チアリーダー姿のマネキンがソーシャルディスタンスを守る居酒屋

日本の常識はどこまで変わる? コロナが生んだニューノーマル



チアリーダーマネキンが正面にいることで客同士は自然と横並びに
 緊急事態宣言解除後、多くの飲食店が感染対策を行いながら営業を再開しているが、中にはマネキンを使ったユニークな方法でソーシャルディスタンスを保つ居酒屋も。

 チアリーダー姿のスタッフがサーブをしてくれるコンセプト居酒屋「チアーズワン」(銀座、池袋)では「コロナに負けるな! 日本応援プラン」を開始。チアリーダー姿のマネキンを客の正面に座らせ客同士が向き合うことのないようにする他、テーブル間の距離を保つマネキンも配置し、店内のソーシャルディスタンスを保つ。他にも、用意されているフェイスシールドやゴーグル、手袋の着用を求めるなどの感染対策を行い、営業を行う。“応援”をコンセプトとする同店ならではの演出も楽しめる感染対策となっている。
1 2>>>
4月13、14日の大阪での聖火リレーが公道から万博記念公園内に変更
橋本聖子会長が海外からの観客受け入れに「聖火リレーの前には決めたい」。無観客は議題に上がらず
川崎でワクチン接種訓練
緊急通販や単行本、パン販売も…コロナ禍で奮闘する『ビッグイシュー日本版』佐野未来【インタビュー】
東京都、新たに2001人の感染者。秋葉原など歩行者天国中止
小池知事「厳しい状況」。緊急事態宣言から1週間も危機感