日本のこだわりチョコやカカオ豆で作るDIYチョコも!「松屋銀座」のバレンタインフェア

 2021年のバレンタイン商戦がスタートした。中央区の「松屋銀座」では、2月3日から8階イベントスクエアにて「ギンザ バレンタインワールド」を開催、会場オープンに先駆けて現在「松屋オンラインストア」にてバレンタインECを展開中だ。今年は『旅するバレンタイン』をテーマに、日本各地の素材を使ったオリジナルチョコや自宅で楽しむ「DIYチョコ」、一流ホテルやハイブランドのチョコレートが勢揃い。先行して行われたメディア向けお披露目会から、今年のバレンタインの動向を探る。

「松屋銀座」バイヤーの牧野賢太郎さんによると「昨年のバレンタインフェアでは会場にお越しいただき、お客様自身に会場で楽しんでいただくというコンセプトでやっておりました。今回、このコロナ禍においてはおうちで楽しんでいただくことにシフトして、そういった内容のチョコレートをご用意させていただきました」という。

「特長としては今回インターネット販売を強化し、1月4日からバレンタインECを実施しております。昨年までインターネット販売は行なっていなかったのですが、その需要を取り込むためにインターネットでしか買えない商品のご用意のほか、販売の分散化にも力を入れています。

 2つ目のポイントは、日本のショコラティエの方に、日本各地の食材を使ったチョコレートを作っていただきました。それから、『おうちで楽しむバレンタイン』ということでラグジュアリーなチョコレート、ハイブランドや一流ホテルの贅沢なチョコレートを導入しました。3つ目は、おうちでチョコレートを作りましょうという提案で、『DIYチョコ』と題してチョコレートキットを販売させていただきます」
写真上:左から〈アトリエ キュイエール〉山﨑陽子さん、〈Seiste〉瀧島誠士さん、〈OKINAWA CACAO〉川合径さん/写真下:松屋銀座限定〈アトリエ キュイエール〉「九州ショコラ」10個入り3996円(税込)
 イチオシの「日本の魅力再発見」カテゴリーでは、コロナ禍で旅行に行きたくても行けない人のために、日本各地の食材を使ったチョコレートで旅する気分を味わってほしいという気持ちを込めた。

 福岡〈アトリエ キュイエール〉の松屋銀座限定「九州ショコラ」は、一つの箱で九州各県を楽しめるように作っているという。ショコラティエの山﨑陽子さんは「九州のいろいろなところで思いを込めて作ってらっしゃるフルーツやお茶、スパイスを使ってそれぞれのチョコレートにしています。福岡の『あまおう』のジュレとガナッシュを二層仕立てにした赤いハートのチョコレートや、“幻の柑橘”と呼ばれる鹿児島の『辺塚(へつか)だいだい』を使ったチョコレートは松屋銀座限定で作っています。鮮やかな香りと華やかな酸味が特長で、年間50トン程度しか獲れない希少な柑橘です」とアピールした。

 百貨店初登場、1月にブランドを立ち上げたばかりの〈Seiste(セイスト)〉の松屋銀座限定「Wonderful encounter(ワンダフルエンカウンター)」は、国内の食材を使い二層構造となったチョコレート。

 ショコラティエの瀧島誠士さんは「栃木の『とちおとめ』や岩手の『紅の夢』という中まで真っ赤なリンゴ、高知の『土佐分担』、静岡の緑茶のチョコレートやコンフィチュールと、グリーンレモンや柚子、ミント、土佐ベルガモットをギリシャ産のオリーブオイルに漬け込んで香りを抽出したフレーバーをかけ合わせて中に入れています。なるべく動物性の原料を控えているので、口溶けも新感覚のチョコレートです」と複雑な味わいの秘密を明かす。しばらくは店舗を持たず、ポップアップを中心に活動するというこだわりのブランドだ。
1 2 3>>>
ひかり味噌の下味漬け込み用味噌が新登場「チキンレモンのもと」「しょうが焼きのもと」
まるで宝石図鑑!限定ジュエリーや貴重な原石コレクションが楽しめる「ビズー ポップアップストア」
今週末27日&28日はラフォーレ原宿で人気パンイベント!
冬の疲れを癒す、大人ないちご×ショコラのコース。ブランデー入り濃厚ホットショコラも
「緑のレッドブル」数量限定で発売 爽やかなライムフレーバーの刺激
山口乃々華の東京「中目黒では頭と感覚を研ぎ澄ましていた」【東京ストーリー】