「HIGHBALL GARDEN 2013 in TOKYO TOWER」今年もオープン

2013.05.27 Vol.592
 今年もこの季節がやってきた! ビアガーデンがぼちぼちオープンする初夏、東京タワーは去年に続きハイボールが楽しめる屋外ガーデン「HIGHBALL GARDEN 2013 in TOKYO TOWER」を5月31日(金)から期間限定でオープン。さわやかな風に吹かれて、東京タワーの美しいライトアップを真下から眺めながら、キリッと冷えたハイボールを飲む。想像しただけでワクワクするシチュエーションだ。  会場には、おなじみの「角ハイボール」のほか、東京タワーのオレンジ色のライトアップをイメージしたオリジナルハイボール「東京タワーハイボール」など人気ドリンクが勢ぞろい。さらにお得なセットメニューとして、角ハイボールに北海道ザンギ(鶏の唐揚げ)がついた「角ハイボールセット」も登場! ドリンク類ではこだわりのモルト原酒を贅沢に使用し、豊かな味わいと香りが堪能できる「プレミアム角ハイボール」が初お目見えする。  もちろんフードメニューも充実。新メニュー・サーロインの「カットステーキ」をはじめ、マザー牧場名物の「厚切りベーコン」、おつまみの定番「茶豆」、「もつ煮込み」など、手ごろな価格でハイボールにぴったりなメニューが大集合!  仕事終わりにホッとしたい人、友達や家族とワイワイしたい人、観光で訪れた人たちが、1日の締めくくりに東京タワーの下で笑顔になれますように。今年もハイボールで乾杯!!

東京一なが〜い商店街で酔いどれイベント開催!

2013.05.27 Vol.592
東京一長い商店街として知られる『戸越銀座』で17日、バルイベントが開催された。同イベントは、飲食店を中心に地域や商店街を活性化することを目的としており、戸越銀座商店街では今年で4回目の開催となった。

品川区から東京、そして日本を元気に!

2013.05.27 Vol.592
『酔ぅ喰ぅバルIV in 戸越銀座 2013』が行われていた戸越銀座商店街の「焼鳥 えびす」を、品川区議会議員の山内あきら氏が訪問。夢の課外授業など、子どもたちの夢のための活動を一緒に行っている弊紙・一木とリラックスムードで対談開始。「何やってるの?」「頑張って」と気さくに声をかける道行く人と笑顔で話をしながら、品川区の魅力を語る。

ラジオで日本を元気にする番組

2013.05.27 Vol.592
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。今月のゲストは株式会社モブキャスト代表取締役社長の藪考樹さんとミュージシャンの中西圭三さん。 ナビゲーター:一木広治(株式会社ヘッドライン 社長)/石田みさと(MISATO)。

代々木で沖縄の風 OKINAWAまつりに8万人

2013.05.27 Vol.592
20130527f.JPG
  音楽ライブを軸に、沖縄の食や文化などを体感できるイベント、OKINAWAまつり2013が、25、26日に代々木公園野外音楽堂広場で開催された。2日間で約8万人が来場し、沖縄の風を感じた。

 音楽、特産品、グルメ、さらには人情にあふれゆったりとしたライフスタイルなどさまざまな観点から、人気を集める沖縄。それらを反映したイベントには、たくさんの人が訪れた。初日は、沖縄さながらの日光がさんさんと照りつけなかでスタート。お昼時には、沖縄そばやタコライス、オリオンビール、さらにはデザートまで沖縄グルメを提供する屋台前には長蛇の列ができた。

 ステージから聞こえてくる温かい歌声や音楽、さらには屋台から香るおいしいそうな匂いにつられて、通りがかりの人たちも足を止め、沖縄の今を体感していた。

 5月31日から、池袋・サンシャインシティで、沖縄めんそーれフェスタも開催される。こちらでも、沖縄のグルメやアーティストによるライブ、物産展などが行われる予定だ。

ミッドタウンにアウトドアリゾート登場! ギャラリーやワークショップも

2013.05.21 Vol.591
20130521a.jpg
 コールマン ジャパンは25、26日の2日間、六本木の東京ミッドタウンで、都市型体感イベント「アウトドアリゾートを作ろう。in Tokyo Midtown」を開催する。

 カナディアンカヌーに触れながら四万十塾・塾長の木村とーるさんのライフスタイルを知ることができる「春夏秋冬 カヌーがある暮らし」や、快適生活研究家の田中ケンさんが理想に掲げるキャンプスタイルに触れられる「25年で、ボクはここに行き着いた!」など、クリエイターやアウトドア達人のアイデアが詰まったギャラリーが公開されるほか、「ウクレレをひいてみよう!」、アウトドアでも手軽に楽しめる「オリジナルカクテル作り」など、子どもから大人まで参加できるワークショップも複数開催。さらに、ステージではアウトドアリゾートを盛り上げる音楽や映画を楽しめる。

 コールマン ジャパンのポップアップストアも登場する。

 イベントの詳細は特設サイト(http://www.coleman.co.jp/outdoorresort/)で。

業界人も通ってる!? ライブイベントで賢さをちょい足し part 1

2013.05.13 Vol.591
 楽しんで賢くなれるライブが人気だ。ここでのライブとは音楽やお笑いではなく、“トーク”のライブ。時事ネタや思想など硬派な話題から、文化や芸術、さらには文房具やお受験まで、“トーク”を聞いて新しい扉を開いてみませんか。

業界人も通ってる!? ライブイベントで賢さをちょい足し part 2

2013.05.13 Vol.591
 分かりやすく楽しめる、クラシック音楽のコンサート『読響カレッジ』が話題だ。読売日本交響楽団がスタートさせた新しいスタイルのクラシック音楽のコンサートで、レクチャーと演奏を組み合わせたもの。仕事を終えてからでも、気軽にクラシック音楽を楽しめるのが好評だという。  とかく「とっつきにくい」「難しい」と思われがちなクラシック音楽を、事前にちょっとした知識や楽しく聴くためのポイントを頭に入れることで、もっと分かりやすく、もっと聴きやすく、何よりも楽しんでもらえるようにという思いの下で企画され、この4月にスタート。まだ初回を終えたばかりだが、クラシック音楽のビギナーを中心に多くの人が熱い視線を送っている。  年8回、文京区の文京シビックホールで行われる。各回ごとに設定されたテーマに沿って、作曲家とその楽曲を取り上げる。第1回目はベートーヴェンを取り上げた。「ドラマチック・ベートーヴェン」と題して、誰もが知っている『運命』を含め、3作品を聴いた。まず19時30分から音楽評論家の奥田佳道氏によるレクチャー。テキスト(500円)を傍らに、この日取り上げたベートーヴェンについて、そして演奏曲について解説。大枠はもちろんだが、いくつもの楽章があるようなボリュームのある作品については、作品全体の展開の仕方や、楽章ごとの関係性、さらには楽曲を構成している和音といった細部にまで触れ、その楽曲を楽しく聴くためのポイントを示してくれる。情報やヒントがたっぷりのトークで、20分のレクチャータイムもあっという間だ。  20時になると、いよいよ、演奏がスタート。レクチャーの内容を踏まえつつ、読響メンバーによる演奏を聴く。初めて聴く曲はもちろん、これまでに何度も耳にしてきた名曲も、より深く、そして新鮮に感じられ、視界がぱっと広がってくるような感覚を味わえる。 “分かって楽しむ”、分かるからこそもっと楽しい。この感覚が、クラシック音楽への敷居をぐっと下げてくれるうえに、もっと知りたいという好奇心を刺激する。  演奏は20時、レクチャーも19時30分とゆっくりめのスタート。忙しい人でも、どうにか仕事を片付けて間に合いそうな時間だ。遅れた場合にも、レクチャー中は自分のタイミングで会場に入れるので安心だ。また、演奏時間も約1時間と一般的なクラシックコンサートと比べるとコンパクトで、料金もリーズナブル。全8回だが、気になるプログラムだけ受講もできるので、気楽に参加できそうだ。  クラシック音楽に興味がある人はもちろん、クラシック初心者をコンサートに連れて行きたいという場合にもオススメ。クラシックをちょっとだけ分かって聴く。わずかな変化が、いつもの毎日を変えてくれそうだ。あなたも一歩を踏み出してみては?

業界人も通ってる!? ライブイベントで賢さをちょい足し part 3

2013.05.13 Vol.591
 トークライブ文化が浸透し、都内ではさまざまなイベントが開催されている。そのなかでも注目のスポットを紹介する!

15年目を迎える人気の映画祭、開催迫る SSFF & ASIA 2013  先取り CHECK!

2013.05.13 Vol.591
世界各国の優れたショートフィルムを紹介すると同時に新たなクリエイターやコンテンツを発掘し続け、もはやこの時期の東京に欠かせないフェスティバルとなった『ショートショート フィルムフェスティバル& アジア(SSFF & ASIA)』。立ち上げから15年目を迎えた今年の映画祭の注目ポイントに迫る!

連休明けに「活」!

2013.05.13 Vol.591
ゴールデンウイークが明けて休みボケを引きずっていたり、五月病なのかなんとなく気分が乗らなかったり…。そんな日常は「○○活」を意識してみては。“活動”を意識するだけで不思議と気分がリフレッシュするはず!

Copyrighted Image