伊勢谷友介 東京が”参考にしたい”と思う地域を作るべき

JAPAN MOVE UP!「日本を元気に」SPECIAL INTERVIEW
「日本を元気に」をスローガンに各界のキーパーソンにお話をうかがってきた「JAPAN MOVE UP!プロジェクト」。今回は俳優以外にもさまざまな社会活動を行っている伊勢谷友介さんに話を聞いた。(聞き手・一木広治)
スタイリスト:葛西信博/リバースプロジェクト ヘアメイク:岡野泰史/Luke 撮影:蔦野裕
 現在代表を務められている「リバース プロジェクト」のビジョンと活動コンセプトを聞かせてください。

「人類が地球に生き残るための株式会社 として発足しました。僕自身はこれを現代アートとしてとらえていて、金銭的なことを理由とした曲がったことは絶対にしません。未来のことをしっかり考えたうえで一歩一歩やっていこうと思っています。アクションの形としては今は衣食住の消費の提案ということを一つの方向性としてやっています。今の社会は将来的に資源面がきつくなる一方で人口は爆発的に増加しています。現代においてクリエイターがすべきことは、物質社会の中でのレギュレーションをちゃんと作って、その中でより面白いものを作るということ。昔は大きいもの、速いもの、強いもの、面白いものを作ると褒められていました。過去のままでは意味がありません。このレギュレーションの中でより良い物を作ることが、僕らがすべき事だと思います。そういった消費の提案を始めています。次に提案したものをなぜ選ばなくちゃいけないのかを知ってもらうために、考える人を増やすことが大事だと思っています。今社会を見直すと、社会の問題をとらえて解決していくファンクションが一番強いのは政治。そこに民間が関わっていくシステムが現状ないので、どうしても問題を他人事にしてしまいます。問題を知らないから解決策も考えない。そんな状況なのでそれをやっている人たち、つまり政治家たちを自分たちとは違う特別な存在にしてしまっています。そういう状況を変え、自分たちが考えて動いて問題解決に参加しようという状態を作ろうとしているのが今の二つ目の流れです。僕らはそれを人類の進化ととらえているんですけど、それが地方創生につながっていくのではないかと思っています」

 JAPAN MOVE UP!という活動では地方のポテンシャルに着目し、地方創生の動きとも連携した活動をしています。伊勢 谷さんは地方創生にはどういったスタンスで臨まれていますか。またそのポテンシャルをどうとらえていますか。

「今も那須塩原、富山の南砺市、富士吉田といった地域で活動をさせていただいています。それぞれ活動のスタンスというか、やっている内容は違うんですが、僕らの場合は“東京を頼らなくても生きていける地域を作ろう”というコンセプトはあります。むしろ、東京が“参考にしたい”地域を作るべきだっていう思いがあります。なので、僕が今やろうとしているのは政治にみんなを関わらせることです」

 昨年“文化遺産の保存修復を通じて、地域文化力の再生へ”を掲げた展覧会「ヤマノカタチモノガタリ」を監修されましたが、そういう活動は、まさに地方創生につながっているように思えます。

「僕の芸大時代の先輩に仏像などの保存修復の技術者がいるんですが、その人か ら見ても日本の寺社にあるどこぞのものとも分からない仏像の中にも、実は価値があるものがあるんですが、それが指定を受けていなかったりして有象無象に扱われてしまっています。そこにもう一度着目していって、その土地の信仰や育んできた文化といったものを再発見してもらうのと同時に、仏像もきれいにしていくということを、皆さんと共有し、多くの人たちに知ってもらって、興味を持っていただくことで地方創生のある種の一つの形にならないかな、と思ってやっていました」

 例えば岡山や山口で地方を盛り上げようという活動をしている人たちと話していると、彼らは情報の流通・発信やコンテンツ作りにおけるアドバイザー的な存在を 欲しています。

「必要ですよね。必要な人材を引っ張ってきてあげるということも含めて」

 あくまでもエリアにいる人たちを手助けしていく。東京がアシストして共同プロデュースしていく。

「いろんな人たちがいろんなやり方を試すべき時代だと思っていて、僕が言ったことも一例でしかないです。僕らは僕らなりのやり方でやっていますが、違うアプローチのほうが良い可能性もありますし、世の中がそっちを拾っていって結果的にそっちのほうがスタンダードになっていく可能性はあると思います。みんなが本当に自分が世の中をよくしたいと思うようなことをどんどんやってみた結果が未来だと思うんで、そういうエネルギーがどんどん生まれてきて、ちゃんとできるっていうことを僕らもサポートさせていただきたいですね」
1 2>>>
池袋の街が不思議な世界に”!? 映画『君は彼方』で初共演【松本穂香・瀬戸利樹 インタビュー】
【インタビュー】森山未來、スパーリングでコーチをダウン!?「役作りで現役ボクサーと同じトレーニングをした理由」
【インタビュー】白濱亜嵐×平祐奈が純愛カップル熱演!映画『10万分の1』
オリンピックに向けスカウトも!? 中条あやみカヌーとの出会いを語る
【インタビュー】岩井秀人が語る再演論 
藤井聡が語る「“ホンマもん”を見極めるために必要なこと」