ロン・チューが日本のファンに「残念ながら原口伸選手を倒してしまうことになりますが、応援よろしくお願いします」【RTU】

「ROAD TO UFC シーズン2 決勝戦」(日本時間2月4日、アメリカ・ネバダ州ラスベガス/UFC APEX)のライト級(70.3kg以下)決勝で原口伸(日本/BRAVE)と対戦するロン・チュー(中国)の試合を前にしたコメントが大会を配信するU-NEXTを通じて届いた。「ROAD TO UFC」(RTU)はアジア全域から集結した最も才能あるMMAアスリートがUFCとの契約をかけて競い合うトーナメント戦。同大会の模様は4日13時30分からU-NEXTで見放題ライブ配信される。

原口伸と対戦するロン・チュー(©U-NEXT)

 決勝の対戦相手、原口選手の印象は?
「並の選手、という感じです。過去の試合を見て、レスリングを多用してくるということは分かっていますが、おそらく2Rあたりで、パンチやヒジでフィニッシュできると思っています」
 
 相手がレスラーということを踏まえて、得意のスタンドの打撃で勝負したいと思っていますか。
「もちろんスタンドでは自分が有利ですけど、彼はレスリング、寝技に持ち込みたいというなかで自分はスクランブルでも相手を上回る」
 
 レスリングスキルの高い原口選手の対策でレスラーと組んだりということはしてきましたか?
「確かにレスリングに限ってしまえば彼は優れたレスラーだと言えますけど、これはMMAですので特にレスラーを連れてきて強化するというようなことはないです。自分はテイクダウンディフェンスもしっかりできるところを見せられると思いますし、こちらがスタンドの状態で彼によりプレッシャーをかけられると思っています」
 
 前回の死闘の勝利の決め手になったのは、ロン・チュウ選手の右カーフ、そしてボディーブローでした。
「そうですね、前戦は対戦相手が背が高かったので、カーフキックをより活用することを考えていました。対戦相手が変わるので毎試合プランは変わってはきますが、カーフキックは長年練習しているものではあります」
 
 今回は何がキーになると思っていますか?
「いつもの自分らしい戦いをすれば、勝てると思っています」
 
 今回勝利すること、そしてUFCと改めて契約することにどのような意味を持っていますか?
「必ずこの試合を勝利します。自分がUFCにいたときはまだ若すぎてまだ選手として成熟できていない状態でしたが、今はもうUFCファイターというにふさわしい状態です。より完成度の上がった試合をして、自分の持つべきものを取り戻します」
 
 現在の中国では、UFCファイターになるということは大きな影響力を持つのでしょうか。
「そうですね、MMAはこの数年のあいだに急速に中国で発展している分野なんです。特にROAD TO UFCが始まってアジアの選手たちがより多くUFCの舞台で戦えるようになってきていることでより盛り上がっていると思います」
 
 日本のファイトファンにメッセージをお願いします
「みなさん、残念ながら(日本人選手の)原口伸選手を倒してしまうことになりますが、応援よろしくお願いします」

メインを任された璃久が「バズるKOで締めたい。覚悟を持って藤村さんとバチバチやる」、藤村も「自然にKO決着になる」【Krush】
鈴木博昭とYA-MANの仕切り直しの一番が決定。鈴木は「超RIZIN.3に出たくて流したんじゃないかと思ってる」とこの日も辛辣【超RIZIN.3】
梅野源治がオープンフィンガーグローブ戦で魚井フルスイングと対戦。MMA挑戦も表明【RIZIN.47】
皇治と芦澤竜誠が大乱闘。MMAでの再戦のはずが芦澤はベアナックル戦をアピール【超RIZIN.3】
RIZINとK-1の元王者同士が対戦。斎藤裕「最短で終わらせる」、久保優太「あと2カ月で強くなる」【超RIZIN.3】
46歳の所英男が「負けたら引退」を宣言。「朝倉未来1年チャレンジ」出身のヒロヤと対戦【超RIZIN.3】