チアリーダー姿のマネキンがソーシャルディスタンスを守る居酒屋


 新型コロナウイルスの大きな影響を受けている飲食業界。

 グルメメディアサイト「ヒトサラ」加盟店を対象にしたアンケートでは、98%以上の飲食店が新型コロナウィルス感染防止のための衛生対策を実施しており、75%が秋以降も継続予定とのこと(ヒトサラ/株式会社 USEN Media 調べ 調査期間:5月22~27日  https://hitosara.com )。

 一方、飲食店向け予約管理システム「ebica」が行ったアンケートでは、 新型コロナウイルス感染拡大前と比較して継続的に店舗運営可能な目安として客が何割程度戻ると黒字化のめどが立ちそうかという質問に対し72.3%の飲食店が感染拡大前に比べ「7割」以上の客足が戻らなければ黒字化が難しいと回答。さらに今後7割以上客足が戻ると考えている店はわずか11.1%にとどまるという結果に(ebica/株式会社エビソル調べ 調査期間:2019年12月30日~2020年5月31日 https://www.ebisol.co.jp/news )。

“ウィズコロナ”のもと、独自のアイデアを生かした感染対策は大きなアピールになるかもしれない。
男性チアリーダーマネキンも!?
<<< 1 2
各界をけん引するリーダーに<Beyond コロナ>へのアイデアを聞きます
コロナと共存・共生していく<With コロナ>の具体的な方策をシェアします
東京都、営業時間の短縮と都外への外出自粛要請を解除へ
GoTo開始から1ヶ月。小池知事が評価語る
小池知事、虹色ステッカー掲示店の見回りを強化
株式会社KSR副社長 新羅真二(湘南乃風・若旦那)氏「日本人のマイノリティーの叫びを拾い、自分のワンマンライブをデジタル化していきたい」