映画「七つの会議」で、日本のサラリーマンに火は点くのか!?【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

 こんにちは、黒田勇樹です。
 
 2月21日からの上演に向け、舞台『リライト!』絶賛稽古中です。

 ツイッターなどではアクション稽古の風景などもアップしていますが、今回は生まれて初めて、しっかりと意識して作った悲劇、それも恋愛悲劇です。

 ぜひぜひ多くの皆さんに見ていただきたいです。割と長めにやりますが、油断しているとチケットがなくなる日も出てきますので、チケットのお求めはお早めに!

 あ、今週は映画批評やります。

下町ロケット」などでお馴染み、池井戸潤さんの小説を原作に映画化された「七つの会議」を観てきました!
面白かった!テーマ、プロット、映像、キャスティング、全てに妥協を感じない超大傑作でした!

企業内でのパワハラ問題を発端に、今や毎年のように大事件が発覚する「データ改ざん」の問題に切り込む本作。特に面白いのが「対立」の構造。
会社内では営業と経理だったり、同部署内でも課や役職、親会社と子会社、元請けと下請け…兄弟や元カノ元カレまで、散りばめられた様々な対立構造が物語の中で、起こる問題ごとにどんどん敵と味方が変化していきます。香川照之さん演じる営業部長が「鬼」と呼ばれるシーンから始まるのですが、後になって鬼より怖い人がどんどん出てくる!この構成も実に上手い!
いちサラリーマンから見た「鬼」の上には一体何者が蠢いているのか、丁寧に順を追って視界を広く俯瞰へと連れて行ってくれます。
さて、一番上には何が出てくるかは映画を観て頂くとして…

この映画の中でもうひとつ面白い「対立」の構造がキャスティングにおける俳優陣の本職のバラエティっぷり。
主役は狂言師の野村萬斎さん。まずはその野村さんと歌舞伎俳優である片岡愛之助さんとの対立から物語が始まります。
最初は「お、狂言VS歌舞伎だ!」と穿った見方に興じていたのですが、よく見てみると他のキャストも、ポップスター、ロックスター、ミュージカル俳優、映画俳優、噺家、舞台俳優、お笑い芸人、プロボクサーと「意図がある」と感じざるを得ない多様さ。
この「意図」の真意を汲み取るとそこに「世界に対して芸能のあるべき一面」が見えてきました。

36年芸能界にいる中で、ずっと答えの出ない命題のひとつに「ジョンレノンがイマジンを歌ったのに、どうして戦争は無くならないのか?」つまり、芸能とは社会に対して全くの無力なのかというのがあるのですが、今作のような「社会問題」を扱った作品に対しても、

「さて、この改ざん問題を見て“自分も正義に目覚めるサラリーマン”と“内部告発、怖い!うちはバレない様に気をつけようと思うサラリーマン”どっちが多いのか」

この映画が社会に一石を投じることが出来るのか!?という視点で見ちゃうんですね。
ラストシーン、これに対してひとつの答えを野村萬斎さんが投げかける場面があるのですが…

「王様に文句を言えるのはピエロだけ」

家来や市民、敵方では切って捨てられてしまうところを、道化がお道化て、王様を皮肉ったり茶化したりして批判することって昔からひとつ「芸能が社会と共存していた」理由だったと思うのですね。

だから、主役が狂言師だったのか!

最後の長台詞、作品の強烈なメッセージ、現代社会への皮肉、茶化しを日本古来の道化である狂言師のトップが朗々と訴えかける!これがこのキャスティングの、作品の「真意」!

是非是非、多くのサラリーマン、日本人、世界中の人たちがこの映画を観て、未来がどんな風に変わるのかと、期待で胸が膨らみました。
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>

黒田初の悲劇!「リライト!」チケット発売中! 

http://ticket.corich.jp/apply/97341/023

劇場版さよなら、ミオちゃん見逃し上映決定!
http://moosiclab.com/?p=913

 


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


話題沸騰中の「愛がなんだ」は、恋愛映画なんて簡単に呼べる代物じゃなかった!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
久しぶりに“映画”を観た!傑作「岬の兄妹」に見る“映画の定義”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
血飛沫無し!?「多十郎殉愛記」に見る「現代の時代劇」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性35歳「働く事が怖くてバイトをしても精神的に持たず、すぐ辞めてしまいます」【黒田勇樹のHP人生相談 108人目】
ノーカット上映された「麻雀放浪記2020」は「ここが勿体ない!」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性19歳「初対面でやばいやつにひっかからない方法をおしえてください。。」【黒田勇樹のHP人生相談 106人目の3】