F1・日本グランプリ【プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

撮影/文章:田村翔 (2018年10月7日 F1日本グランプリ)

世界中を転戦しながらシリーズ争いを行うF1。

そのシーズンの中で10月に毎年行われている日本グランプリ。

F1には他のレースにはない独特の雰囲気があると、撮影に行くといつも思う。

冷静なつもりでも高ぶる気持ち。
今年もこの独特の雰囲気を味わいながら4日間の撮影が終わった。

■カメラマンプロフィル

撮影:田村翔
1990年生まれ。
モータースポーツの撮影を16歳から始め、大学卒業と同時に2013年よりアフロスポーツ所属。
学生時代よりSUPER GT、SUPER Formula、F1を始めとしたモータースポーツを取材。
アフロスポーツ所属後はモータースポーツと国内外のスポーツ競技の撮影を行う。
光と影を生かし、アスリートやレーシングカーの「美」を表現し、報道的かつ芸術性を追及した写真表現を目指している。
日本レース写真家協会(JRPA)会員
https://www.shotamura.com/

アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している

■アフロスポーツHP

Photographer


https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter

紫雷イオ&ゾーイとトキシック・アトラクションの王座戦が次週のNXTで決定【WWE】
イケメン二郎が“イケメンショー”で悩殺ウインクを披露【WWE】
KUSHIDAがストロングと王座戦もダイヤモンド・マインの妨害で無念の王座陥落【WWE】
ベイノアの「勝ったら名前の魔神の部分を下さい」にねぎ魔神は「望むところです。ねぎねぎ」【RISE】
リベンジに燃える白鳥大珠に直樹が「自分が言えばすぐ再戦できるのが当たり前だと思っているのが腹が立つ」【RISE】
大﨑孔稀が体重オーバーで失格。繰り上がりの滉大と準決勝の志朗「呪われたトーナメント」【RISE】