アルコールがもたらすものとは?運命と人生が塗り込められた快作映画『アナザーラウンド』【黒田勇樹のハイパーメディア映画鑑賞記】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 本来だったら8月24日から開幕予定だった舞台「ノーサスペンス・ノーホラー」が絶賛上演中のはずだったのですが…。

 本文でもちょっと触れているのですが、公演前の検査で陽性者が出てしまい、全公演中止となってしまいました。

 キャスト、スタッフ、関係者一同、万全の注意を払ってきたつもりなのですが、こういう事態となってしまい、誠に申し訳ないです。

 今回のことを教訓として、今後も精進していきたいと思っております。

 まあ、気分を入れ替えて、今週も始めます。

©2020 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa Sweden AB, Topkapi Films B.V. & Zentropa Netherlands B.V. 

 運命とは皮肉なもので、個人的な話になるんですが、先日、自分が作演出を手掛ける舞台でコロナ陽性者が出てしまい、自宅待機中、映画館に行くわけにもいかないのでオンライン試写を紹介して頂き、公開前のこの映画を鑑賞したのですが、ちょうど…

 ベロベロ!!!

 今頃最高傑作を上演しているはずが、家に閉じ込められたら、そりゃベロベロでしょ!

 そこに放り込まれてきたのが「アルコールが人生に与える影響を観察する」というテーマの映画!

 昔、お医者さんに「お酒とお芝居、どっち辞めたい?」と言われ3年完全に禁酒していたのに、最近の情勢に気持ちが負け、増え始めている筆者には力石とのクロスカウンターぐらい、ダメージ直撃でした。

 第93回アカデミー賞・監督賞・国際長編映画賞の2部門にノミネートされ、見事国際長編映画賞を受賞した本作。

「人間は血中のアルコール濃度が0.05%足りない」という論文を、4人のダンディなおじさん教師たちが試す、という、とんでもないストーリー。

 もちろん、0.05で満足できるはずもなく…僕の持論「1杯目は我慢できても、飲んじゃったら2杯目からは我慢出来ないぜ!」が証明された気がしました。

 なんというか、僕もお酒をやめる時に色々、聞いたり調べたりしたのですが、結局のところ「のんべぇは、飲む理由を探してる」だけなんですよね。

「応援している野球チームが勝っても負けても酒が飲める」というあの有名な歌や、名著「星の王子様」にも「酒を飲んでいることが恥ずかしいから、酒を飲んでごまかしている酔っ払い」が出てきます。

 人類が、大昔から抱えている(一部では第2次世界大戦で、かなりアルコール依存が増えたとも言われていますが、いずれにしても)”アルコールとの付き合い方という問題”。

 そう思ってると、この「検証をしてみよう」って議論が始まった時点で、愚かで笑っちゃったのに、後半は明らかにそれ以上の何かが訪れます。

 デンマークの映画なのですが「デンマーク社会の抱える独特なアルコールの問題」と、「人類が抱える普遍的なアルコールの問題」が、見事に絡み合いまるでロングアイランドアイスティの様な、味わい深さでした。

 最近は「アイアンマンみたい」と僕が呼んでいるパキッとしてテンポのいいカット割が、こういうヒューマンドラマにも持ち込まれがちなんですが、どちらかというと画は地味というか愚直にストーリーを観せていく、飲酒の是非について「絶対にスタンスを決めない」という、監督の意地が伝わってきて「この画面で、アカデミー賞って、とんでもねぇな」と痛快でした。

 もちろん、ストーリーの重厚さと、おっさんたちのビジュアルの良さ!やっぱおっさんて、顔だけで人生を表現できるから、観てて飽きないんですよね。イケオジがいっぱい出てくるのでこれも見所。

 監督の娘が撮影開始4日後に事故で亡くなったとか、その娘さんの学校で撮影していて本物のクラスメートが出演しているとか、撮影中はスタッフキャスト一切の飲酒を禁止してロシア人の動画を見たり、グルグル回ってから酔っているシーンの撮影に挑んだとか、濃厚なバックストーリーも調べてみるとより楽しめるかもしれませんが、そんなこと知らなくても”全部、画面に映っている”と言えるパワーのある傑作でした。

 

【本編予告映像】https://youtu.be/1IBfHFz8S60

 

<人生相談の宛先はこちら

黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23
『アナザーラウンド』 監督:監督:トマス・ヴィンターベア/出演:マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランゼ、マリア・ボネヴィー他/配給:クロックワークス anotherround-movie.com 9月3日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開
オールスター集結!超豪華群像劇『マスカレード・ナイト』の、ココが凄い!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
差別も人種もカッ飛ばせ!実在の人物をモデルに描かれた真っすぐストレート青春映画「かば」を、観てきた!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
役所広司なき続編は成功するのか!?『孤狼の血 LEVEL2』を観てきた!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
初のフル3DCGアニメーション!“新しい”ジブリ映画『アーヤと魔女』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
まさかの王道青春映画!「クレヨンしんちゃん謎メキ!花の天カス学園」【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
映画の神様が撮った“映画の映画”『キネマの神様』は“映画の中の映画”だ!!【黒田勇樹のハイパーメディア映画鑑賞記】