届け!全てのB級好きに!最高のB級映画爆誕!‎「シグナル100」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

こんにちは、黒田勇樹です。
突然、冬っぽくなったり暖かくなったりと気候の変動が激しいなか、いかがお過ごしでしょうか。
僕は昨今の無理がたたって、軽くダウン。「やっぱり休みは必要」と思いながらも、ついつい仕事をしてしまう毎日です。
そんななか、3月のプロデュース公演とその出演者のオーディションを行うことになりました。今日にのある方はぜひ。
今週は鑑賞記です。先週の相談の続きは来週やりますので、少々お待ち下さい。
では始めましょう。
黒田勇樹
橋本環奈ちゃん主演のホラー映画「シグナル100」を観てきました。
最っ高-に、素晴らしいB級ホラーだったので、全国のB級ファンの皆様が、見逃すことの無いように、ここで声を大にして言わせて頂きます!最っ高―っっっだったよ!

去年僕が見た中でいい線いってたのは「がっこうぐらし」と「アナと世界の終わり」だったんですが、この映画はその2作を足したところで、余りあるほどのB級!
しかも上記2作はゾンビが出てきますが、この「シグナル~」は、ゾンビも出さずに圧倒的なB級らしさ!ゾンビもサメもピラニアもエイリアンも出てこないのにB級なんですよ!?
ハシカン使っといて、このクオリティ感!いや、ハシカン主演だからこそ映えるこのBクオリティ!!

落ち着け、俺!

…さて、まずこの「B級」という括りについてハッキリさせなければいけませんが、皆様小さい頃「ビー玉」で遊んだことはありますか?あのビー玉のBは「ラムネの瓶に入らなかった規格外のガラス玉」っつー意味なんですね。
ラムネの瓶に入れてちゃんと飲めるのが規格内の大きさであるA玉。入らないのが規格がいであるB玉としてオモチャで売られていた、と。

はたまたカセットやレコード、CDの時代では「B面」なんて言葉もありましたね。売れセンの曲がA面、それと抱き合わせでちょっとコミカルだったり制作者の趣味が前面に出ている「B面」、あえて売れセンを両面に入れるときは「両A面シングル」なんて言葉も使われてましたよね?

ではこの「上等でも、下等でもない」「単純に2番目」、「準」とか「亜」みたいな意味で使われている「B」、映画の前に着くとどういう意味があるんでしょうか?
予算の問題でしょうか?上演時間の問題でしょうか?キャスト?スタッフ?エログロの有り無し?

僕は、思います。それは「セリフの頭の悪さ」だと。

この作品は教師に「100個あるシグナルのどれかを実行すると自殺してしまう」という催眠をかけられた生徒たちのサバイバルなんですが、その「全員自殺が上手くいく理由」について、教師が説明するセリフ

「催眠にかかると筋力が倍増する」

なんの根拠も!なんの説得力もない!

“ああ、これはB級映画なんだ”と、確信した僕は、血しぶき飛び散る映画に女子高生たちが悲鳴を上げる映画館の中で、1人(周りに悪いので声を押さえながら)爆笑し続けました。

1クラス36人、何人生き残るかは内緒ですが、全員の死に方が工夫されていて面白かったのも高得点です。
オチも、意味不明でこれもまた最高にB級としての〆を盛り上げます。
ハシカンファンも「セーラー服と機関銃」より「銀魂」より、ハシカンが生々しくて良いから、是非観て!!
雑味なし!超A級のB級映画!B級映画界の超新星!「シグナル100」オススメです!!
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>

激オモ朗読劇のチケット発売中です!
https://ticket.corich.jp/apply/105640/004/


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


ピンチはチャンス!映画館で観るジブリの名作「風の谷のナウシカ」!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
新感覚ゾンビ映画「デッド・ドント・ダイ」にみる“ジャンルの限界”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性20歳「どっちの男性を選ぶべきか迷っています」【黒田勇樹のHP人生相談 120人目】
今この時期に「白い暴動」が公開されているという奇跡に考えさせられる“文化”の役割【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
「ハッパGOGO~大統領極秘指令」を観て思う、こんな時代だからこそ必要なユーモア!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
「十二人の優しい日本人を読む会」を観て思う、配信という新しい演劇スタイル【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】