チアリーダー姿のマネキンがソーシャルディスタンスを守る居酒屋

日本の常識はどこまで変わる? コロナが生んだニューノーマル



チアリーダーマネキンが正面にいることで客同士は自然と横並びに
 緊急事態宣言解除後、多くの飲食店が感染対策を行いながら営業を再開しているが、中にはマネキンを使ったユニークな方法でソーシャルディスタンスを保つ居酒屋も。

 チアリーダー姿のスタッフがサーブをしてくれるコンセプト居酒屋「チアーズワン」(銀座、池袋)では「コロナに負けるな! 日本応援プラン」を開始。チアリーダー姿のマネキンを客の正面に座らせ客同士が向き合うことのないようにする他、テーブル間の距離を保つマネキンも配置し、店内のソーシャルディスタンスを保つ。他にも、用意されているフェイスシールドやゴーグル、手袋の着用を求めるなどの感染対策を行い、営業を行う。“応援”をコンセプトとする同店ならではの演出も楽しめる感染対策となっている。
1 2>>>
小池知事が臨時会見。11月28日から営業時間の短縮を要請
東京都、警戒レベルを最も高い水準に引き上げ
観客上限緩和へ実証実験
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ