自転車競技の拠点が来春誕生

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
ナビゲーター:一木広治/Chigusa

第375回6.6 OA 渡辺俊太郎(自転車競技連盟常務理事・日本写真判定社長)
 自転車競技連盟の常務理事である渡辺俊太郎さん。2021年春に竣工予定の多目的スポーツ施設「千葉ドーム」の工事現場近くからリモート出演されました。世界一トラック競技場が多いという日本ですが、都市部に国際規格のレースができる250mの木製トラック競技場がないことから、自転車競技の強化・普及のために始まったプロジェクト。ドーム建設のほか、最近はマウンテンバイクの普及にも注力し、フィールドの拡大や子供向けのアカデミーの全国展開、世界中の人と自転車レースができるトレーニングアプリ「Zwift(ズイフト)」なども手掛け、自転車競技を盛り上げています。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。

ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
「今だからチャレンジできる事がある」吉田たくみ氏(映像クリエーター)
ラジオJAPAN MOVE UP!が近未来の家「EQ House」から情報をお届け
政治は「見えないガラスの床」中山泰秀氏 (衆議院議員)
a-nation初のオンライン開催のわけ 黒岩克巳氏(エイベックス株式会社)
変わりゆく音楽業界、次への一手は  浅川真次(アーティマージュ社長)
今だから実感する「言葉術」 阿部広太郎(コピーライター)