メルセデス・ベンツの新スペースが東京ミッドタウンに期間限定オープン

 メルセデス・ベンツの新たな情報発信拠点となる『Mercedes me(メルセデス ミー)』が1日、東京ミッドタウンに12月上旬までの期間限定でオープンした。1階はメルセデス・ベンツの車の展示などを行うギャラリーで、2階はラテアート世界大会チャンピオンの澤田洋史氏が監修する、メルセデス・ベンツ コネクションのカフェ・DOWNSTAIRSと、ギャレット ポップコーン ショップスとがコラボした、世界で唯一のカフェ『Garrett cafe meets DOWNSTAIRS』となっている。こちらのカフェでは、〈キャラメルクリスプ アイス〉や〈ギャレットポップトースト〉など、ポップコーンを使った他では味わうことのないカフェメニューが並ぶ。また同フロア内の『メルセデス・ベンツ スタイル』ブランドのファニチャーが置かれたラウンジで、カフェメニューを楽しむことも可能。


 ちなみに現在1Fには6輪駆動のSUV『G 63 AMG 6×6』を展示中。アジアでは日本で初めて受注販売される。販売価格は8000万円。年間生産台数は5台とのこと。