編集部が勝手に予想!? 2019年は“コレが来る〜!”かも…【グルメ もう映えません!】

“流行は時代を作る”。平成を振り返る企画を目にし、つくづくそう実感させられた2018年。果たして2019年は、一体何がブレイクするのか、編集部が勝手に大予想! 当たるも八卦当たらぬも八卦の精神でお楽しみ下さい。

基本に戻って味で勝負!映えないけどウマい鍋



 2018年の「鍋」のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”。パンチのある味に、未体験の調味料、そしてインスタ映えを意識した見た目。どれもインパクト大だが、そろそろそんなイケイケな空気に疲れてきたのでは? 

 そこでおススメしたいのが、「高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店」が提供を始めた業界初の「干物鍋」。なんてったって具は干物なので、はっきり言って派手さはない。しかし干すことでうま味と栄養をギュッと凝縮した干物を鍋に入れる事で、なんともまろやかで濃厚な味わい深いスープになるのだ。同店では、取り扱っている15種類の干物をすべて試して、縞ホッケと赤魚が鍋には一番うまい事を発見。野菜、肉類、干物と順番に入れていく事で鍋が味変し、最終的にそれら具材から溶けだしたスープにより絶品鍋が完成! 丁寧に骨を取り除いた干物はふっくらとし、野菜類はスープを吸っておいしさ倍増。焼くだけではない、干物のポテンシャルが新たなブームになる!?
“逸品”から“外道”まで…“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結
役所広司が標高8000mの死闘に挑む、日中合作スペクタクル大作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
玉城ティナが初めてのイルミ点灯式! カウントダウンで満開の桜
アニマル浜口と娘・京子が結婚発表の二宮和也を「ハッピーだ~!」10連発で祝福
DRUM TAO『万華響 -MANGEKYO-』にミス・インターナショナルが絶賛の嵐!
【東京2020】チケット第2次申し込み開始。女子ホッケーの瀬川が「最後までスクロールして!」とアドバイス