チアリーダー姿のマネキンがソーシャルディスタンスを守る居酒屋

日本の常識はどこまで変わる? コロナが生んだニューノーマル



チアリーダーマネキンが正面にいることで客同士は自然と横並びに
 緊急事態宣言解除後、多くの飲食店が感染対策を行いながら営業を再開しているが、中にはマネキンを使ったユニークな方法でソーシャルディスタンスを保つ居酒屋も。

 チアリーダー姿のスタッフがサーブをしてくれるコンセプト居酒屋「チアーズワン」(銀座、池袋)では「コロナに負けるな! 日本応援プラン」を開始。チアリーダー姿のマネキンを客の正面に座らせ客同士が向き合うことのないようにする他、テーブル間の距離を保つマネキンも配置し、店内のソーシャルディスタンスを保つ。他にも、用意されているフェイスシールドやゴーグル、手袋の着用を求めるなどの感染対策を行い、営業を行う。“応援”をコンセプトとする同店ならではの演出も楽しめる感染対策となっている。
1 2>>>
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ
GoTo開始から1ヶ月。小池知事が評価語る
小池知事、虹色ステッカー掲示店の見回りを強化
株式会社KSR副社長 新羅真二(湘南乃風・若旦那)氏「日本人のマイノリティーの叫びを拾い、自分のワンマンライブをデジタル化していきたい」
株式会社KSR代表取締役 三浦剛史氏「我々の役割は若い人たちが活動する環境づくり」
Let’s Social distance!身の回りのソーシャルディスタンスサイン