假屋崎省吾、7メートルの大作を披露「新天皇の“お印”であるアズサを使いお祝いの気持ちを」



 さらにイベントでは、甲ちゅう姿で登場した青柳が金色の「令和」の文字を書き上げるパフォーマンスを披露。「先人たちが築いてくれたものを引き継いで、次は私たちが良い時代を作りたいです」と抱負を語る青柳に、假屋崎は「実は以前に海外の日本文化イベントでご一緒させていただいたことがあるんです。こうして若い方が海外に日本文化を発信してくれるのはうれしいことですね」とほほ笑んだ。

「令和 はじまる まるのうち−MARUNOUCHI GW Festival 2019-」は5月6日まで丸の内エリアにて開催。期間中は、日本の伝統文化を継承するアーティストらによるステージイベントや、アート作品の展示、新元号を祝う振る舞い酒、無料クラシックコンサート「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 丸の内エリアコンサート」などが行われる。
中国の「一国二制度」形骸化
歴史ある高架下に新グルメスポット「日比谷グルメゾン」がオープン!
井上小百合「100%朗読劇にむかない作品で悩んだ」進化形朗読劇『銀ちゃんが逝く』
NXT北米王者リーがNXT王者コールを破って史上初の2冠を達成【WWE NXT】
王者・紫雷イオが挑戦者のティーガンに「やれるもんならやってみろ」【WWE NXT】
小宮山雄飛が夢眠ねむ迎え無料配信番組『CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME』前夜祭