【冬の鍋特集】この冬のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード

 寒くなったら恋しいのが鍋。鍋は温まるだけではなく、野菜もたっぷり摂れてヘルシーなイメージが浸透。そして、スープさえつくれば、具材を入れるだけという手軽さで、冬の定番人気メニューだ。この冬はどんな鍋がトレンドなのか? 今年流行の鍋が食べられるサイトや店を紹介する。

 全国で展開する「赤から」では、トレンドをしっかり押さえた鍋2種の提供を開始。

「トマチー赤から鍋」(1人前1290円)は、トマトとたっぷりチーズの洋風鍋。トマトの酸味でさっぱりとした中にチーズのコクとまろやかさが加わった女性が大好きな鍋。トマトのうま味がつまった〆のチーズリゾットは格別のおいしさだ。女子会やデートにも使えそう。



 もう一つは、シビレ系麻辣鍋「麻辣赤から鍋」(1人前1290円)。基本の赤から鍋にトレンドの花山椒とブレンド唐辛子、台湾ミンチをプラスして、赤から鍋5番スープで仕上げた一品。シビれる辛さがクセになりそう。国産牛ホルモン、豚バラ、油揚げ、豆腐、名古屋コーチン入りつくね、白菜、もやし、白ネギ、ニラとボリューム満点なので、食べ応えあり! 汗をだらだらと流しながら豪快に食らいたい。


チョコレートの祭典『チョコレート・センセーション』【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】
日比谷「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」の魚料理がすごい!
“逸品”から“外道”まで…“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結
1日30食限定!長崎にこだわった特別な「ちゃんぽん」銀座に誕生
蛇口をひねると白桃ジュース!?伊勢丹新宿店の地下食品フロアに登場
橘ケンチ、食でハマった福井の魅力届ける! 日本酒と福井食材のペアリング