ラジオで日本を元気にする番組『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。
 今月のゲストは渡辺喜美さん(みんなの党代表)、工藤公康さん(野球解説者)。
第51回3.22OA 渡辺喜美さん(みんなの党代表)

ナベノミクスの三本の矢

 新しい政党ができては消えていくなか、みんなの党は結党して5年になる。

「やはり覚悟と戦略があるかどうか。これが大きいと思います。細川政権のときに政治改革法案というものが通りまして、その後の20年間に28の政党ができたんですよ。5年以上続いているのはうちと民主党くらいじゃないですか」

 第1次安倍内閣では内閣府特命担当大臣(規制改革)を務めた。4月から消費税も上がりますが、なんとなく行政改革が進んでいないように見えるんですが…。

「我々も心配してます。私の時は独立行政法人に思い切ってメスを入れたんですが、私の時に廃止しようと考えていたものが焼け太りになって大きくなったりしています」

 そんな渡辺さんは新しい三本の矢。ナベノミクスというものを提唱している。

「第1の矢は追加の金融緩和です。消費税が上がるまでは追加の金融緩和をやらないといった話になっていますが、このままでいくと手遅れになってしまいます。そして減税。3本目の矢はやはり本気の岩盤規制の打破ですね。例えば電力自由化。これを本気でやろうと思ったらこれは大変な摩擦になりますよ。消費者が電力会社を選べるようになれば料金は下がりますから。こういったことをやれば日本は格段によくなってきますよ」

 よりよい日本のために渡辺さんのお話はまだまだ続く…。
第52回3.29OA 工藤公康さん(野球解説者)

プロ野球開幕。今年の見どころは!?

 今週はマンスリーゲストの工藤公康さんが登場。日米のキャンプを取材してきた工藤さんがその違いを語る。

「日本は朝10時くらいから始まって終わるのが夕方。結構長いんです。アメリカは選手は日が昇るくらいから集まるんですがお昼には終わっちゃう。なぜ昼に終わっちゃうのかというと、休みがないんです。“昼に終わって楽してると思われているかもしれませんけど毎日なんです。日本みたいに練習してたらとってもじゃないけどシーズンがもたない”とヤンキースの黒田くんがそんな話をしてくれました」

 選手たちを見てると思わず走りたくなったりは?

「走りたくなったりはしますよ。でも選手たちの練習を見ていると、よくこんな厳しいことやっていたんだなって思いますよ」

 プロ野球も開幕。今シーズンの注目は?

「やはりセ・リーグは巨人が一枚上かなって気がします。広島から大竹投手が加入して、もともと強いリリーフ陣も磐石。多少先発が崩れても大丈夫なのは強みです。パ・リーグはソフトバンク。日本で経験のある外国人をとっているというのはいい。実績があるじゃないですか、実績がないアメリカの選手をとってくると、どうなるか分からない部分はありますから」
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/