けていました。ATSUSHI君も留学しながらTAKAHIROやSHOKICHIの成長を感じていたんじゃないのかな。ごく自然な感じで、そういった制作スタイルになってました」

NESMITH「自分たちで発信していこうという感じがより強くなった感じがありますね。そういう意味で、聴いてくれる方は今までとは少し違うと感じるんじゃないか、自分でもそう思います」

AKIRA「パフォーマーの部分でもそういうのが進んできていて、世界も新曲の新しい振りを作って持ってきたり」

世界「やりたいんです。前は置いていかれないようにするのに必死でしたけど、一緒に時間を過ごす時間が増える中で、EXILEのメンバーに受け入れられている実感もありますし、意見も言えるようになってきましたし」

AKIRA「僕はパフォーマーなのでステージのことを考えるんですけど、ステージ上でもそういう流れってあるんじゃないかなって思うんです。EXILEは、ボーカルは歌に専念するっていうイメージがあると思うんですけど、ネスがギター弾いてSHOKICHIがドラム叩いて歌うみたいなのが今のEXILEには可能なので、王道のEXILEにプラスして個のカラーがとても生かせる演出の幅が広がっていると思う」

NESMITH「SECONDのツアーでやらせてもらってきたので……いつかEXILEでもできたらいいですよね」

 このアルバムと9月15日に京セラドーム大阪から始まる全国アリーナツアーで、EXILEは完全復活した姿を届ける。EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothers、GENERATIONSらが注目を集め、それぞれ大きく成長し、より圧倒的な存在となったEXILE TRIBEの長として、EXILEの一挙手一投足に注目が集まることは必至だ。

AKIRA「これからEXILEがどういった存在になっていくのか。その答えは、9月から始まる全国ツアーを通して見えくるんじゃないかと思っているんです。一歩ずつ進んでいくのが、今のEXILEにとってベストと考えています。1つずつ積み重ねて、その先に、EXILEの在り方が見えてくると思います」

NESMITH「僕も、新しく、ゼロからEXILEを作っていく感じでいます。これまではオリジナルメンバーが築き上げたものがあって、そこに新しいメンバーが入り、EXILEを増幅させてきたと思うんですけど、それとはちょっと違う感覚。それに対しての期待は凄まじいし、僕ら15人のエネルギーや輝き、自分たちのなかで燃えているものもすごいんです。自分で言うのも何ですけど、まぶしいぐらい輝いています。輝きを増しながら、作り上げていくEXILEはどうなるんだろう。ワクワクしかないです」
世界「僕もです!」

「一人ひとりがスターになって戻ってこよう、オールスターなグループになろう」。活動をストップする前に、ATSUSHIはそう言ったという。EXILEが、輝きを増しながら作り上げていく新しいEXILE。一族の長の本格帰還を盛大に祝いたい。

(本紙・酒井紫野)
New Album『STAR OF WISH』7月25日(水)発売

 前作から約3年ぶりとなるEXILEのオリジナルアルバム。6カ月連続で新曲を配信リリースするという企画「EXILE FRIDAY」で発表された6曲」に加え、日清「カップヌードル」CMソング「Heads or Tails」など全14曲を収録している。【CD+3DVD】7480円、【CD+3Blu-ray】7980円、【CD+DVD】3980円、【CD+Blu-ray】4480円、【CD ONLY】3000円。すべて税込。

EXILE LIVE TOUR 2018-2019 ″STAR OF WISH″は9月15日スタート!

 3年ぶりのドームツアーは、9月15日に京セラドーム大阪からスタート。ツアーは2019年まで続く。アルバムやツアーの詳細や最新情報は、オフィシャルウェブサイト http://exile.jp/http://exile.jp/ で。