40周年「ルービックキューブ」が隈研吾らアーティストとコラボ!家具や料理、折り紙作品も

 ハンガリー生まれの立体パズル「ルービックキューブ」が1980年に世界展開してから今年で40年。40周年を記念した「ルービックキューブ・アーティストコラボ展」が25日、麻布十番の「ハンガリー文化センター」でスタートした。

 ハンガリー出身の彫刻家で建築家、ルービック・エルノー氏が開発したルービックキューブ。今回、日本国内でルービックキューブを展開するメガハウスと、駐日ハンガリー大使館が協力して各界を代表するアーティストに「ルービックキューブ」をテーマとしたコラボレーション作品を依頼。完成した作品の一部を展示するほか作品にまつわるドキュメンタリー映像を放映、「RUBIK’S CUBE 40 AWARD 2020デザインコンぺ」入賞作品も展示される。開催に先駆けて都内で記者発表会とオープニングパーティーが行われ、コラボレーション作品の展示やアーティストのパフォーマンス、「ルービックキューブ」をイメージしたフィンガーフードやカクテルが振る舞われた。
写真上:隈研吾(建築家)のルービックキューブ型家具「Box To Rubik」/写真下:左から石井幹子(照明デザイナー)、小山進(パティシエ)、十一代大樋長左衛門(陶芸家/芸術家)、隈研吾(建築家)、パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使、高円宮妃久子殿下、鹿山博康(バーテンダー)、大倉正之助(能楽師 太鼓奏者)、入江誠(シェフ)、加藤花鈴(コンテンポラリーダンサー)、セロ(イリュージョニスト)
 開催にあたってパラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使は「ルービックキューブはハンガリー人の発明品。ハンガリーの創造性を代表するものであることを皆さんにお伝えするのが目的でしたが、思いがけず壮大で意義深いプロジェクトとなりました」と挨拶。作品を提供したアーティストの代表として、建築家の隈研吾が「私が建築を学び始めた頃に、ルービックキューブの大ブームが訪れ、キューブを通じて“小さいものが宇宙につながっている”という実感を得ることができた。これは私がデザインを仕事にしていくうえで大きな励みとなり、ルービック氏が建築家で、最初のキューブは木で作られたということにも励まされました」とメッセージを寄せた。

 記者発表会には高円宮妃久子殿下も出席し「ルービックキューブはシンプルがゆえに奥深く、奥深さが普遍性を与えるために芸術的と言える気がいたします。40年を経てハンガリーから世界的になったルービックキューブですが、改めてハンガリー出身であることを皆さんに認識してもらうため、日本の芸術家とのコラボレーション企画が誕生いたしました。コラボレーションこそ外交の基本であり、世界の平和にもつながるものです。一人でも多くの方にハンガリーと日本の関係や、40年前に展開されて世界をつなげたルービックキューブが、ハンガリー出身であることを考える機会になれば幸いです」とお言葉を述べた。
1 2 3>>>
小池都知事「東京の宝島の魅力を感じて」表参道ヒルズで東京島しょ地域の魅力を体感できるイベント開催中  
“飲める” と話題!丸ビル「ザ フロントルーム」のフレンチトーストがオンラインで発売
最新テクノロジーで恐竜に会える!待望の『DinoScience 恐竜科学博』が今夏、東京ミッドタウンで開催決定!
伊勢丹新宿店「スイーツコレクション 2023」 “Life with Chocolate” をテーマに約65ブランド登場
出前坊やが中華街ジャックだじょ〜!?横浜で「出前一丁」だらけの『出前坊やの香港屋台』
大ネオン展 | Cyber Neon City @ Tokyo Tower《第26回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》