【思い出話】18歳の運転 奮闘記!!《第22回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》

普段は東京タワーのアテンダントとしてゲストを案内する一方で、東京タワーのメインデッキ1Fにある「club333」で躍動感あふれるエネルギッシュなパフォーマンスを披露しているユニット”Glow of Tokyo”。そんな彼らの素顔に迫る新コラム「Glow of Tokyoのコソコソばなし」。東京タワー、そして”Glow of Tokyo”の魅力を本人たちが発信します!

こんにちは!Ranaです。
だんだんと寒くなってきましたが、皆さん、体調崩してないですか?🍂
今回は、コラムのテーマを考えながら公園をお散歩していた時に、ふと心に浮かんだ思い出話をします。
少し長くなりますが、お付き合いください😝
(それに関する写真がないので、内容とは関係のない写真を添えてお届けします笑)

それは、高校時代に自動車免許の取得に苦労した話。🚗💨

芝公園を歩きながら考えてました!素敵な公園です🌲

 

よく免許を持ってるというと驚かれるのですが、茨城県在住だと車は必須なのでちゃんと取得しました。笑
18歳の私はダンスの専門学校の入試を夏くらいに終え、
その後すぐに自動車教習所に通い始めました。

免許を取った人は知っていると思いますが、
自動車教習所では講習を受ける学科教習と実際に車を運転する技能教習があります。✏️➕🚘
私は勉強はあまり好きではないですが、
真面目な気質なので、学科教習はサクサクと進みました。

しかし、問題は技能教習。
正直、車の運転はおそらく得意ではないだろうと不安になる私に、
親は「マリオカートより難しくないから大丈夫だよ」と言ってくれました。
「普段、道路にバナナの皮は落ちてないから」と。🍌
そんな言葉をもらってもマリオカートもさほど上手くはない私は、
不安な気持ちが拭いきれぬまま技能教習に臨みました。

初めての技能教習。
学科教習で習ったように、乗車前の準備をします。
周りが安全な事は一目でわかりますが、
教わった通り、機械的に車の前後の安全を確認し乗車。
続いてバックミラー、そして椅子の調節をしていきます。
が、どんなに頑張って調節をしても前が見えにくい。
ハンドルと、その前の台みたいになってる所が私には少し高いようです。

仕方がないので、教習所卒業まで私は、車のシートには背中を一切つけずに
90度にピンと背筋を伸ばした運転スタイルでした。🦒
そのせいで、そんなに緊張しなくていいよと何度も言われましたが、
緊張の為ではなく、(もちろん、いつも緊張はしてましたが)
こうしないとまともに運転ができないのです。

こちらも芝公園。東京タワーが綺麗に撮れるポイントとしてテレビでも紹介されていました!

 

そんな私がまず、心折られたのは、、、カーブ。
坂道発進や縦列駐車などではなく、曲がるという、
基本の操作であるカーブの技術習得に私はなかなかの時間を要しました。

それは1番最初のコースで、ただの円形の道路をひたすら、ぐるぐると回るコースでした。
最初は、これくらいはまだいけると思っていたのに、やってみると難しく
大きく膨らんでしまったり、内側に入り込んでしまったりなかなか上手く曲がれません。
「ハンドルを切るのが速い、今度は遅い、もっと切って、今度は切りすぎ」
指導を受けながら、何周も何十周も永遠とぐるぐる回ります。

本来のスケジュールでは、次の技術項目、次のコースに進みたい。
運転回数を重ねても、一向に上達しない私のカーブ技術、
教習員のおじさんも“再”のハンコを押すほかありませんでした。

どこもそうかはわかりませんが、
私が入った教習所は、受けられる教習の回数が決まっており
再教習をうける事になると、1回につき、5000円を追加で払うシステムだったので
出来るだけ再教習にはなりたくありませんでした。

その日の教習を終え、お迎えに来てくれた叔母は私に、
「今日はどうだった?ちゃんと合格はもらえた?」と聞きます。
私が、「ダメだった」というと
一瞬、叔母の表情が曇り、「え??」と少し強い口調で聞き返されました。
もう一度、「ダメだった」と言った途端、
私はその日の運転の緊張が解け悔しさと情けなさで涙が込み上げてきました。
その様子を見て叔母は少し驚き、その後、笑って、
「らなは、何かしらで追加教習を受けるとは思っていたけど、まさかこんなに早いとは、
思わなかったよ。大変だったね。アイスでも食べようか。」と言って、
マックのドライブスルーでソフトツイストを買ってくれました。
あの時の、ソフトツイストの甘さは忘れません。

なんとか再・再教習の末にカーブ技術の習得を成し遂げますが、
その段階で私の運転センスのなさは証明され、毎回の教習への不安も大きくなりました。
〝これは恐らく、私の人生に現れる乗り越えるべき壁の中でも3本の指に入る大きな壁だ。″
教習所に通っている時期、私はそう考えていました。

(最後は大画面4Kでタワドリ鑑賞中の写真。ぜひ見にきてね!笑)

 

その後も、実際の道路で木にサイドミラーをぶつけそうになり教習員のおじさんに
「全然前が見えてないんでしょうね!」とキレられ、
「はい!そうです!」と元気に答え、呆れられたり(それは、その通りでした)
高速道路教習で、「100km出してみようか」と言われ、
「無理です!」とハキハキ答え、
1秒たりとも100kmは出さずに最後まで最低速度の80kmで高速道路を走りぬいたりして、
数々の困難を乗り越え、私はなんとか免許を取得しました。

今でも変わらず、あの経験は人生で3本の指に入る大きな壁だったと感じます。
でも、それを乗り越えることができて、本当によかったと心から思います。
あれを乗り越えたのだからと思えば、
きっと、今後も立ちはだかる壁があっても、なんとか立ち向かうことができることでしょう。笑

今は感覚を忘れないように、実家に帰省した時は必ず運転をします。
くれぐれも免許を失い再び自動車教習所に通うことがないよう、免許の更新はちゃんとしようと思う、今日、この頃です。笑

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -♡- – – – — – – —
【Glow of Tokyo 🗼 LIVEパフォーマンス】
〈日程〉11/18 (金)・19:00~19:30・20:00〜20:30
12/2   (金)・19:00~19:30・20:00〜20:30
〈場所〉東京タワー メインデッキ1F  club333
〈料金〉メインデッキ150m 大人 ¥1,200
※展望料金のみでLIVEもご観覧頂けます。
– – -♡- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – –

Rana(らな)
ダンス&MC担当
出身地 / 陸の孤島 茨城
好きな色 / ミントグリーン時々ピンク
好きな食感 / 外はサクッ!中はモチッ!

東京タワーアテンダントユニット”Glow of Tokyo”。メンバー全員が音楽専門学校を卒業し、多国籍で国際色豊かなユニット。1st Digital Single「Tower of Dream」配信中

【公式HP】https://www.tokyotower.co.jp/event/music-talk/glow-of-tokyo/
【Instagram】https://www.instagram.com/glowoftokyo_official/
「日高屋」ハイデイ日高50周年!神田会長「ラーメンの神様に怒られる」創業秘話明かす
松屋銀座「GINZA バレンタインワールド」日本人パティシエや国産素材、イートインが充実!
空港直結!お土産、ビューティ、グルメ…何でもそろう「羽田エアポートガーデン」開業
東京都、30日の新規陽性者は1818人 重症者は32人
小池都知事「東京の宝島の魅力を感じて」表参道ヒルズで東京島しょ地域の魅力を体感できるイベント開催中  
“飲める” と話題!丸ビル「ザ フロントルーム」のフレンチトーストがオンラインで発売