假屋崎省吾、7メートルの大作を披露「新天皇の“お印”であるアズサを使いお祝いの気持ちを」



 深夜3時から約3時間で、この大作を制作したという假屋崎。「天皇陛下、皇后陛下にお目にかかりお話などもさせていただいたこともあり、国民の1人としての感謝の気持ちと、新天皇御即位のお祝いの気持ちを込め、紅白の色と輝くイメージを意識しました」と語った。さらに「新天皇の“お印(しるし)”は梓(アズサ)。キササゲとも言いますが、少し芽吹いたものをここに使っております」と解説し「ちなみに、雅子さまはハマナス、天皇陛下はキリ、皇后陛下はシラカバがお印です。元号が変わるときの話題に、こういうミニ知識を持っていらっしゃると、お株が上がりますよ」と、華道家ならではのトークで会場を楽しませた。
歴史ある高架下に新グルメスポット「日比谷グルメゾン」がオープン!
井上小百合「100%朗読劇にむかない作品で悩んだ」進化形朗読劇『銀ちゃんが逝く』
NXT北米王者リーがNXT王者コールを破って史上初の2冠を達成【WWE NXT】
王者・紫雷イオが挑戦者のティーガンに「やれるもんならやってみろ」【WWE NXT】
小宮山雄飛が夢眠ねむ迎え無料配信番組『CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME』前夜祭
東京都、連日で過去最多の感染者。「夜の街」対策急ぐ