「川越でジャズ映画」へと導いたヘルシンキの灯り

【こころに残る映画ができるまで】vol.1 一ノ瀬晶監督①


 2016年より、こころに残る映画にこだわって製作活動を続けているunit.TOTLOT。今回、初めてプロデューサー職を任された遠藤佳代子が、2020年11月から撮影がスタートする最新映画『リ、ライト』について、個性あふれる参加者の面々にインタビューを敢行します! 第1回目は、観る人のこころにほんのり灯を灯すような物語世界を描く一ノ瀬晶監督。
一ノ瀬監督

初めての映画製作は、あえて8ミリフィルムで撮った大学時代


「フィルムが好きなんですよ」と笑顔で語る一ノ瀬監督。

「子どもの頃、時代劇や刑事ものをよく観ていたからかもしれませんね、あの絵のタッチが好きです。僕が大学生の頃は、当然ビデオが主流の時代でしたけど、あえて8ミリフィルムを使って映画を撮るサークルに入りました。フィルムって、とにかくお金も時間もかかる代物。3分ちょっとの尺で3000円、現像に最低2週間。バイトで稼いではお金を注ぎ込んでいました」。監督にも夢を追う若者の時代があったんですね!

 その分、「真剣勝負!」だったと、一ノ瀬監督は言います。「撮り直しはできないので、1シーン1シーン確実に、丁寧に!デジタルのように現場確認もできませんから、現像が上がるまでは『あのシーンはどうなってる?』『ピン大丈夫かな?』とヒヤヒヤでした。撮影後の編集も、まさに『切ったり貼ったり』というアナログ作業だったんです」。切ったり貼ったりでは、絶対に失敗できないですよね。不器用な私にはハードルが高そうです(汗)

「そう考えると、今は撮り直しもできますし、コストもずいぶん下がって、映画製作が身近になりましたね。僕はあのフィルムの絵が好きですけど、映画や映画製作に興味を持つ人たちが増えるのは嬉しいですし、デジタルとフィルム、両方にいいところがあると思っています」。

 そう思えるようになったのは、恩師だった宮崎晃監督の言葉もあったそうです。

「フィルムにこだわる僕に、師匠が言いました。『こころに残る映画を撮るために大切なのは『HOW(何を使って撮るか)ではなく、WHAT(何を撮るのか)。映画の中の物語世界が素晴らしいものであれば、どちらでもいい』ってね』。

1 2 3 4>>>