【FRONT LINE in 韓国】オフィスコーデもお任せのファッションブランド「DIGUE」

 世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 第1弾は韓国。 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします!

 今回は、ファッションブランド「DIGUE(ディグ)」にインタビューをしてきました。 



――ブランドのコンセプトとスタートのきっかけを教えてください。

「DIGUE」は2003年に始まりました。きっかけは、答えるのが少し恥ずかしいのですが……(笑)、社長である一番上の姉が洋服好きなんです。それで自然と私も好きになり、一緒にブランドの経営をはじめるようになりました。現在は、もう一人の姉も加わって、三姉妹で経営しています。ブランドのコンセプトは30代女性のオフィスルックです。普段働くときの洋服やプライベートでの洋服を中心に販売をしています。

――三姉妹でどのように運営されているのですか?

社長は衣装のデザインとコーディネートを担当し、次の姉は室長ですが、実店舗の運営とマーケティングを担当しています。一番下の私は主に撮影やスケジュール管理をしています。
1 2 3 4 5>>>
【FRONT LINE in 韓国】モデルsulimさんに聞く、美の秘訣と韓国のオススメ
【FRONT LINE in 韓国】SCULPTOR人気の秘密は繊細なデザインと幅広い視野にあった
【FRONT LINE in 韓国】インフルエンサーのPark Gyuriさんのこだわりとは?
【FRONT LINE in 韓国】CHERIさんがファッションコーディネーターの仕事に目覚めたワケ
【FRONT LINE in 韓国】お肌をキュア!気になるバイオコスメ「CELLCURE」
【FRONT LINE in 韓国】ファッションサイト「STORYNINE」の哲学