編集部が勝手に予想!? 2019年は“コレが来る〜!”かも…【ライフ 賢く生きる】

“流行は時代を作る”。平成を振り返る企画を目にし、つくづくそう実感させられた2018年。果たして2019年は、一体何がブレイクするのか、編集部が勝手に大予想! 当たるも八卦当たらぬも八卦の精神でお楽しみ下さい。

日本人の休暇取りスキルを向上させる
みんなで「ブレジャー」!



 近年、「ブレジャー」という言葉を目にするようになった。主に旅行業界で使われている言葉だが、出張の前後に休暇をつけて楽しむ休み方だ。例えば、ニューヨーク出張に休暇をつけ、もちろん休暇分に掛かる宿泊代や移動費などの費用は自分で負担する。

 休暇分を自己負担するとはいえそういった休み方は許されないという意見が大方だろう。ただ、世界を見まわすと、こうした休暇の取り方をしている国は少なくない。総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」の「世界19カ国有給休暇・国際比較調査2018」(2018年12月発表)によると、日本人で「ブレジャー」経験がない人の割合は79%と約8割。それに対して、インド、シンガポール、香港、メキシコ、イタリア、韓国、ブラジル、オーストラリア、アメリカなどでは約半数の割合が経験済みだ。

 働き者というよりも休み下手な日本人。欧米のように休暇は1カ月、その間は会社からの連絡はシャットアウトするような成熟した休み方はできなくとも、出張に前泊後泊をつける、月曜の出張に前乗りする「ブレジャー」は受け入れやすそうだ。歓迎・奨励する企業も株を上げることは間違いない。みんなで「ブレジャー」しよう!
“逸品”から“外道”まで…“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結
役所広司が標高8000mの死闘に挑む、日中合作スペクタクル大作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
玉城ティナが初めてのイルミ点灯式! カウントダウンで満開の桜
アニマル浜口と娘・京子が結婚発表の二宮和也を「ハッピーだ~!」10連発で祝福
DRUM TAO『万華響 -MANGEKYO-』にミス・インターナショナルが絶賛の嵐!
【東京2020】チケット第2次申し込み開始。女子ホッケーの瀬川が「最後までスクロールして!」とアドバイス